still love you 13

あいつが現れなくなって数か月。

あたしはすっかり日常に戻っていて
ついつい気を緩めすぎてたのかもしれない。


『still love you』   第13話



インフルエンザにかかってしまった。

「す…すみません。颯太先輩」
「いいから寝てろ。出来たら呼んでやるから」
病院で診断されて、事務所に連絡して
とりあえず1週間くらいは休めるように手配してくれた所長。

そして独り暮らしのあたしを心配した颯太先輩は
「ほら、飯作ってやるから入れろ」
とスーパーの袋を引っ提げて仕事帰りに寄ってくれた。



「出来たぞ。オレの自信作だ」
「……やっぱりラーメンなんですね。
 普通こういう時ってお粥とかじゃないですか?」
そう呟くあたしの目の前には
野菜とチャーシューのトッピングが盛りだくさんのインスタントラーメン。

「仕方ねぇだろ。料理なんてしねぇんだから。
 下手に一から作るよりは
 こういうモンの方がよっぽど美味ぇんだよっ」
と腕を組みながら何故か威張っている颯太先輩に笑いがこみ上げる。

かと思えば
「それともやっぱ食欲ねぇか?」
そうお兄ちゃん顔で聞いてくる。
「いえ。本当はお腹ペコペコでした。…いただきます」
そう手を合わせると安心したように笑う颯太先輩。
「おぅ。ギョーザも食えるなら焼いてやるぞ?」
「……油も水もいらないってやつですか?」
「当たり前だ」
そう言うと冷凍庫からギョーザを得意気に取り出した。



「ごちそうさまでした」
「おうっ。明日も来てやろうか?」
「いえ…明日からは弟が寄ってくれるので。
 でも今日は仕事で遅くなるって言ってたので助かりました。
 本当にありがとうございます」
颯太先輩が来てなかったらあたしはきっと
食欲はあっても何か作る気力はなくて
薬を飲むために適当にお腹に入れたらそのまま寝ていただろう。

独り暮らしだとこういう時ホントに困る。
だから温かいご飯を食べれたのは本当にありがたかった。


「そうか…弟君ね」
ホッとしたようにため息をつくと
「なぁ、つくし。
 こんな時に言う事じゃねぇかもしれねぇけどよ。
 ……いい加減、俺と付き合わねぇか?」
なんて事を言いだす颯太先輩。

「………」
「言っておくがどこかについて来いって話じゃねぇぞ?
 真面目に言えば結婚を前提にお付き合いしませんか?だな」
「ケッ……コン?」
「まぁお前はまだ20代だし?ピンと来ねぇのも無理はねぇ。
 だけど俺はもうおっさんだからな。
 次に付き合う女は女房にしたい女じゃねぇと困るんだよ」

あぁ…。そうだよね。
20代だって言っても
あたしだってアラサーに入ってるんだし。

付き合うなら結婚だって視野に入れてもおかしな事はない。

おかしいのはそこじゃない。

「……颯太先輩とあたしが?」
熱で少しボーっとしてる頭で考えながら
交互に指をさして首をかしげる。
「そうだ。俺とお前。
 他に誰がいるってんだ?」
頷きながら見た事ないような甘い顔で笑う。

「い…いやいやいやっ!
 散々女じゃないとかガキとか
 バカにしてたくせに何言ってんですかっ」
うっかり見惚れてしまいそうになるのを
何とか思いとどまって現実に戻ってきた。


「本気でそう思ってる女に構ってやるほど俺は優しくねぇよ。
 確かに最初は妹みてぇな感覚だったけどな。
 それがいつの間にか
 家帰ってお前がいたら幸せだろうなぁって思うようになってた」

「……」

「返事は今じゃなくていいからな。
 俺は自分の気持ちを伝えておきたかっただけだ。
 …具合悪いのに、ビックリさせて悪かったな…今日は帰るわ」
ちゃんと温かくして寝ろよ?と
あたしの髪をクシャッと撫でると颯太先輩は帰って行った。

リビングに戻ってテーブルの上のお皿をなんとなく見つめる。


『お前を口説くならこんな所より
 ラーメンにギョーザ付けた方が成功率あがりそうじゃねぇ?』


「…あ。だからお粥じゃなくて
 ラーメンとギョーザ作ったってワケ?」
なんてクスッと笑ってから

「冗談…じゃなくて…本気…なんだ、よね」
撫でられた場所に手を当てて小さく息をついた。





いつも応援ありがとうございます♡

★ラーメンとギョーザで絆されちゃう(笑)?★
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

悠★様

今回の司はホントにダメですね~(^^;)
肝心な時にいません(笑)

そうですね。この司を更生させられるのは
つくししかいませんよね♪

No title

お~、つくしちゃん、ラーメンと餃子にほだされかけて、我に返りましたねΣ( ̄ロ ̄lll)
まぁ、最終的には、つかつくなんだから、颯太先輩には、泣きをみてもらうことになるから、深入りさせてもかわいそうだから、この程度で、良しということで…
後は、類君にお出まし願って、司君にもう一発入れてから、つかつくへと…
あ~、楽しみ

JUJU様

司君が帰ってきてなかったら
絆されちゃってたかもしれませんね(笑)

あー…やっぱり類君出てきた方がいいです?
koma的には颯太先輩のデートで十分だと思ってたんですけどねぇ。
つくしちゃん応援団の皆さまはまだ消化不良みたいなので(笑)
明日の12時。おまけエピ第二弾アップします♪
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
つかつく♥コラボ
ガチリレー!!
 
最後までお付き合い頂き
ありがとうございました!
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる