GOOD LUCK 18

「……専務」
「あ?気に入らね?」
「あ、いえっ!すごく嬉しいです!ありがとうございます」
「おぅ。気にすんな」

そんな会話をするあたしの手の中には
色とりどりのキャンディが入った小さくて可愛いポット。


『GOOD LUCK』   第18話


類と桜子も一緒に食事に行って以来、
専務は会食なんかで外出したりした時は
何故か帰りにお土産を買ってくるようになった。

もちろんお土産なんていらないって言ったんだけど
そうしたら今度はあたしも一緒の外出の時に
デパ地下に連れて行かれて

「好きなの選べ。お前はどんなのが好きなんだ?」
なんて、まるであたしがお土産が気に入らなくて
断ったとでも思ってそうな態度で何軒もお店を回らされた。

そういう事じゃなくて…。
ただでさえ専務が手掛けてるプロジェクトも大詰めで
寝る間も惜しんで仕事してるくらい忙しいはずなのに。

どうして急にお土産?
それも甘いお菓子ばかりだ。

ついには西田さんにまで
「専務のお気持ちですので。
 遠慮せず、ありがたく受け取っておきましょう」
なんて部下のあたしが上司の西田さんにペコリと頭を下げられて
居たたまれない気分になった。

でも…そうか。
専務がいかに気持ちよく働けるか考えるのも秘書の務めだよね。
お土産もらう事が仕事になるなら有り難く頂いておこう。

西田さんの言うとおり、
あたしが素直に喜べば専務は機嫌よさそうなんだよね。

でも…ちょっとしたブームみたいなものなのかと思ったら
毎日とはいかなくても、もう1ヶ月以上、このお土産は続いている。

あたしも残業くらいはしてるけど
土日は休ませてもらってるのに専務は全然休んでなくて…。

あたしとしてはやっぱり
お土産買う時間があるなら早く帰ってきて
仮眠室だってあるんだし少しでも休んでほしいんだけどな…。



「今日はキャンディですか?
 その入れ物も可愛いですね」
昼休みになって
秘書課に戻ったあたしに声をかけてきたのは桜子。

「うん。ほんと何なんだろうね?
 …あ。よかったら桜子も1つ食べる?」
そう言って前に差し出すと

「いえ。ダイエット中ですし、
 専務のお気持ちを無駄にするのも悪いですから」
「お気持ち…?」

「ここまで来ると、いじらしい程の努力ですよ。
 先輩があんな事おっしゃるから
 どうにか先輩の癒しになろうと必死なんですよ」
「え?あたし何か言ったっけ?」
専務があたしを癒したがる理由に
思い当る節がなくて首をかしげる。

「……」
「え?え?何??
 それとも、あたしそんなに疲れて見えるの?
 だから甘い物ばっかり買ってくるの?」
休み返上で働いている専務より疲れた顔をしてたのかと
頬に手を当ててショックを受けるあたしを黙ったまま見ていた桜子。

「……はぁ。
 なんだかさすがに可哀そうになってきましたわ」
と、あたしよりもショックそうに額に手を当てた桜子は
ため息をついて続ける。

「先輩はお土産が迷惑ってわけじゃないですね?」
「え…うん。
 申し訳ないな、とは思うけど…美味しいし」
コクリと頷けば桜子もよろしい、と頷く。

「先輩が心配してるのは
 専務の方こそ疲れてないのかって事ですよね?」
「そうっ!そうなのよ。
 買い物する時間あるなら
 早く帰ってきて仮眠でも取った方が…って」
うんうん、と大きく頷くと桜子はふぅ、と1つ息をついて

「だったら、お土産のお返しをして差し上げたらどうですか?」
なんて事を言い出す。

「お返し?」
「そうです。先輩のことですから
 貰ってばかりなのもどうせ腑に落ちないんですよね?」
「うん…でも。
 あたしが専務に返せる物も思いつかなくてさ。
 甘い物食べないって言ってたし…」

「だったらお弁当でどうですか?」
そう言って桜子が指さしたのは
デスクの上に出したあたしのお弁当箱。

「お弁当?」
「えぇ。専務は食事を抜かれる事も多いですし、
 激務の上にそんな食生活じゃいつ倒れても不思議じゃありません」

「…でもあたしが作るお弁当って庶民の味だよ?
 専務の口に合うはずないよ…むしろ迷惑だと思うけど」
「そんな事ないですよ。
 私は先輩のお弁当好きですし。
 あ。何だったら私の分も作ってくれてもいいですよ?」
そう言ってニッコリと笑う。

「…あんた、専務利用して自分がお弁当欲しいだけじゃない?」
「あら。そこまで意地汚くないですわ。
 あくまでも私は専務のついでで結構ですよ?」
調子よく笑う桜子に小さく息をつく。

でも…作ってみようかな。
いらないって言ったらあたしが2つ食べればいいもんね?





いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとう桜子ちゃん(^o^)
司君になり代わり、お礼言っちゃうわ〜
つくしちゃんのお手製のお弁当、司君喜ぶでしょうね〜(•ө•)♡
それにしても、一緒に居て安らげる=食べてる時が幸せそう=甘いものを貢ぐ……に繋がる司君の思考が笑える(爆笑)

 

JUJU様

ここまで鈍いとさすがの小悪魔も
司君に同情しちゃいますよねぇ(^^;)

ふふっ。
司君は自分自身で癒してあげたいはずですが
怖がられてる自覚もあるので必死です…(((*≧艸≦)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる