三日月

学園に行けばあんたがいるのが当たり前で
嫌でも顔を合わせていたあの頃。

それがどんなに幸せだったのか
当時のあたしは考えた事さえもなかった。


『三日月』


あんたがそばにいる事を望んでなかったあの頃は
嫌でも顔を合わせて喧嘩ばかりしてたのに

そばにいたいと思うようになった今、
海を挟んで遠い異国の地にいるなんてね。


まだ大丈夫。

全然平気。

あいつだって頑張ってるんだからあたしも頑張らなきゃ。


ちょっと前までは
自分にそう言い聞かせれば踏ん張れたのに…。


静さんの結婚式で1年ぶりに会ったあいつは
何ていうか…すごくカッコよくて焦った。


『いい男になって帰って来たら
 あたしが幸せにしてやってもいいよ!』

1年であんなにいい男になるなんて反則だよ…。
あと3年したらあんたどんな風になってるの?

__その時もまだ、あたしの事好きでいてくれる?


あれから道明寺はどんどん忙しくなって
電話でさえも1ヶ月に1回あればいい方で。

声も聞けない時間が増えれば触れる程、
強くならなきゃって思えば思うほど

身動きがとれなくなっていく。


『オレとお前は運命共同体だ』


夜空を見上げて土星を探してみるけど
雲がかかっていて星なんて見えなかった。

「たぶん…あっちの方にあるんだよね」
とブランコを漕ぎながらぼんやりと考える。

見つけられない土星みたいに
自分たちの未来も見失ってる気がして
不安に押しつぶされそうになる。


寂しい。

声が聞きたい。

会いたい。

抱きしめてほしい。


ブランコを止めてポケットからだした
鳴らないケータイを見つめながらため息をついた。



「そのケータイは確かにオレ専用だけどよ。
 ケータイに言ったって通じねぇんだよ。ばーか
 そういう事はちゃんと電波に乗せて言えっつーの」
そんな言葉と共にコツンと強めに頭の上に乗せられた大きな拳。
驚いて俯いていた顔を上げるとそこには呆れ顔の道明寺が立っていて…。

「え?道明寺??うそっ…なんで?」
「こんな時間に女が1人で公園とか何考えてるっ」

「NYは?授業と仕事ビッチリで寝る時間もないって言ってたじゃない」
「こんな奇行に走る前にたまには甘える事くらい覚えろってんだ」

「いつ帰ってきたの?」
「何かあってからじゃ遅ぇんだからなっ」

「日本に来るなんて聞いてないよ」
「相変わらずムホホ地帯か、お前はっ」

全然噛み合わない会話。
あぁ…やっぱりこれって幻でも見てるのかな?


「ハァ…。ダメだ。帰って寝なきゃ」
そう言ってブランコを降りて歩き出そうとすると
「ふざけんじゃねぇぞ!なんでそうなるっ!」
と初めて会話になった事に驚いて振り返ると同時に
抱きしめられた。


「この間まで1年も会わずにいたのによ。
 1度会ったら欠乏症がやべぇんだよ…。
 これじゃ効率が下がってしょうがねぇって暴れて
 ぶっち切って帰国してきたら、お前家にいねぇし…」
大きく息を吐き出すようにため息をついた道明寺は
ゆっくりと腕をほどいた。

顔を上げてあたしを見つめる瞳と視線がぶつかれば
堪えてた涙が溢れてくる。

「1人でも平気になろうとなんてするな。
 お前みたいな意地っ張りは
 オレなしじゃ生きてけねぇくらいでちょうどいいんだよ」
親指でそっと涙を拭いながら困ったように笑う。

その親指が温かくて漸く目の前の道明寺が本物なんだと実感した。

「お前が会いたいって一言言えば
 何を置いてでも帰って来て抱きしめてやっからよ。
 頼むからこんな所で1人で泣いたりすんな。
 オレは惚れた女の我儘1つ叶えられねぇ男じゃねぇんだよ」
そう言ってオレ様な顔でニッと笑う。
「……いやいや。
 無理な時は無理って言ってくれなきゃ怖くて言えないでしょ」
そう言いながらも
こいつのその気持ちが嬉しくてクスりと笑みが浮かんだ。


手を繋いで歩きだしたあたし達を
雲の切れ間からのぞいた三日月が照らしていた。


~ fin ~



★あとがき★

「still love you」
序盤から切ないモードフルスロットルですが
皆様息出来てますか?

え?私ですか?
もちろんとっくにつまんなくなってるので
こうして妄想のお花つまみ食いしまくりなのです(笑)

ってなワケで。
リクエストより綾香さんの「三日月」から
妄想を広げてみたお話です。

この曲大好きなんですけどね~。
私の残念な妄想力では
この世界観を表現しきれず(笑)

「三日月」とタイトル付けていいのかどうか…
全然リクエストに応えられてない気もしますが
得意の開き直りで乗り切りたいと思います(笑)

「still love you」の2人も
こうやってれば自然消滅なんて事には
ならなかったと思うんですけどね~。

すれ違ってしまった2人が元サヤに戻るまでには
まだまだ時間はかかりそうですが
今以上の切なさは…ないハズ……??
(まだ書いてない部分が多くて何とも…ですが)

今の所つまんない感じですが
なんとか読み終わった頃には
面白かったと言って頂けますように…(^~^;)


koma






いつも応援ありがとうございます♡
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そうなんだよねぇ~
つくしちゃんは、我慢しすぎ、飲み込みすぎ…
JUJUは、基本女の子は、居るだけでオッケーと思ってるから、あれこれ考えて、自爆するくらいなら、淋しいとか、会いたいとか、言えば良いのにって、思う
司君も、暴走しないで、今はダメって時は、ダメで、つくしちゃんの気持ちだけは、ちゃんと聞いてあげるって、お互いそうすれば、うまく行くと思うのになぁ~
意地っ張りと、暴走俺様じゃあねぇ~
  
でも、良い酸素ボンベありがとうございますo(^-^)o
頑張って、JUJUは、待ちますよ~

悠★様

お話書きながら音楽はよく聴きます(^^)
今回はリク頂いてたので綾香さんですが
結構なんでも聞きますよ~♪

JUJU様

まぁつくしちゃんの場合、
性格もそうですし、環境がそうさせてる部分は大きいですかねぇ。
司君はどうしてもつくしちゃんが最優先だし
一歩間違えばストーカーな所もあるので暴走気味ですね(^^;)

その点「幼なじみ」の2人はそこがナチュラルなので
書いてて楽しいんですよね♡
素直にイチャラブが書けちゃうんで(☆ゝω・)b⌒☆.
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 
おサボり中でも
拍手ボタン
押して下さって
ありがとうです♡
 
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)