Shattering ~side 司~

★こちらのお話のつくしちゃん視点、あります
   『Shattering ~side つくし~』もよろしければどうぞ(^^)★





何年も会ってなくても
オレの心を鷲掴みにしたまま離さねぇ女。

後にも先にも
オレの人生においてお前ほど強烈な女はいねぇと思う。



『Shattering』   ~side 司~



まず、出会いからしてありえねぇ。
この俺にたった1人で歯向かってくるなんてよ。

それまで俺たちがステータスだと思って振りかざしていた
権力も財力も興味がないの一言でバッサリと切り捨てて、
天下のF4に「自分で稼いだ事もないガキ」だと呆れ顔を向けた女。

学園中からいじめにあってボロボロになってても
どうしてだか一度だってお前に勝てた気はしなかった。


そのくせ情にもろくてすぐに他人を信じて痛い目に遭ってやがるし
キス1つで真っ赤になってテンパったりしやがる。

そんなお前にあっという間にオチたオレは
あの大雨の日にお前に捨てられた。

だけどな
ヘコんで暴れるオレを見かねたタマが
あの日お前も泣いてたって教えてくれたんだ。

ダチを助けるために自分1人が犠牲になって
オレなんか好きじゃねぇって嘘ついて別れたんだろ?


お前の言った通り、オレはただのわがまま坊っちゃんで
何でも出来るような顔しておきながら
実際はお前1人守ってやる事が出来なかった。

その事実を受け入れてからは早かった。

「オレが跡を継ぐのは道明寺に産まれたからじゃねぇ
 あいつを手に入れるために道明寺を利用するためだ。」
だから仕事を覚えさせろとババァに啖呵を切った。

オレの言葉にしばらく黙っていたババァも
「…わかりました。貴方が本当に一人前になっても
 同じセリフが言えたなら、牧野さんとの事に私は口を挟みません」
あくまでもビジネスだと、相変わらずいけすかねぇ言葉だったが
邪魔しねぇって約束すんなら何でもいい。



それから何年経ったか。
やっと日本支社、支社長のイスを手に入れた。

ここまでオレはあえて牧野の事は調べてこなかった。
知ったら会いに行きたくなるし、
もし他の男が隣に立っていたりしたら耐えらんねぇと思ったから。

「…西田。牧野の事を調べろ」
そう言ったオレに西田は黙って封筒を取り出した。

「なんだよ。もう調べてたのか?早ぇな」
「いえ。こちらは社長からの就任祝いだそうです」
「…フンッ。ビジネス上の約束は守るってか?」
そう悪態をつきながらも
まさかすでに結婚してるとか書いてんじゃねぇだろうな?

なんてあまりにババァらしくねぇ粋な計らいに
一瞬そんな不安になったが、受け取った報告書には
あいつの就職先から今の交友関係まで事細かに書いてあったが
オレにとって不都合な事は何1つ書いてなかった。


昼過ぎから降り始めた雨は
あいつの会社に近づくにつれ強くなってきて
まるであの日みてぇな降り方をしていた。

車を付けて、あいつを待ってると
鬱陶しそうに空を見上げて傘をさして
こっちへと向かって歩いてくる牧野を見つける。

俯いてるから何か落ち込んでのかと思ったら
よく見たら笑ってやがるし、水たまり飛び越えたりしてて。

なんだよ…オレがいねぇのに楽しそうじゃねぇかよ。

車から降りてあいつがオレの所まで来るのを待つ。

お前に会ったら最初に何を言おうかととか
何も言わずに抱きしめた方がいいのか、とか
オレなりに頭の中でぐるぐる考えてたっつーのによ…。

下向いてるせいでオレに気付いてねぇこいつが
急に傘を回したりするから大量の水滴が飛んできて

「…冷てっ!」
が最初の言葉になっちまったじゃねぇかよ。

ったく。どんな再会の言葉だよ。
ほんとお前は強烈だな。
オレの予想の斜め上ばっかいきやがる。

まるで幽霊でも見たみてぇな顔して
「な…なんで」
なんて言うこいつ。

「なんで、だぁ?
 好きな女に会いに来るのに理由なんかいるのかよ」

オレはこの時のために今日までやってきたんだ。
むしろ、今日会いに来ねぇでいつ来ればいいんだっつーの。

それでも
何年ぶりかに見た牧野はムカつくほど綺麗になってて
誰のために綺麗になったのかと思うと焦燥感も覚えたが
今はそんな事はどうでもいい。

ただ会いに来たんじゃねぇ。
やっと会いに来れたんだ。

「…あったわ、理由。
 会いたかった。すげぇ会いたかった。だから迎えに来た」

あの日、お前からされたキス以来
久しぶりに触れたこいつの唇は
やっぱりオレの全細胞を強烈に呼び起こした。



~ fin ~



★あとがき★


つくし視点を書いてる時は
特に司視点を書くつもりもなかったんですが

ありがたい事にリクも頂きましたし
つかつくの短編って何気にペアなの多いし。

って事で緊急種まきですヾ(*・∀・)/ ソーレ!

なのでつじつま合わない、とか
いやいや無理やりすぎんだろ、とか

その辺はモザイクかけてお読みいただけると助かります(笑)



さぁ、リレーも7人のメンバーが出揃いまして
折り返し地点に立ちましたね。

お次は1巡目で
komaに爆弾?を投げてきた(笑)やこさんです。

1巡目は蓋を開けてみれば
なんと全員が翌日アップ!なんて
ドMっぷりを発揮してましたが
2巡目はみんな落ち着いてきたかも??
ですのでペースダウンしても
温かく見守ってやってくださいませ。

そしてあまりにも何もかもガチ…
というか行き当たりばったり?すぎて
このままではいつ終わるのかもわからん!って事で
2巡目は順番だけはアミダの神様に委ねました(笑)

って事でメンバーは自分の運命は知ってますが
お話自体は相変わらずガチでどんな場面になって
飛んでくるのかはその時までわかりません。

こちらも一緒にドキドキワクワクして頂けると嬉しいです♪


koma




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱりつかつく最高ですー⠒̫⃝♡*もはやこの続きが読みたいです笑

No title

komaさんのお話の楓様も、JUJUは、かなり好き、素敵(*^-^*)
使えるようになった司君に、普通のお嬢様を宛がうより、つくしちゃんを餌に、もっともっと頑張らせる方が、道明寺HDにとっては、ずっと得策で~す(≧∇≦)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りえ様

ありがとうございます(*^^*)

あはは。
これ以上ボロが出ると
さすがに怒られそうです(笑)

JUJU様

司パパをあんな風に書いちゃうkomaですから(笑)
もはや怖い人が書ける気がしません(^^;)

そうそう。
馬にニンジン、司君につくしちゃん♡

あ…でもForever loveの楓様は
2人の交際に反対の姿勢ですよ…フフフ。

ka★★★様

こちらこそお付き合い頂きありがとうございます(^^)

つくしちゃんは逃げちゃったりふら~っとしても
そんなに違和感ないんですが
どうしても司にはつくしちゃんしか
見えてないって構図しか思い浮かばなくて…(^^;)

楓様にも認めてもらって
再び一緒になった2人の絆は強いハズですよねぇ♡

No title

こんばんは〜(*^_^*)
うんうん、雨の日に別れて雨の日に再開!
司くん、リベンジ果たせて良かったね!
はじまりはいつも雨〜(←パクリです。)
チャレンジマッチ、あら違った、ガチリレーの方も、楽しいですね(^_^)
いやー気楽に楽しませていただいて申し訳ない(笑)
陰ながら応援しております♡

チムチム様

「Rainy Day」もそうですが
雨の日分岐にすると
何かっつーと雨降りますよね(笑)

ガチリレー、今日はhappyさんの所ですね。
自分にまわってくる日をガクブルしながら待ってますが
次の機会にはぜひぜひチムチムさんもご一緒してくださいませ♡
一緒にドMっぷりを上げましょう(笑)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
ちょっと息切れ気味。
 
う~ん…
更新サボったら…
ごめんちゃいm(_ _)m
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる