DEAR… 8

タマに頼まれた菓子を持って
カフェテラスに行ってみたが

そこに牧野の姿はなくて
滋と三条がオレの顔を見るなりニヤりと笑った。


『DEAR…』   第8話


「……なんだよ」
目当ての牧野もいない上に嫌な笑みを浮かべる2人に
ムッとした表情を返せば

「べっつに~?
 昨日の合コン楽しかったなーって思っただけ」
と滋。
「えぇ。滋さんが揃えたにしては素敵な方ばかりで」
と三条もにっこり。

それがどうした、と
フンッと鼻を鳴らして無視を決め込もうとした時、

「でも結局つくしがモテるんだよね~」
「えぇ。あれだけ消極的なくせに
 最終的にオイシイ所を全部持ってくんですよね、先輩って」
なんてわざとらしくため息をつく2人に
思わず座ったばかりのイスからガタッと音を立てて立ち上がる。

「…ん~?どうしたの、司」
「ちなみに今回も私たちが騙して連れて行きましたけど
 道明寺さんにも許可とった方がよろしかったですか?」
そう言って笑う2人が
わざとオレへのあてつけとして合コンの話をしてるのはわかった。

「…フンッ」
もう一度無視を決め込もうと気を取り直してイスに座るが
そんなオレの態度が気に入らねぇのかさらに合コンの話を続ける2人。

気にするな、と必死に言い聞かせていても
耳はずっと2人の声に集中している自覚は充分にあった。

「ほらっ。特に田中君?
 つくしが帰ろうとする度に自分も席立とうとしてさー。
 あれ、絶対つくしを送るついでに2人きりになるの狙ってたよねー」

「えぇ。あれだけ下心見え見えな男性に
 先輩ったら“いい人”とか言っちゃってるんですから…
 二次会まで引っ張って行かなかったら今頃どうなってたか」

「でもさー。もしかして隙見て連絡先くらい交換してたりして?」

「そういえば…今日先輩は?
 適当な理由つけられて呼び出されて
 田中さんとデートでも行っちゃってなければいいんですけど」

聞けば聞くほど
イライラする会話にテーブルを指で叩きまくるオレ。

そんなオレと同じテーブルにいる
こいつらは苦笑いしながらオレを見る。

「うるせーぞ、司」
「イライラするくらいなら牧野に直接聞けよ」
そういう総二郎たちを睨みつければ

「おっと。俺らにあたるなよ?
 そもそも牧野が合コン行ったからって
 今のお前にキレる権利はねぇんだからな?」
と降参だとばかりに手を小さくあげならも
痛い所をついてくる。

「……牧野、図書館だよ。
 調べものがあるとか言ってた。」
そんな声のする方を見てみれば
ソファで寝ていた類が片目を開けてこちらを見ている。

「うるさくて寝てらんない。
 その箱持ってどっか行ってよ」
テーブルの上に置いてあった菓子を指さして
そんな事を言う類は

その菓子を口実にでもして会って来いと言ってるようで。

静かに立ち上がって図書館に向かうオレに
総二郎たちだけでなく
滋たちもそっと視線を向けていたのは背中越しでも伝わった。





「あんなに独占欲丸出しのくせに
 牧野と別れた理由って結局何なんだろうな?」
「さぁ…?さっぱりわかんね」

「玲ちゃんも理由は知らないって言ってたよねー」
「でも別れ話がこじれそうなら
 新しい女のフリしろって言われてたんですよね?」

「は?そうなのか?」

「えぇ。どうして別れ話をする時にいたのかって
 先輩がいない時に聞いてみたらそう言ってました」

「だから玲ちゃんはてっきり
 つくしが付き纏ってる女だと思って
 1発かましてやろうとついて行ったら
 つくしはあっさり別れを受け入れちゃうし
 司が見た事ないような顔してるからビックリしたってー」

「司がそんな下手な小芝居してまで
 別れる理由か…。ますますわかんねーな」

とっくに司の姿は見えなくなった入口を見ながら
ソファで横になって夢の世界へと行ってしまった類を除く4人は
ぎこちなくも友達という関係を続ける
2人の事を思い浮かべてため息をついた。




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ホントに、下手な小芝居ですよね~
F3も、T2も、司君⇒つくしちゃん (それもラブラブビームも、漏れ出ているだろう)
別れたと思ってるつくしちゃんだけが、気付いていないんでしょうね0(>_<)0
司君の別れたい理由……早く知りたい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひま★★様

司はつくしを諦めたわけじゃないんですよね~。
なので気持ちも独占欲も隠しません(^^)

そんな司なのでラストは
ちゃんとつくしちゃんを取り戻しますよ~♡

tak★★★様

いつもお付き合い頂きありがとうございます♪

司君の前にね、越えなきゃいけない壁があるんですよ~。
その壁は第10話に正体を現しますっ♪

まだ途中のエピは決まってないんですが
ラストはこうするって決めてるシーンはあるんです♡
司君とつくしちゃん、イチャイチャしてますよ(*^^*)

JUJU様

ほんとにね~。
玲さんいなかったらつくしちゃんも
ちゃんと理由聞いたりして
食い下がれたかもしれないのに…。

そしたら別れなくてもよかったかもしれないのに…|* ̄ノ∀ ̄)ボソッ


司君の前にある壁の正体は…第10話に正体を現しますっ♪
意外だといいなぁ。

ゆ★様

あの爆弾が効いたようでムフフ♪です(*^^*)

花晴でも司君、前回チラっと晴の影に顔だけ出てきたけど
やっぱり動いてる姿を早くみたいですよね~♪
今日も先ほどジャンプ+読んできました♡
面白くなってきましたね~(≧∀≦)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる