嘘のようなホントの話 8

車に乗る時は
大丈夫だの、1人で帰れるだのと
文句を言っていた牧野もすぐに寝息を立てていた。

オレにもたれかかってるその重みが心地いい。


『嘘のようなホントの話』   第8話



こいつのマンションに送り届けるつもりだったが
どうせ一度寝たら簡単に起きねぇし…
明日は土曜日でこいつは休みだし…問題ねぇよな?

ただ自分が離れたくねぇだけの本音に都合よく言い訳して
邸に連れて帰る事にした。


牧野を抱きかかえたままエントランスに入れば
タマが慌てて駆け寄ってくる。

記憶がなくなってから邸にこいつが来るのは初めてだ。
タマの顔にはわずかに記憶が戻った事への期待が浮かんでいる。

「悪ぃ。ただ酔って寝ちまったの連れて帰ってきただけだ」
オレの言葉に小さく落胆しながらも
「つくしの顔を見れただけでも良かったですよ。
 またちょっと痩せたかね…。明日は朝食たらふく食べさせないとね」
と優しい表情でそっと牧野の頬を撫でた。
「あぁ…。頼む」

結局ゲストルームに運ぶかどうか迷って
自分の寝室に連れて行き、ベッドにそっと寝かせた。

しばらくその寝顔を眺めてから
オレは寝室を後にした。



翌朝。

先に起きて…と言うか結局
隣でのん気に寝てられなかったオレが
リビングでメールのチェックをしていると
寝室の扉が静かに開いて、
こそこそと様子を伺うように牧野が出てきた。

「はよ。よく眠れたか?」
オレが声をかけると
「あ、道明寺?ここどこ?あたしどうしてここにいるの?」
と、当然この邸を覚えていない牧野はパニック状態だ。

「送ってる途中でお前が眠っちまって起きねぇから
 オレの邸に連れて帰ってきた。
 勝手に鍵開けてお前の部屋に入るわけにはいかねぇだろ?」
と尤もらしい理由を突き付ければ

「え?それもそう…だね。
 ごめんね。迷惑かけて…」
と手を合わせてからペコッと頭を下げた。
「気にすんな。
 とりあえず飯の準備が出来てるから食いに行くか」
そう言って立ち上がると寝室のドアの所に立ったままの
牧野の小さな手を取ってダイニングへと進む。

「わ。美味しそう~!」
ダイニングに並んだ料理を見て
ぱぁっと表情を明るくさせた牧野は2つ並べられたイスの片方に座る。

オレだけが食べる時は朝食抜きの日も珍しくねぇから
珈琲にせいぜいパンとフルーツでもあればいい方だが
今日はタマが昨日たらふく食べさせると言った通り
牧野の好みを熟知したシェフが張り切ったんだろう。
和食を中心にあいつの好きなモンが並んでいた。

あいつの隣に腰かけながら
ズラッと並んだ料理に小さくため息をつく。

そんなオレを見透かすように
「坊っちゃんもちゃんと食べて下さいましよ」
とタマから小言が飛ぶ。

そんなタマの声に反応して
「あ…お邪魔してます!
 泊めてもらった上に朝ごはんまで…スミマセン」
イスから立ち上がりタマに頭を下げる。

「いいんだよ。つくしが隣で食べてくれれば
 坊っちゃんもしっかり朝食をとってくれるからね。
 あんたさえよければまたいつでも遊びに来ておくれ」
タマは優しく答えると食べるように促した。

「道明寺って普段朝食とらない派?」
食べ始めた牧野が聞いてくる。
「あぁ。珈琲があればそれで十分だ」
「よくそれでその大きな体が動くね~。
 あたしは朝食抜きとか絶対無理。一日の活力だもん」
「オレにはその小せぇ体のどこに 
 それだけ食い物が入るのか不思議だけどな」

相変わらず何でも美味そうに食うこいつにつられて
普段なら絶対食えねぇ量の朝食を気がついたら完食していた。





いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なんか、つくしちゃんが居るだけで、幸せそうな司君が、可哀相になっちゃった(/_・)
早くつくしちゃんが、司君のこと思い出してくれると良いね(T_T)
大人っぽくなって、忘れられても優しくつくしちゃんに尽くしてる司君!
komaさん、どうなんでしょう?

悠★様

癒されて頂けました(*^^*)?

大人な態度でポイントアップ中の司君。
続きも楽しんで頂けますように♪

じゅ★★様

自分自身、記憶喪失の経験があるので
司にしては、慎重に動いてますねぇ(´▽`)

つくしはそんな司をどう見てるのか…。
応援よろしくお願いします(*^^*)

JUJU様

いつになく慎重派の司君。
大人でカッコいいんですが
やっぱここはちょっと切ないですかね~。

一応30話前後を予定してるんで
つくしちゃんの記憶が戻るかどうかは…
まだ、もうちょっと先…かな(´-ε-`;)?
でも司君もいつまでも大人しくはしてませんよ♪
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる