DROP

あんたの隣はとても居心地がいい。

そんな風に思うようになったのは
いつの頃からなんだろうね。


『DROP』   ~つくし 短編~


出会ったあの頃は
あんたの顔見るだけで最悪の気分だった。

ガキっぽくて、バカなとこがほんとに嫌いで。
つまらない嫌がらせを毎日のようにされて
あんたにイライラしない日なんてなかったんじゃなかろうか。

そんな昔を思い出して、クスクス笑い出すと
「…なんだよ?」
と隣でタブレットを見ていた司が
あたしの髪を撫でながら首をかしげる。

「ううん。別に…」
それがこうやってあんたと結婚なんてしちゃって
たまの休日に何をするでもなく隣に座ってる時間が
甘くて優しくてすぐったいなんて思うようになるなんてね。

あの頃のあたしに言ったら泡ふいて倒れるんじゃない?

はぐらかしながらもクスクスと笑い続けるあたしに
タブレット置いて体重をかけてくる。

「お~も~いぃ…」
「何笑ってんだよ。言え」
言葉は怒ってるようでもその口元はカーブを描いていて
こいつはこいつでこの状況を楽しんでるようだ。

「あんたと出会った頃の事思い出してたの。
 あの頃は、まさかあんたと結婚する事になるなんて
 たとえ神様だって予想できなかったんじゃないかなって」
あたしの言葉にこいつは眉をしかめる。

「当たり前だろうが。オレの人生はオレが決めるんだ。
 何が神様だよ。そんな得体の知れねぇモンに
 オレ様の人生の予想なんて出来るわけねぇだろ」
「はいはい、そうでした。
 あんたは神様より偉いオレ様だったね」
ケラケラ笑いながら答えたあたしに

「…それとも何か?オレと結婚して後悔でもしてんのかよ」
そんな言葉に見上げてみれば
こいつは拗ねたような顔してあたしを見つめていた。

「んー…確かにあんたといると何かと大変だし?
 高校生のあたしが思い描いてたような
 結婚生活とはずいぶんかけ離れちゃってるよねぇ…」
英徳に通っていたあたしが夢見てたのは
ママの望んだような玉の輿なんかじゃなくて、
普通の男と普通に恋愛して、結婚して。
どこにでもあるようなささやかな生活を送る事だった。

それがこいつと出会った事でこんなに変わるなんてねぇ…。

色々あったよね、ホント。

赤札貼られて、全校生徒と戦うハメになったかと思えば
どこをどう気に入られたんだか、こいつに追いかけまわされて。

でもそれがなかったら今みたいに、
F3に桜子に滋さんや他のみんなと友達になったり
椿お姉さんやタマさんとも話す事なんてきっとなかった。

あ…。そうそう
お義母様とあんなに喧嘩する事も絶対になかったよね。
まさかクソババァだの溝鼠だの罵り合ったあたし達が嫁姑になるなんて。
今じゃお互い昔の事はなかったみたいに仲良くしてるし。

人生何が起こるかわかったもんじゃない。

「…い!おいって!!」
「へっ!?」
すっかり自分の世界に浸ってしまって
ハッと気が付けば、眉間にしわを寄せた司の顔が目の前にあった。

でもその顔はすぐにその図体には似合わない
捨てられた子犬みたいな顔に変わって
「……マジで後悔してんのかよ」
なんて呟きながらあたしを抱きしめてくる。

「それでもお前はオレのだ。
 お前がどこに逃げようが絶対捕まえるし
 他の男にキョトキョトしてたらどんな手使ってでも奪い返すぞ」
こんな脅しみたいな口説き文句を
嬉しいと思うほどあんたの事好きになるなんてね。

「…誰が後悔してるなんて言ったのよ。
 そりゃ思い描いてたような結婚生活じゃないけどさ。
 大変な事が多くても、あんたといたいんだから仕方ないじゃない。
 あたしがあんたの物だって言うなら
 あんただってあたしの物なんだからね?
 そっちこそキョトキョトしてたらブッ飛ばすんだから」
あたしの言葉にしばらくポカンとしていたこいつは
いつものオレ様で自信に満ち溢れた顔になる。

「ぬかせよ。オレがいつキョトキョトしたんだっつーの」
嬉しそうに笑ったこいつは、あたしに優しくキスをした。

「…甘ぇな。何か食ってんのか?」
予想してなかった突然の甘さに うげ。と眉をしかめる司。
「あぁ、うん。キャンディだよ。司も食べる?」
そう言ってキャンディの入った瓶を指さす。

「いらねぇ」
「だよね」
予想通りの答えにまたクスクス笑う。

大嫌いだったガキっぽくてバカな所も。
顔を見るだけで最悪だと思ってたあんたと過ごすこの時間も。

口の中で転がすキャンディみたいに
甘く、優しく、溶けてく感じがたまらなく好き。

そんな毎日がずっと続いて
あんたと手を繋いで末永く歩いて行けたら…。

それが今のあたしが思い描く理想の結婚生活なんだよね。



~ fin ~




★あとがき★

お待たせしました!(え?待ってない?笑)
More than love」のリベンジ、甘~い新婚編です。

キャラ別リクエストから
「つかつく新婚」
「ラブラブなつかつく」など多くのリクもあって

この短編はとにかく甘いの!って事で

大塚愛ちゃんの「drop.」という曲をひたすら聴きながら
ほぼまんまな感じで書かせて頂いたので
タイトルもそのまま「DROP」にしました。
キャンディみたいに甘くて優しくて…
そこに落ちていく…って感じですかね?

つかつくのイメージとはちょっと違うんですが
とにかく可愛い感じでハッピーな曲だったので
無理やり寄せてみました(^^;)

喧嘩させないように、コメディにしないように
頭の中にピンク色を散りばめて書きましたよ~(笑)

ここまでただただ甘いのは初…かも??
オチも何もないのはちょっとドキドキですが
楽しんで頂けていれば幸いです(*^-^*)


「花男祭り」お次は司。
13時31分にまたお会いしましょう♪


管理人 koma




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
毎日、毎日
あっついですねぇ(>_<)
 
皆さまも
体調崩されませんように…
 
ご自愛くださいませm(_ _)m
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる