GOOD LUCK 15

「部下の悩みを聞いてやるのも上司の務めだろう?」
確かにオレは牧野にそう言った。

飯に誘う口実になるなら何でも良かったからな。
…だけど、これは想定外だぞ。


『GOOD LUCK』   第15話


あれから数日経ったある日。
オレは牧野をなんだかんだと言いくるめて飯に行く約束を取り付けた。

そこまではいい。むしろ完璧だ。

だけど先に駐車場に降りて、
牧野を待っていたオレの前に現れたのは
牧野の後ろにくっついてきた三条と類の2人。

「……なんだてめぇら」
頬をひくつかせるオレに

「私も悩みがあるんですよ。
 専務が可愛い部下の相談に乗って下さるって伺ったもので」
と白々しく落ち込んだフリをしている三条。
「牧野とご飯行こうと思ったら司と約束してるって言うから。
 ついでに俺の悩みも聞いてもらおうかな?
 司はオレの上司じゃないけど幼なじみで親友だし?」
とふわわ…と興味なさげに欠伸をかましながら類。

牧野をチラッと見てみれば
「す、すみません…。
 一応、私1人じゃ決められないし
 また今度3人で…って断ったんですけど」
と小さくなってやがる。

クソッ!
こんな事なら一緒に出るのはさすがにまずいとか
ゴチャゴチャ言ってたあいつに合わせずに拉致ってこりゃよかった!



そんなわけで
悩みを聞いてやるなら個室の方がいいかと
予約しておいた店の個室のテーブルには

オレの前に座る牧野と、その隣に類。
そしてオレの隣には三条が座っている。

この席順だっておかしいだろうがっ!!

4人がけのテーブルに最初に座ったオレ。
当然その後ろの類はオレの隣に座るのかと思えば
向かい側に座る。
「あ?お前はこっちでいいだろうが」
この時点で嫌な予感しかしなかったオレは類に声をかけたが
「やだよ。司の隣なんて窮屈そうだもん」
とメニューを開く。

「先輩、先に座って下さい」
と三条に促された牧野は空いた2つのイスを
交互に見てから案の定、類の隣に座りやがった。


牧野と類は相変わらずイチャついてやがる。

「牧野、それ美味しそう。ちょっとちょうだい」
「え?いいよ。はい」

「ん。美味しい」
「ね。美味しいよね」

そんな光景をイライラしながら見ていると

「私たちもやります?」
なんてクスクスと笑う三条は無言で睨みつけてスルーする。

「んな事より、お前ら何か悩みがあんだろ?とっとと言え!」
んで、とっとと帰れっ!そんな言葉はなんとか飲み込んで
一応オレ自身口実にした手前、
どうせろくでもねぇ悩みなんだろうこいつらに聞けば

「私はなかなか素敵な彼氏が出来なくて…
 道明寺さん、どこかに素敵な男性いらっしゃいません?」
と甘えた声を出す三条。

「俺も最近忙しくて眠れてないんだよね…」
と気だるそうに答える類。

「三条、だったらこいつやるから持って帰れ。
 で、類。眠ぃっつーならこんな所来てねぇで帰って寝ろ!」

2人まとめて解決してやったんだから帰れとばかりに
顎をしゃくってやると

「やだよ。俺にだって選ぶ権利くらいあるでしょ」
と類はプイッと顔をそむけて
「花沢さんも素敵なんですけどねぇ…。
 どちらかと言えば専務みたいなタイプの方が好みです」
とにっこり笑ってやがるだけで2人とも席を立つ気配はねぇ。

「「「………」」」
状況がわかってねぇ牧野を除いたオレらの間に
牽制し合った微妙な空気が流れる。

「あ、じゃ、じゃあ…
 専務の好きなタイプってどんな人ですか?」
静まり返った空気に耐えかねたのか
話題を変えようとしたのか牧野がそんな事を聞いてくる。

タイプ…?
んなもんねぇよ。強いて言うならお前だ、お前。

だけどそれを伝えるにはまだ早ぇ。

だから
しばらく考えたオレはこう答えてやることした。


「…オレのために目腫らして泣いてくれる女」




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この答えに、私は泣きますよと答えて、そのセリフで思い出してくれないかな?……ムリか^_^;
しかし、類君も桜子ちゃんも、どこにでも出てくりゃいいってもんじゃないのよ(-_-メ)
大学の頃から、司君の気持ちなんか、二人にはバレバレなんだから、ちっとは協力してよ٩(๑`^´๑)۶

 

スリー★★★★★様

悩みを聞くなんて、口実で
デートに誘ったつもりの坊っちゃんにしてみれば
2人はほんとに邪魔者ですね(^^;)
でも2人きりよりはつくしちゃんが自然体ではいられると思います♪

ふふっ。
桜子と司君の事をどこまで誤解させるか
koma自身もまだまだ探ってる状態です。
どうしよっかなぁ?(笑)

つくしちゃんがあの夜の事を思い出すには
まだちょっとピースが足りないですかねぇ…。

 

ka★★★様

ふふっ。
今回のこの2人はほんと似てますね(笑)
司をからかうのが生きがいです(((*≧艸≦)ププ

でも心の底ではきっと
司の恋を応援してる…はず。たぶん、きっと(汗)

司が言ってるのは出会ったあの夜に
つくしが言ってくれた言葉ではあるんですが
まぁ…伝わらないですよね(笑)

そしてこの発言のせいで
次回、2人に司がさらに弄ばれます♪

 

JUJU様

どうせなら「オレが死んだら」ってとこから
ちゃんと言えばつくしの記憶の糸にも
少しは触れられたかもしれないんですけどねぇ(^^;)

2人揃って出て来られたら司君もたじたじですね。
つくしちゃんの手前、あまり怒鳴ったりできないし…。

次回は…そんな2人にJUJUさんもっと怒る…かも(笑)
でもでも、妨害する気はないはずなので
どうかどうか大目に見てあげて下さいませ<(_ _)>
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる