Dear Family

道明寺と改めて付き合うようになって1週間。

パパの夜勤のないこの日、
道明寺が久しぶりにうちにやってきた。


『Dear Family』
    ~DEAR… 番外編~




奥の部屋にパパと対面して座る道明寺を
事情を知らないママと進は影から覗いている。

「ちょ、ちょっと…何?何なの?この雰囲気」
ここで正直に答えると
またパパが首を絞められかねない、と

「んー…。男と男の話でもあるんじゃない?」
と適当に流しておけば
「カ…カッケー!」
と何気に道明寺を慕っている進は
意味も解ってないくせに目をキラキラと輝かせる。


「ほらっ。邪魔になるからあたし達は出てようよっ」
「なによぅ。ママだって話したいのに…」
あわよくばパパの隣に座りそうなママを引っ張って
「いいからっ!ほらっ。進も!
 あんたも男ならわかるでしょっ?」
そう言えば
「…うんっ!」
なんて嬉しそうについてくる。

2人を外に出してから
家の中に向かって

「パパ~。あたし達1時間くらい買い物行ってくるから。
 帰ってきたらご飯するからね。道明寺も食べて行ってよ」
そう声をかけてドアを閉めた。




あいつの声が聞こえて親父さんは
「晩ごはん何かな。道明寺さんがいるから肉じゃがかなぁ」
なんて小さく笑う。

「…親父さん。
 赤札の事は弁解はしません。悪いのは全部オレです。
 親父さんがオレを許せないのもわかってます。
 それでも…虫のいい話だって言われても
 オレはあいつしか考えられないんです。
 すぐにわかってほしいなんて言いません。
 オレの一生をかけてでも認めてもらうつもりです。
 だから…オレにあいつを預けてください。あいつじゃないとダメなんです」
そう言って頭を下げたオレに

「道明寺さん…頭を上げて下さい。
 謝らないといけないのは私の方です。
 つくしを想うあまり、周りが見えていなかった。
 赤札の件もつくし本人が許している事なら
 私から言う事もないですし、何があったかも聞きません。
 2人の過去に何があったにしろ、
 それが今の2人にとって必要だったのでしょう。
 こちらこそ、今度こそつくしを頼みます」

そう言ってくれた親父さんに
本当の意味で許された気がして涙が出そうになった。


「……時間余っちゃったねぇ」
しばらくすると親父さんが
時計を見ながら気まずそうに笑う。

「そうだ。銭湯でも行きませんか?」
「銭湯…ですか」

「あ…。道明寺さんはそんな所行かないか…」
ははっと笑った親父さんに
「いえ。昔に進と行きました。
 面白かったです…オレも久しぶりに行きたいです」
そう言って2人で銭湯に行く事になった。




銭湯から帰ってくると牧野たちも帰ってきていて
お袋さんと2人で飯の準備をしていた。
「どこに行ったのかと思ったら…
 もしかして銭湯行ってきたの?」
オレと親父さんから桶を受け取りながら言うこいつ。
「あぁ…。背中の流しあいっこしたぞ」
と言えば

「へっ!?あんたが?パパの背中流したの!?」
なんて驚いてやがる。
「おぅ。ほらコレ土産だ」
そう言って帰りにコンビニに寄って買ってきた
ビールとこいつが好きそうなスイーツを渡す。

「ほら、司君。
 奥に行って座ってよう」
そう言って親父さんが言った言葉に

「…仲直りできたんだ?」
なんて自分の事みてぇに嬉しそうに笑うこいつ。
「あぁ…。お前をくれって頭下げて許してもらった。
 これでお前はもう完全にオレから逃げらんねぇぞ?」
そう言いながら軽く抱き寄せて髪にキスをすると

「あらっ…。まぁまぁまぁっ!」
「道明寺さん…やっぱカッケー♪」

後ろから聞こえてきたお袋さんと進の声に慌てた牧野が
「バカッ…!場所を考えなさいよっ!!」
なんて真っ赤な顔で殴ってきやがる。

でもそれも全然痛くねぇよ。
お前と、この家族に受け入れられただけで
すんげぇ幸せだからな。

こいつの拳を受け流して
ククッと笑いながら親父さんの待つ奥の部屋へと進んだ。




~ fin ~







いつも応援ありがとうございます♡

★↓↓あとがきは続きを読むからどうぞ↓↓★
★あとがき★

これが最終話でもよかったんですけどね~。
第1話が類君視点で始まっただけに
なんとなくラストは類君にしたかったのと
パパ、今回人気なかったから(笑)

パパも自分の間違いに気付いたし
仲直りも何もないんですが
やっぱりここは和解の様子を一応…と思いまして♪

最後にパパが「司君」と
さりげなく呼んでましたが気付きました?
息子と認めたパパの心境の変化を表してみました♡


明日は玲ちゃん視点。
あの3人組も出てきますよ~♪

よろしければこちらもお付き合いお願いします(*^^*)



koma
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

司君が、大衆浴場に行くだけでも、スゴイ!と思うのに、パパさんと背中の流し合いっこなんて、司君が、牧野家に、とっても馴染んでいて、パパさんにも、司君とか呼ばれちゃって、すっかり一員だねo(^-^)o
次の番外編も、楽しみにしてま~す

JUJU様

確か原作でも結構楽しんでた記憶があったので
パパとは流しあいっこを楽しんでもらいました(笑)

何もかも持った司君が
持ってないものを持ってる牧野家は
司君にとってかけがえのないモノなんだと思います(*^^*)

明日は玲ちゃん視点です~♪

ほっこりしました

更新ありがとうございます
こんだけ立派になってよー!
原作つくしの毒親(ごめんね)(笑)

Komaさんの描くつくし父に、娘を思う父親の愛情を感じて、普通親はこうでしょ!って苦笑いですよー「玉のこし~あよいよいとー」な両親に、なぜか言いなり。でも道明寺には意固地なつくしの不思議さに違和感ありありでした(笑)
原作は親にもやもやしていたから、二次小説はやっぱりいいですね(^-^)ありがとうございました


道明寺&牧野大好き様

私の場合、つくしちゃんの両親に関しては
原作よりもドラマの方のイメージが強いかもです(*^^*)

玉の輿だとなんだと言いながらも
つくしちゃんの幸せを心から願ってる…
そんな感じですかね(^_^)?

言葉足らずですみません\(>_<)/

Komaさんへ
「玉のこし~~違和感ありあり~」は、
原作についての感想です(^-^)
Komaさんの作られたお話しを
違和感ありありと言っているのではありませんので…まぎらわしい感想になって
しまい申し訳ありませんでした(._.)

また楽しみにしています!

道明寺&牧野大好き 様

うふふ。大丈夫ですよ♪
ちゃんと伝わってます(*^^*)

お気遣いくださってありがとうございます(′▽`o人)♡
これからもぜひぜひよろしくですっ♪
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
ちょっと息切れ気味。
 
う~ん…
更新サボったら…
ごめんちゃいm(_ _)m
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる