I miss… 3

同じことが3日続けば
その次の日にも同じ事が起きるのは
もはや当然の出来事のようにすら感じて

「よぅ」
気軽に声をかけて、牧野の隣に腰を落とすオレ。


『I miss…』   第3話



「そう言えば類たちは元気にしてんのか?」
オレが言うと
「やっぱり連絡取ってないんだ?」
と首をかしげる。

「…最近はな。
 電話しても、早く思い出せって
 バカの1つ覚えみてぇに言いやがって…うぜぇ」
小さく舌打ちをしながら答えると
「またそんな事言って…。
 あんなにあんたの事思ってくれる人たちいないんだからね?」
と困ったように言う。

「…でもお前は言わねぇよな。オレに思い出せって」
オレの欠けた記憶を知ってると言う奴は
揃いも揃ってほぼ全員が“思い出せ”と
オレに言ってくるくせにこいつからは1度も言われてねぇ。

「う~ん…そうだねぇ。
 昨日あんたが思い出したいって
 思ってるの聞いといて何だけどさ。
 あたしは……思い出さなくてもいいと思ってるからかな?」
そう言って小さく笑う。

記憶を失ってから、そんな事を言った奴はいなかった。

「あんたは記憶を取り戻さなきゃ、
 記憶を失う前の世界に行けないと思ってるみたいだけどさ、
 行きたい世界がわかってれば記憶なんてなくてもいいんだよ。
 今のあんただって、ちゃんと
 暴力や権力だけじゃ幸せになれないってわかってるじゃん。大丈夫だよ」
そういう牧野はどこか遠くを見ている気がした。

思い出さなくてもいいと言うより、
むしろ思い出すなと言ってるようで…。

…お前はどうしてそう思う?

そう聞こうとした時、


「やめろっ!放せよっ!!」
後ろの方でそんな声が聞こえて振り返れば
オレのSPが男を取り押さえていた。

その男を見たオレはSPの元に近寄る。

「…知り合いだ。放せ」
オレが睨みつけるとSPは手を放して、
「大変失礼致しました」
と男に深々と頭を下げて謝罪した。

「いや。もういいよ」
そう言ってにこやかに笑うこいつはアレックス。
NYに住んでるオレのダチだった。

「悪かったな…」
オレからも一言謝ると
「ハハッ。いいって。司の立場を考えれば仕方ない。
 ボクも司を見つけて思わず走り寄ってしまったから。
 道明寺家のSPがそれだけ優秀って事だろ?羨ましいよ」
とケラケラと笑う。

「それにしても、司が公園にいるなんて珍しいな。
 さっき邸に行ったらタマさんがこっちだって言うから驚いたよ。
 最近は毎日来てるらしいな?散歩する趣味なんかあったのか?」
と笑うアレックス。

「あ?別に趣味じゃねぇけどよ。
 ちょっと日本での知り合いがこっちに来ててな…」
そう言ってアレックスに牧野を紹介しようと振り向くと
そこに牧野の姿はなくて。

「知り合い?誰かと一緒だったのか?」
と空のベンチを見てアレックスも首をかしげる。

「あぁ…。ちっこくて生意気な女。
 …クソッ!勝手に帰りやがって…」
舌打ちをするオレに
「司が女の子と?ますます意外だな!
 そのシャイな女の子、ぜひ紹介して欲しかったな」
クスクスと笑うアレックス。

その後、牧野も帰っちまったんじゃしょうがねぇと
その日はアレックスと邸に戻る事にした。






いつも応援ありがとうございます♡

★本日と明日の12時に「Blunt」の番外編を
  前後編でお届けします。よろしければそちらも覗いて下さい★
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おお!
なんか不思議な展開になってきましたね~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

JUJUが、記憶戻らなくても、坊ちゃんがつくしちゃんを大事な存在と分かるなら、それでも良いじゃんと思うのと、つくしちゃんが、無理に記憶戻らなくても良いよと思うのは、やっぱり違うんだろうなぁ~
大好きな人が、自分のこと忘れちゃったら、やっぱり悲しいし、思い出してほしいよね、ホントは…

チビ★★★マ様

今回もお付き合い頂きありがとうございます(*^^*)

何だか腹にイチモツを抱えた感ありますよね…。
ハピエンは間違いないのですが
それはまだもう少し先になりそうです(*ノω<*)

悠★様

ふふ♪
確かに記憶喪失の司より先に
アレックスがつくしに惚れちゃったらマズいですね(笑)
そういう意味でも会わなくて良かったかも(^_^;)

子★★★マ様

この腹にイチモツを抱えた感じ…。
こういう時のつくしは
まずロクなことを考えてないですね~(^_^;)

JUJU様

そうですね。
JUJU様とつくしとでは違う所に理由があります。
その辺りが今回のお話の核でもあるんですが
つくし的には思い出して欲しい気持ちもありながら
思い出されても困るって感じかもしれません…なんて(´-ε-`;)

はちみつ様

ぎゃーっ!
お名前を太字にするつもりがミスってました💦

後から編集出来ないので
順番が入れ替わっちゃいますがお許し下さい(>_<)


はい。
何だかつくしが不穏な動きを見せ始めました。
さて。ここからどう動くのか…お付き合い頂けると嬉しいです(*^^*)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる