Dear friend

今日も仲良く?
喧嘩をしながら構内を歩く2人。

「なによっ……アレッ!!」
「どうして道明寺さんがまた牧野つくしなんかと…!」
「きぃ~~~っっ!!悔しいっ!!」
その光景を見て地団駄を踏んでる3人組。


『Dear friend』
      ~DEAR… 番外編~




つくしちゃんと司のよりも戻って一件落着。

だけど結局何があったのかと聞いても
「ちょっとした喧嘩の延長戦だよ」
と下手な嘘でごまかし続けるつくしちゃんだったけど

どうにもつくしちゃんの事になると
熱くなる滋ちゃんと桜子ちゃんは諦めなくて

「だったらパパさんに聞いてみたらどう?」
なんて私がつい口を滑らしちゃったものだから…

何て言うか…うん。ごめんなさい。

「さぁっ、パパッ!素直に言わないと…こうだよっ!!」
「わ、わわわわっ。やめてくれよぅ」

「いいえ!教えて頂くまでは引き下がりませんわっ!」
「ひぃ~っっ!…あひゃひゃっ
 わ、わかった!言う!言うから許してぇぇ~っっ」

2人は壮絶なくすぐり地獄の拷問を実行して
ついにパパさんを陥落させて真相を聞き出した。







「…で?
 あれがその3人組なんだ?」
司とつくしちゃんが一緒にいるのを見て
悔しがってる3人組を指さして聞いてみれば

「えぇ。高校時代から
 何かにつけては先輩を目の敵にして
 どうにか邪魔をしてやろうって事しか考えてないゴミです」
「つくしの事だから司にも言ってないんだろうねぇ。
 言ってたら確実に消されてるはずだし。」
そうため息をつきながら答えると
立ち上がって3人の所へ寄って行く。

「ちょっと!あんた達っ!
 今回はよくもまぁやってくれたわねっ!!」
そんな滋ちゃんの声に振り返った3人は

「…お、大河原さん?
 なんですの、いきなり…」
と滋ちゃんの勢いにたじたじの3人が振り向く。

「何じゃないですわっ!
 懲りもせずに先輩たちの邪魔して!!
 ほんとにあの別荘で雪の中 宙吊りにしてやるべきでしたわっ」
と、私の知らない話をする桜子ちゃんは
いつもと違ってなんだか黒いオーラを纏い始めていた。

「な、なんの事だか…
 言いがかりはよしてくださらない?」
あくまでもシラを切るつもりらしい3人の前に立つと

「…ねぇ。あなた達って
 つくしちゃんの友達なの?」
そう聞いてみる。

「ちょっ…。玲ちゃん!?」
「そんな訳ないじゃないですかっ!」
滋ちゃんたち。

「え、えぇ。高校でクラスが一緒になってから
 ツッキーとは仲良くさせて頂いてます。
 それが気に入らないからってこの方達は私たちを苛めるんです」
なんてリーダーっぽい女の子が私に助けを求めるように言う。

「はぁぁっ!?ふざけないでよっ」
滋ちゃんが今にも掴みかかりそうになるのを片手で制して

「そうなんだ。
 じゃあ今回の事も司とつくしちゃんを想ってやったって事?」

「…へ?え、えぇ…そうですわ。
 家柄の違う2人がこの先余計な苦労をするのは目に見えてますし…」
そう語り出したのを
「よくもまぁ、いけしゃあしゃあとそんな事が言えますね」
桜子ちゃんは冷たい視線で一蹴するのを苦笑いしながらも

「…あ~、なるほどね。
 友達想いなんだね、3人とも」
なんてうんうんと頷けば

「えぇ…もちろんですわ」

「ちょっと玲ちゃんっ!
 さっきから何言ってんの?
 こんなの友達想いなわけないじゃんっ!嫌がらせだよ!!」
「まぁっ!失礼なっ!」
今にも掴みかかりそうな滋ちゃんもなんとか宥めると

「まぁまぁ。
 結局はああやって2人はより絆を深めちゃったわけでしょ?」
とさっきまで何か言い合いをしながら歩いていたのに
いつの間にか手を繋いで笑い合っている司とつくしちゃんを指さす。

その光景を見て2人も頭が少し冷えたのか

「…そういう事になっちゃいますかね?」
「司もパパさんと2人で銭湯行ったって
 すごく嬉しそうに話してたしなぁ…」
なんて小さく息をつきながらも2人を愛おしそうに見つめる。

「そうそう。結果オーライってやつだよ。
 この子達がどういうつもりでやったかは知らないけど
 結果としてこうして婚約発表までこじつけた起爆剤になったんだから」

「「「こっ…婚約っ!?」」」
私の言葉に3人は顔を真っ青にする。

「あれ?知らなかった?友達なんでしょ?
 今回の事で、司ったらパパさんに頭下げて
 改めてつくしちゃんと結婚させてくれって挨拶したらしくってさ
 司の仕事に合わせてどこかのパーティで発表するんだって。
 もうね、つくしちゃんのドレスやらなんやら
 張り切って選んだりしてデレデレで見てらんないよ」
それを聞いてその場に力なくへたり込んだ3人。

そうなるともう滋ちゃん達も
この3人に興味はないとばかりに踵を返して歩き出す。

「でもさー、あの司が頭下げるなんて想像できないよね~
 しかも銭湯で流しあいっこだよ?想像できない…」
「先輩のためとなったら
 ほんと何でもしちゃうんですから…羨ましい限りです」

「ねぇ、さっきから気になってたんだけど銭湯って何?」
「みんなで入るお風呂の事だよ。
 私も一度つくしと行ったんだけどさ
 近所のおばちゃんとかいっぱいいて楽しいよー」
「へぇ~?
 私も行ってみたいな…つくしちゃんに頼んでみよ」
「いいね、いいねっ!みんなで行こうよっ!」
そう盛り上がる私と滋ちゃんの隣で

「…ところで玲さん、男湯と女湯どっちに入るつもりです?」
桜子ちゃんが意地悪な顔でニヤリと笑った。



~ fin ~





いつも応援ありがとうございます♡

★↓↓あとがきは続きを読むからどうぞ↓↓★
★あとがき★

koma的には浅井たちは
雑魚キャラなので制裁も何もなしで
スルーしちゃうつもりだったんですが
意外と皆さんの反応が強くて…(笑)

次のお話もまとまってないし…
と、まだまだ短編で時間稼ぎです(笑)

浅井たちのやる事って
すごく陰湿でムカつくんですが
いつも結果として2人の関係を深めてる気がして
案外嫌いじゃないんですよね(笑)

でもまぁ、
つくしパパまで巻き込んじゃったのは
やりすぎだったって事で
2人の婚約という爆弾を投げておきました( *´艸`)

雑魚キャラだし
制裁はこれくらいでどうでしょうか?


koma
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうそう、雑魚(桜子曰く、ゴミ)ですからね(・∀・)カエレ!!
婚約発表かぁ~(ずっと離さない離れないって事ですもんね)
司君、頑張りましたねo(^-^)o
雑魚、グッジョブ(≧∇≦)

更新ありがとうございます

浅井ではつくしのライバルにはなれない
って思っていたので、私も余裕で浅井らを見てました(^-^)v

ただカナダは酷かったです!
あの時、道明寺も遭難するかも
しれなかったのに、スノーモービルで1人つくしを探しに飛び出したのはもう最高でした。
道明寺のきつい癖っ毛が吹雪や汗で緩くなっていたのも最高!
いい男すぎる(涙)
いつもありがとうございます(^-^)

JUJU様

雑魚ですがいい仕事してくれましたねぇ♪
ご褒美に婚約発表にも呼んであげようかな(笑)

このお話は司君けっこう頑張ったので
あとは幸せになってもらいたいと思います~♡

道明寺&牧野大好き 様

カナダのはひどかったですね~(--;)
でも…うんうん♪
それ以上に道明寺がカッコよかったですね~♡

赤札貼ってた頃は何気にひどかったですが
類もいいなぁ…なんて思いながら読んでいたのに
この辺りから道明寺派になったような気がします(*^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふに★★★様

もちろんでございます♪
ふに★★★様から頂いた妄想茸は
もれなくkomaの妄想畑に移植されてますから(笑)
番外編や本編にさりげなく(?)
しれっと登場させるのはもはやkomaの得意技でございます♪

そしてまたまた美味しそうな妄想茸…♡
椿お姉様忘れてたなぁ…。

このやりとりまんまありそうで
光景すら浮かんできますね~(≧∀≦)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
ちょっと息切れ気味。
 
う~ん…
更新サボったら…
ごめんちゃいm(_ _)m
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる