たとえ、何度でも。 4

「遅ぇよ、司」
「うっせ。これでも空港から直行してんだよっ」

いつもの店に行けば
総二郎とあきら、そして珍しく類の姿まであった。


『たとえ、何度でも』   第4話


ガキん時のようにしょっちゅう顔を合わす事はなくとも
時々総二郎かあきらに声をかけられ集まるこの時間は
目の前の相手と腹の探り合いをしなくていい唯一の時間。

「そういや、総二郎。
 お前今日見合いだとか言ってなかったか?」
あきらにそんな事を言われて総二郎はうんざり顔を返す。

「あぁ。いちいち断るのも
 面倒くせぇっつーのによくやるよ…あきらも先週だっけか?」
「あー…そうそう、やったわ。
 でも今回は向こうから断ってくれるだろうから心配してねぇけど」
そんな事を言ってニヤリと笑うあきらに首をかしげる。

「…なんだよ。
 悪い顔してんぞ。何した?」
「ククッ…。何もしてねーよ
 ただ…相手の母親を知ってるだけ?」
他言するなとばかりに口に人差し指をそっと当てる。

「はぁっ!?あきら、いくら年上っつったって
 そんなババァにまで手ぇ出してたのかよっ」
「違ぇよっ。オレと別れた後に
 前の旦那と離婚して今の旦那と再婚したみてーだな」
面白そうに話す2人にオレはため息をもらす。

「そういや司は見合いで暴れて以来、話来てねぇのか?」
「あぁ…。ババァも後始末するの面倒なんじゃね?」

総二郎がそう言うのは

2年ほど前に一度だけ
騙し討ちみてぇな形で見合いをさせられた事があったが
オレはその場でブチ切れて、もちろん見合いもせずに帰った。

その直後にババァからも
「もっと自覚を持て」だの何だの言ってきたが
「次からも同じ事をする」と断言してやったから
見合いの話はババァが断ってんだろう。

「ねぇ、司」
それまでソファに寝ころんだまま
オレたちの話を聞いていた類が話しかけてくる。

「じゃあ司は、結局今も牧野なわけ?」

「お、おいおい…」
あきらが気まずそうな表情を浮かべる。

そりゃそうだろう。
こいつらなりに気を使ってたのかどうか知らねぇが
オレの前でその名を出さなくなってもう何年だ?

「ハッ…!あんな女、もう何とも思ってねぇよ」
そう言いながらも
久しぶりに聞いた名に感情が揺れる。
こんな感覚も久しぶりだった。

「まぁ…そりゃそうだよな」
「あれから何年経ってるって話だし?」
オレがキレなかった事にホッと息をつきながら
あきらと総二郎は肩を竦める。

…そうだ。
あの頃のオレとは違う。
オレはあいつの事なんて…

そう心の中で呟いたオレに

「ふぅん…?
 じゃあいいよね?俺が牧野口説いちゃっても」
類はニコッと笑って首をかしげる。
「……」
無視するように何も答えなかったオレの代わりに

「…まさか牧野に会ったのか?どこでだ?」
総二郎たちの反応を見る限り、
こいつらもあれ以来あいつには会ってねぇんだろう。

「ん。この間、偶然見かけてさ
 就職でこっち戻ってきたみたい
 …でも俺たちの事は何も覚えてなかったけどね」
「はっ!?覚えてねぇってなんだよ。
 おい類っ。わかるように説明しろっつ―の」
そう促され類が話したのは

あの当時、たまたまテレビに映った漁村の屋台に
あいつの姿を見つけて、時々会いに行っていたとか

それもなくなって類も何年も会ってなかったうちに
頭打って、英徳にいた頃の記憶がねぇって気付いたとか

「あの頃さー…牧野は隠してるつもりみたいだったけど
 俺の顔見る度に司思い出しちゃうのが辛そうだったんだよね。
 だから会いに行くのやめたんだけど…。
 今はそんな心配ないし、司も未練ないならいいよね?
 あー…でも今彼氏いるとか言ってたかな…」
ペラペラと聞いてもねぇ話を続ける類。

…あの雨の夜に
オレを裏切っておきながらその記憶ごとねぇってなんだよ。

今さらお前の事なんて何とも思ってねぇ。
だけどあの頃のオレにとってお前は全てだった。

それなのに
全部なかった事にして自分は彼氏も作って幸せだと?


__許せねぇ。


「あの女…どこまでも人をバカにしやがって。
 あいつにも同じ苦しみを味あわせてやらねぇと気が済まねぇ。
 オレに惚れさせてから今度はこっちからゴミみてぇに捨ててやる」
ギリッと拳を握りしめながらポツリと呟いた言葉に

「お、おいおい…滅多な事言うなよ…」
オレを止めようとした総二郎の言葉に被せるように
「んー…
 あの頃は牧野も司が好きなのかなって思わなくもなかったけど
 記憶もない今の牧野が今さら司に惚れるとは思えないんだけど?」
そんな事を言い出したのは類。

「類~…頼むからちょっと黙ってろ。
 司もいちいち挑発に乗ったりするなよ?
 そんな事して何になるってんだ。バカな真似はよせ」
あきらが頭を抱えながらそう言ったような気もするが

オレはその場で牧野の今を調べろと西田にメールを打っていた。



 
いつも応援ありがとうございます♡
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

さく★★様

くくっ(((*≧艸≦)
最終的にはやっぱりそうなるんでしょうねぇ♡

 

スリー★★★★★様

愛情と憎悪は表裏一体ですからねぇ。
長い間、表と裏をグルグル回ってる間に
司君自身もどうしたいのかわからなくなってるんでしょう。

komaもこの先どっちがいいのかわかってません(・∀・)アハ

でもまぁ、どっちにしてもスリーさんの予想通り
自分に惚れたつくしちゃんを捨てるなんてどうせ出来っこないですから(笑)
強がってもがく司君を応援してあげて下さい(((*≧艸≦)ププッ

No title

類君〜、今回に限っては、ナイスアシスト!
もっと司君を煽って、早くつくしちゃんにアプローチさせて〜(。>﹏<。)
つくしちゃんが無意識に拡げてる網にかかったら、司君なんてイチコロで、ゴミみたいに捨てるどころか、宝物扱いになっちゃうんだから〜(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
健ちゃんは、田中だっていうから、ひと安心(^ム^)
バイバイ田中!

 

JUJU様

まずは2人が接触しない事には
お話が進みませんからね~(^^;)

いつ、無意識の網にかかるか…そこが問題です(--;)
一応、この司君は今のところは
本気で復讐を考えてるダーク司なので
この後アプローチはしますが…
それが愛情と憎悪、どっちによるものかは…
komaにもまだわかってません(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

ゆ★様

ふふっ♪
遡ってたくさん読んで頂きありがとうございます(*^^*)

つくしの記憶喪失って
司の記憶喪失より妄想してるの楽しんですよね♡
まだまだ決まってない事だらけなんですが
最後まで楽しんで頂けますように♪

No title

本当に文章がお上手ですよね…
マイペースで大丈夫なので、読ませててください!!

 

りえ様

いやいやいやっ!
本も読まない人間なので下手っぴですよ(笑)

それでも楽しんで頂けてるなら嬉しいです♪
ありがとうございます♡
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 
おサボり中でも
拍手ボタン
押して下さって
ありがとうです♡
 
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)