GOOD LUCK 21

牧野が作った弁当は
オレにはよくわかんねぇモンばっかだったが

彩り良く詰められていて
料理は得意そうだって事はわかった。


『GOOD LUCK』   第21話


単純に美味いかどうかと聞かれれば
正直よくわかんねぇが…
冷たいはずのおかずが不思議と温っけぇ気がした。

とりあえず人がいねぇ所と考えて屋上に来てみたが
こうやってベンチに並んで座って
同じ弁当広げてんの…意外と悪くねぇな。


「ごっそーさん。美味かった」
そう言って空になった弁当箱を返せば
「いえ。お口に合って良かったです」
と小さくはにかみながら片づけを始めるこいつ。

「それにしてもよ。どうして急に
 弁当なんて作ろうと思ったんだ?」
「…やっぱり迷惑でした?」

「んな事言ってねぇだろ。
 ただ、お前がこんな事する気にさせた奴がいるんだろ?
 誰だ。類か、三条か?……西田、はさすがに違ぇよな?」
別に誰でもいいが
誰の差し金かくらいは知っておかねぇと
またこれをネタに何を仕掛けてくるかわかんねぇからな。

「え?あぁ、三条さんです。
 いつもお土産もらってばかりで悪いし、
 専務だって疲れてるのに…何もお返しできないって話してたら
 ちょうどお昼時だった事もあって
 お弁当作ってみたらどうか…って、アドバイスしてくれたんです」

そう話すこいつからは三条の悪意は感じねぇが…。
あいつ、何考えてやがる?

今までさんざん邪魔ばっかされてきただけに
ただオレのために動いたとはどうも思えねぇ……。

「…専務?」
考えこむオレを覗き込むように牧野が首をかしげる。

「いや。まぁ…礼くらいは言っといてやるかと思ってよ」
「…礼?」

「三条がアドバイスしたから
 お前は弁当を作ってくる気になったんだろ?
 あいつがどんなつもりで言ったにしろ、おかげで弁当食えたからな」
「……」
オレの言葉の何が不思議なのか
パチクリと瞬きを繰り返すこいつ。

「なんだよ?」
「あ、いえ。どっちかというと迷惑だろうと思ってて…
 食べてくれただけであたしは満足だったんで、ちょっと驚いて…」

「あ?お前は迷惑をかけるつもりで作ってきたのか?
 だとしたら、それはどう受け取ればいい?喧嘩売ってんのか?」
そう言ってジト目で睨んでやると

「へっ!?…い、いやいやいやっ…。そんなつもりは…」
慌てて否定してるこいつ。

そんな慌てなくたってわかってるっつーの。
大体お前にオレに喧嘩売る度胸があんのかよ。

「だったらどういうつもりで作ってきたんだ?」
「えっと…だから。お土産のお返し…とか」

「とか?他には何だよ」
「あたしよりも専務の方が疲れてるに決まってるのに…
 ご飯抜いたりするし…えっと…あとは…」

「…慌てるところが怪しいな。
 お前、オレの事苦手だもんな…
 やっぱオレに喧嘩売ろうとしてたんだろ?」
詰め寄るように少し牧野に近づけば

「や…今はそんなには苦手じゃないです……」
「ほぅ?じゃあやっぱ
 前はやっぱ苦手だから逃げてたって事か?」

「うぅ…すみませんでした」
「…ふぅん。まぁいいけどな、別に」
そう言ってわざと拗ねたように
牧野から少し離れてそっぽ向いてみれば

「あ、あの…。えっと…」
案の定困った顔して、オレの機嫌を取ろうとしてるこいつ。

「すげぇ傷ついた」
「うっ…すみません」

「この傷は深ぇな…」
「あのっ…どうすれば許してくれます?」
オレがわざとこうしてるなんて
気付かねぇこいつはあっさりと罠にかかる。

「…許してほしいのか?」
チラリと見ればコクンと頷く。

「何でもするくらいの覚悟はあんだろうな?」
コクコクと頷く。

「…だったら。また弁当作って来い」
そんな言葉にもコクコクと頷いてから
「…へ?」
とポカンと口を開けて固まる。

「美味かったし、疲れも取れたからな。
 たまに弁当作って、こうやって飯付き合え」
「…そんな事でいいんですか?」
きょとんと首をかしげるこいつを見てると
まだ攻めれそうな気がして

「ちょっとそっちに寄れ」
と牧野をベンチの端に座らせると
ゴロンと横になって牧野の膝に頭の乗せた。

「せっ…専務っ…な、な、何を……っ」
真っ赤な顔をして慌てるこいつを無視して

「何でもすんだろ?
 だったら少し寝るから枕になってろ。時間になったら起こせよ」
それだけ言って瞳を閉じた。




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そんな事でいいんですか?…いいんですよ(•ө•)♡てか、至福の膝枕!
司君、幸せな昼休憩になりましたね(≧▽≦)
次のお弁当も、膝枕付なんですかね?
つくしちゃん、何とも思ってない人に、膝枕はしないよ!?
桜子ちゃん、教えてあげてよ〜

 

スリー★★★★★様

もうここまで桜子と類には
散々からかわれてきた司くんなので
疑心暗鬼にもなっちゃいますね~(((*≧艸≦)ププ

司くん、攻めてます。
…と、いうのもおサボり中に読み返してみたら
結構長い間片思いしてんだな…って
(いや、させてるの私なんだけども)
桜子じゃないけど、可哀そうになっちゃって(笑)
イチャつかせてあげました♡

 

JUJU様

つくしちゃんには“そんな事”でも
司君にとっては願ってもない幸せですからね♪

膝枕…次からどうするんでしょうね?
司君と相談してみまーす(笑)

推しに弱くて流されやすいつくしちゃん。
この膝枕をどう思ってるんでしょう?
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる