幼なじみ 19、5

いつもお話を元に素敵な妄想をして下さる
ふに★★★様より頂いた妄想の種を
ダッシュで種まきして
トトロのおまじない(?)の力を借りて
超特急でお花咲かせてみました(笑)

頂いた妄想の種は…

本当なら本編ではクリスマスパーティーの帰りは
1人で帰ってくる感じだったんですが、
つくしちゃんに想いを寄せる男が送るという口実で一緒に帰った所に
司君が鉢合わせしてしまったら??

なんて感じの物です…。
あぁ…komaヨダレが止まりません(笑)
ふに★★★様、毎度ありがとうございます(*^^*)


本編19話と20話の間ってことで19、5話としてお楽しみください♪
※後から加えた話なので、
 微妙につじつまが合わない所もあると思います。
 あくまでもおまけのエピソードとしてお楽しみ下さいませ(*-∀-*)ゞ






もう19時になるっつーのに
つくしが帰って来る気配がなくて

イライラのピークに達したオレは
邸の門の所でつくしを待ち伏せする事にした。


『幼なじみ』   第19、5話



ふと時計を見て、
「あ。もうこんな時間っ!?あたしそろそろ帰るね?」
パパ達に19時くらいに帰るって言ってたのに
気がついたらもう19時5分前だった。

司から着信があってもなくても
どっちにしても気になって楽しめないような気がして
わざとケータイを忘れてきたから
連絡もしないで遅くなりすぎるのはマズイ…。

おっとりしてるようで
パパったら実は怒るとけっこう怖いんだよね。

「えぇ~!?二次会来ないの?」
と優紀やよっちゃん達から抗議の声があがる。
「ゴメン!今日はパスッ。みんなよいお年を~!」
軽く手を合わせて会場を飛び出すと

「牧野っ!」
と後ろから追いかけてくる声に立ち止まる。
「あ、田中君。どうしたの?」

「俺も、もう帰るから途中まで一緒に帰ろうぜ?」
「あぁ、うん。いいよー」
田中君とは小学校を卒業してからも
何度か顔を合わせていたこともあって今でも仲がいい。

駅への道を2人で並んで歩きながら
「牧野、今日は来ねぇって聞いてたからビックリしたわ」
「あぁ、うん。そのつもりだったんだけどね。
 なんとなくポッカリ予定が空いちゃったからさ。
 クリスマスイブにぼっちになるくらいなら行こうかなーって」
なんて話しながらイルミネーションに輝く街並みを眺める。

「やっぱ、そろそろクリスマスとか1人だと寂しいよなー。
 みんなで騒ぐのも楽しいけどさ。
 こういうツリーを好きな子と見たりするデートとかいいよな」
なんて言いながら街路樹に設置された大きなツリーの前に立ち止まる。
「田中君ならその気になれば彼女くらいすぐにできるでしょ?」

実際田中君はクラスの中の女子に人気の男の子で。
当時は女子たちの間でキャーキャー言ってた記憶がある。

「ほんとにそう思う?」
そう聞き返されて、コクンと頷く。

「だったら牧野が彼女になってよ」
「……へ?」
思わずみんなでプレゼント交換でもらった紙袋を落とした。

そんなあたしの反応を見て
「マジで気付いてないんだもんなー…。
 俺、何年牧野に片思いしてると思ってんの」
なんて言いながら困ったように笑う田中君は
ふぅぅ…と息をつくと

「好きだよ、牧野。
 来年は2人でクリスマスしようよ」
なんてあたしが見た事のないような甘い顔で言う。

そりゃ、あたしだってクリスマスに
イルミネーション見てデートしたりするのに憧れはある。

『恋愛の傷は新しい恋でしか治らないよ!』
いつか優紀に言われた言葉を思い出す。

だとしたらこれは
司の事を忘れられるチャンスなんだろうか?

田中君は嫌いじゃない。
気は合うし、優しいし。
もしも付き合ったとしたらすごく楽しいと思う。


……だけど。

どんな時にも隣にいてほしいのはやっぱり司で。


「…やっぱダメ、か」
あたしの表情を見て田中君はちぇっ…と小さく舌打ちをする。
「困らせてゴメン。
 急には無理かもしれねーけどさ。
 ちゃんとそう思えるように努力はするから、
 これからも今まで通り、友達ではいてくれる?」
そう言いながらあたしの頭をポンポンと撫でる田中君に

「うん…。ごめんね」
と小さく返せば
「いいよ。イブの雰囲気に流されてくれたら嬉しかったけど
 牧野の答えは最初からわかってたからさ。
 あ。門限過ぎてんだろ?もう遅いし送ってく」
「…でも」
「これくらいさせてよ。
 せっかくだからもう少し一緒にいたいしさ」
そう言って強引にあたしの手をとって
歩いていく田中君に押されるまま邸の門の所まで来ると
そこには何故か司が立っていた。

思わずパッと繋いだままだった手を放したあたしを
不思議そうに覗き込んでいた田中君に

「てめぇ…誰だ?」
と何故か戦闘モード全開の司。

うはー。
すごい不機嫌…。
やっぱり昨日の事まだ怒ってるのかな…。

「俺?牧野の友達だよ。
 友達って言っても俺にとっては大事な女の子だから
 こんな時間に1人で帰すワケにはいかないだろ?」
と普段温厚な田中君まで司につられてか、少しケンカ腰だ。

まさか本当に喧嘩なんてしないよね?
なんてただならぬ雰囲気に思わず田中君の顔を見上げると
チッ…と舌打ちをした司が


「来いっ!帰んぞっ!」
そう言ってあたしの手を取ってズンズンと歩き出す。

「…あ。田中君っ!
 送ってくれてありがとう!よいお年をっ」
司に引っ張られながらも
空いてる手を振ると
さっきまで殴り掛かりそうな雰囲気だった田中君が
今度は何故かクスクスっと面白そうに笑って手を振っていた。





いつも応援ありがとうございます♡


★ ふに★★★様、こんな感じでいかがだったでしょうか? 
    田中君、最後に悔し紛れに司に小さな嫌がらせです(笑)★
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

委★★→ゆ★★ち様

ふに★★★様にはいつも楽しいお話を頂き
独り占めさせて頂いてるのですが
今回は妄想が止まらなくなってしまったので
勝手に大公開してしまいました…(笑)

「幼なじみ」楽しんで頂けてるようで嬉しいです♪
今回はキャラ崩壊気味のつくしパパ。
何気にお気に入りなので注目してくれてる方がいたなんて感激です(^^)

1つ屋根の下に暮らす2人ですが…
お互いの家族もいるので
その辺りの気まずさもまた面白いかと…。

私komaはムッツリすけべでございますので
堂々と純情じゃない2人は書けなくて…。
思春期男子がエロ本をベッド下に隠すみたいに
そういうお話はゴミ箱に隠しておりまーす(笑)

ふに★★★様

あぁ、よかった…。
勝手に妄想して暴走したので
怒ってらっしゃったらどうしようかと思ってたんです(^^;)

ふに★★★様のお話はいつも楽しくて
独り占めしてるのが心苦しいくらいなのです。
いつまた暴走するかわかりませんが
懲りずに妄想の種を頂けると嬉しいです♪

そして田中君…バレました(笑)?
ツンデレ彼氏では、わりとしっかり出番があっただけに
オリキャラの中では設定がしっかりしてるので使いやすいんです。
いつも爽やかにフラれててくれるし(笑)
これからも田中君が出てきたら
またフラれに出てきたんだと思って下さいませ(^皿^)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
毎日、毎日
あっついですねぇ(>_<)
 
皆さまも
体調崩されませんように…
 
ご自愛くださいませm(_ _)m
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる