Stay with me   episode 0

★注意!ただただ暗いです!
  お読みになる時はその辺り、覚悟してから読んでください★





「もし あんたを好きだったら
 こんな風に出て行かない……さよなら」

あの時、傘もささずに離れて行くお前に
足が地面に張り付いたみたいに動けなかった…。


『Stay with me』   ~episode 0~



お前に出会う前は誰もそばにいなくてもいいと思ってた。
特に女なんてギャーギャーうるせぇだけで
少し触れられるだけでも虫唾が走った。

お前が初めてだったんだよ。
そばにいてほしいなんて思った奴は…。

お前と一緒にいれるなら
道明寺家なんてマジでどうでもよかった。

貧乏でも何でもお前がそばにいるならそれでよかった。

なのに。
お前はそうじゃなかったのか?



__違うな。

オレがお前の涙に気付かないとでも思ってんのかよ。

オレをわざと怒らせようとしたんだろ?
好きだけど出て行くなんて言ったら傷つくと思ったんだろ?

お前、嘘つくの下手すぎんだよ。
どうせつくならもっとマシな演技しろよ。

あんなので怒れるわけねぇだろ。
あんなので…憎めるわけねぇだろ。

バカじゃねぇの?
ナメてんじゃねぇよ…。


オレと離れるのがお前にとっても本心じゃねぇ事くらいわかってる。

ただ…オレが不甲斐ねぇだけだ。
あいつを守る力がねぇ…ただそれだけ。

何が道明寺財閥の御曹司だ。
何がF4だ…。

好きな女1人守れねぇ、クソ野郎じゃねぇか…。



「……坊っちゃん」
聞こえた声に視線をやればそこにはタマが立っていた。

「とりあえず中にお入りになって下さいな。
 そんな所でいつまで雨に打たれてるつもりです」
そう言ってしわしわの手でオレの手を取り、邸へとゆっくり歩き出す。

「いつまで…降るんだろうな、この雨は」
独り言のように呟いた言葉に
「どんな雨だっていつかは止みます。
 あの子にも風邪をひかないよう、傘を渡しておきましたよ」
タマはポツリと返す。

その言葉に
じゃあ、今はもう雨に打たれてねぇのか…と少し安心するオレがいる。

あんな別れ方したのに…
やっぱりオレはお前が好きだ。

嫌いになんてなれねぇよ。


お前はやっと見つけたオレの居場所だったんだ。


~ to be continue …? ~



★補足★

雨の別れ分岐です。

ちょっと短いですが
まぁ、そこは〈episode 0〉なので。

しかし、まぁ…
重い…重すぎる…。

坊っちゃん…昏いよぉぉぉ(´д`;)

ここからハピエン目指すの大変そうだなぁ…。



いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる