SMILE 20

坊っちゃんとつくしが別れて5年。
あたしゃもう正直2人はダメだと思ってたさね。

だけど諦めていなかったのは
坊っちゃんだけじゃなかったんだよ。


『SMILE』   第20話



つくしと別れてからの坊っちゃんは
そりゃもう寝る間も惜しんで財閥のために頑張ってさ。

何度も持ち上がる結婚の話にも耳を貸さず
自分の力だけで財閥を守ろうと…。

坊っちゃんはね、
どうしようもない所もあるけど
やると言ったら最後までやる男なんだ。

そんな坊っちゃんの努力が実を結んで
経営も安定してきたある日。
奥様と旦那様が珍しく揃ってこの邸にいた。

「タマ。司は…牧野さんの事は諦めてしまったと思うか?」
坊っちゃんさえ口にしなくなったのに
まさか旦那様の口からあんたの名前を聞くなんてね。

「…諦めきれないから独身なんでございましょう」

「そうよね…。
 でも司は彼女を探さないつもりらしいわ。
 私たちが言えた事じゃないとわかっていても
 牧野さんにまた会いたいのよ。そして…孫にも」
そう言って奥様があたしに見せたのは
つくしと、その手を握って笑う小さな女の子。

誰の子だ、と聞くまでもないクルクルの髪の毛。

「これは……」
驚くあたしに奥様は
「牧野さんがね、今務めてる料亭の女将は私の知人なの。
 最初は偶然出会って雇ったらしいのだけど
 産まれてきた赤ちゃんを見て、
 誰かに似てるわね?って連絡くれたのよ」

「そんな…じゃあつくしが身を引いたわけは…」
「この子の存在を隠すためでしょうね。
 私たちの負担になると思ったのでしょう。
 1人で産んで育てるなんて…彼女らしいと言えばいいのかしら?」

奥様は女将からつくしが出産費用を捻出するために
大きなお腹を抱えて働いていた話を聞いて
いくら女将がつくしの体調に十分配慮していたとしても
せめて出産の手助けくらいはしたかった、と悔やまれたそうだ。

「……でも2人が望んでいないなら
 私たちもこの手に抱きしめるのは諦めなければならないのだろうな」
そう言って写真を指で撫でる旦那様もまた
坊っちゃんと写真の女の子と同じ髪質の持ち主だ。

はぁぁ…。

つくし…諦めな。
この一族はそりゃもう、驚くほどにしつこいんだよ。

確かにあんたを認めるまで時間はかかったかもしれない。

だけどね。
一度惚れ込んでしまえば、途端に一途に思い続けるんだよ。

旦那様も奥様も、諦めなきゃいけないと言いながら
諦める気なんて毛頭ないのさ。

わざわざあたしにこの写真を見せたのがその証拠。
どうにかしろ、とこんな年寄りを動かしてまであんたを捕まえるつもりさ。

「だったら坊っちゃんを自然とつくしに会わせてみたらどうだい?」
小さく息をついて策を練るあたしもまた
この一族に長く仕えて、諦めるって言葉を忘れた1人かもしれないね。

料亭で働いてるなら、
坊っちゃんをその料亭に行かせるように仕向ければいい。
探してなくても坊っちゃんならきっとつくしに気付く。
そうなれば後はなるようにしかならないさ。


そんな話を2人にしてからどれくらい経ったのかねぇ。
奥様が会食にあの料亭を指定するように
相手先に頼んだのは聞いていた。

__きっともうそろそろさね。

『タマ。牧野とオレの娘を連れて帰るから準備頼むぞ』
出張から帰ってくるはずだったその日。
坊っちゃんから弾んだ声で電話が入った。

坊っちゃんにしっかりと手を握られて
帰ってきたつくしはどこか気まずそうな表情を浮かべていたけど

「…おかえり、つくし」
あたしがそう言うとつくしはじわっと涙を滲ませて頷いた。

「坊っちゃんも…
 いや、お嬢様がいるなら若旦那って呼ぶべきかねぇ」
あたしが2人の間にいた女の子を見て言えば

「牧野すみれです」
とペコッと頭を下げた。
帰ってきたつくしとすみれお嬢様をひと目見ようと
このエントランスにはたくさんの使用人が集まってるっていうのに
物怖じすることなく挨拶が出来るなんてさすがあんた達の子だよ。

そんなすみれお嬢様を抱き上げて
「もう牧野じゃなくなるぞ。
 道明寺すみれ、だ。練習しなきゃな」
と、優しく微笑んだ若旦那は本当に幸せそうで

気がついたらこのエントランス全体が
そんな親子3人を見つめる使用人の笑顔で溢れていたよ。




 
いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あ~、なんかジーンとした(/_・)
お邸全体が、つかつくが、別れていた間、暗かったんじゃないのかな?
坊ちゃんは、必死に頑張っているけど、牧野様とは、どうなったのかな?もう、ダメなのかな?と、ドンヨリと、濁った空気の邸に、一気に暖かい、幸せな風が吹き込んだみたいな!?
つくしちゃん、すみれちゃん最高!!(*^-^*)
タマさんも、ありがとう!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

まり★★様

うふふ♪
実は知ってる設定にしておりました。

だから第1話でつくしの事を聞いて
司がどうするつもりなのか探っておりました(^^)

すみれちゃんはきっと
くるくる仲間のお爺ちゃんも大好きなハズです~♪

お気遣いありがとうございます(*^^*)
まり★★様もどうかご自愛くださいませ。

 

ka★★★様

お話を書く時に
なんとなーくの裏付けくらいは考えたりするんですが
住む世界が違うせいか、
なかなか自然と司とつくしって再会しないんですよ(^^;)
なので誰かの力が動いてる事が多いです♪

道明寺一族はほんとしつこいですよ(笑)

おっつ。
司とつくしの反応までは考えてなかった(*_*)笑。

 

JUJU様

へへへっ♪
ちょっといい話風にタマさんを
ぶっ込んでみました。

いい加減ここらでfinって
打っておこうかと思ったんですが
もうひとエピドードだけ書いてみます♪

 

ち★★様

こちらこそ、リクエストありがとうございます(*^^*)

この辺りは伏せておこう、というか
ま、いっか。な感じになってたエピだったので
リクを頂けなければ妄想畑で埋もれてました(笑)

ぜひぜひたくさんいる使用人に紛れて
幸せな坊っちゃん家族を覗いてみて下さい♡
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる