Blunt 19

バイトを休んで今日で3日目。
いい加減体調不良の言い訳は通じない。

明日はさすがに出なきゃいけない…かなぁ。


『Blunt』   第19話


今日も休ませてくれと言ったついでに
いっそクビにしてくれてもいいと言ったあたしに主任は
「いつも無理聞いてもらってるんだから気にしなくていいのよ。
 それに専務の執務室担当がこんなに続いたのも
 牧野ちゃんが初めてだもの。クビになんかできないわ」
と笑いながら答えてくれたけど…。

その専務の執務室担当を辞めたいって言ったらどうするんだろう。
時間が開けば開くほど行きづらくなるのはわかってるんだけど
今はまだ専務に会うのが怖い。

出会った時と同じような冷たい瞳してたな…。

そう言えば、USBって見つかったのかな。
3日後って言ってたから会議、今日だったんだよね。

…まだ見つかってなかったら
あたしが盗ったって思ってる…よね。

「はぁぁぁぁ…」

その時インターホンが鳴って、
ぼーっとした頭のままドアを開けたあたしの目の前には
視界がそれでいっぱいになるほど大きなバラの花束。

「……?」
とりあえずバラしか見えなくてきょとんとしていると
花束の向こうから

「…悪かった」
と聞きなれた声がする。

花束を避けるように覗き込んでみれば
そこに立ってたのはやっぱり専務で。

「……何、やってるんですか?」
あまりに唐突すぎて意味が解らない。
「何って…。謝ってんだろ。
 USB…お前じゃなかった。疑って悪かったよ…許してくれ」
と、バツが悪そうに言う専務。
どうやらあたしへの疑いは晴れていて
それを謝りにきた…らしい事はわかったけど。

「…で、このバラは?」
大きな花束指さして聞いてみると
「あ?女は花が好きなんだろ?
 …もしかして違うのか?くそっ…あいつらっ…」
チッと小さく舌打ちをする専務。

あいつら…ってたぶんあの3人だよね。

よくわからないけど、じゃあこの花束はお詫びの印って事?
「これ…あたしに?」
そう聞いてみるとコクッと頷いて花束を差し出してくるので
「あ、ありがとうございます…。
 あ、でもどうしよ。こんなにたくさん入る花瓶がない」
持つのがやっとなほど大きな花束を
受け取りながら辺りをキョロキョロしていると

「……じゃあ飾れるだけ飾って
 残りはオレの執務室に置いておくからお前が世話しろ」
「執務室…ですか?」
意外な提案にきょとんとすると
「…まさかこのまま辞める気じゃねぇよな?
 いや、違う…そうじゃなくて…オレが嫌なんだよ。
 辞めないでくれ……毎日オレに珈琲入れてくれよ」
「……」
「ダメか?もう許せねぇか?」

…何かそれってプロポーズみたいじゃない?
ほら。バラの花束持って、毎日味噌汁作ってくれ。
みたいな?

そう思うと
専務がそういう意味で言ってるんじゃないってわかってても
なんだか笑いがこみ上げてきて

「…専務があたしを信用してくれるなら、続けます」
クスクス笑いながら答えてしまった。
「あぁ。2度とお前を疑ったりしねぇ。
 誰かが疑ってもオレはお前を信じる
 なぁ…許してくれるのか?」
不安そうに念を押す専務にもう一度頷けば

「…よし。ここに飾る分、抜き取れ」
そう言われて、数本だけ抜き取って、花瓶に飾る。
ただアパートの部屋には似合わないな、と苦笑いしてしまった。

「出来たか?」
後ろから声をかけてきた専務に頷くと
あたしの手を取ってアパートの階段を下りて行く専務。
そのまま、車に乗せられて静かに走り出した。

「……え?どこに行くんですか?」
意味がわからなくてキョロキョロしてると
「オレのマンション」
と当たり前のように答える専務。
「へ?どうしてですか?」
「珈琲入れてくれよ」
「は?」
「今日の分、飲んでねぇ。
 つーか、もう3日も飲んでねぇよ」
拗ねた顔してそんな事を言う専務に
笑いがこみ上げてきてケラケラ笑いながら
「はいはい、わかりました」
そう答えていた。





いつも応援ありがとうございます♡

★どうせならプロポーズしちゃえばよかったのに(笑)★
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

坊っちゃん!
いい作戦じゃないですか!
飾れるだけ飾って残りはオレの執務室にって・・・。
思わず、それイイネ!って言っちゃいましたよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はちみつ様

この鈍い坊っちゃんが
どこまで計算していたかは謎ですが(笑)

今のところ、唯一の接点ですから
つくしに辞められないよう必死ですね( *´艸`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ka★★★様

私もあのシーン、好きです。
書きながら思い浮かべてたので伝わって嬉しいです(*^^*)
私はどこかなぁ…。
なんだかんだでわりとずっと司派だった気がするのですが
その辺りから雪山だったり順平に殴られたりと
司がヒーローだったのは間違いないですね♪
ただ、NY編と記憶喪失で海ちゃんが出てきた頃はの時は
ではもう類とくっついちまえ!と思ってました(笑)

気持ちを自覚したので
ここまでのようなイライラする感じははもうないですかね。
残りは私の好きなラブコメゾーンです(笑)

悠★様

こちらこそいつもお邪魔しても
読み逃げばかりで失礼してますのに
コメント頂いてありがとうございます(*^^*)

更新されてないかマメに覗かせて頂いてます(*/∀\*)テレルー

ほんとにね。
一気に告白しちゃえばいいのに
やっぱり今回の坊っちゃんは
どこかいまひとつ攻撃力に欠けます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

よしよし、とりあえず、ちゃんと謝ったね
なにげに、自分のマンションに連れ込むあたりが、坊ちゃんらしい
素直について行くつくしちゃんも、大変よろしい
頼むよ坊ちゃん、後は大事大事、何よりも大事にしてよ⬅あれ?もう許しちゃってるよ私
ラブラブへの展開、楽しみにしてま~す

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


みる★★★様

自分の気持ちにも勘違いにも気付いたら
あとはつくしに一直線です。

バラねぇ…私は個人的にもらっても
お世話下手なので困りますが
やっぱり司にはバラの花束が似合いすぎるので(*''∀''*)
難しい事は考えません(笑)

JUJU様

ちゃんと謝罪させましたよーん(^_^)
許してもらったらそのまま帰るなんてしませんよね(笑)

ふふ♪つくしちゃんが許しちゃいましたからね。
ラブラブに向けて進んでいきたいと思います(*^^*)

子★★★マ様

季節に合ったお花も考えたんですけどねぇ…
ただ単純に司にバラの花束持たせたかったんです(笑)
アパートの分はつくしちゃんに頑張ってもらわなきゃですが
執務室の分は西田さんがなんとか…してくれるハズ(笑)

続きも楽しんで頂けると嬉しいです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

悠★様

お返事遅くなりました(汗)

いつもの司ならきっと連れ込んで離さないんでしょうけどね~。
今回わりと腑抜けですから(笑)
でもここから最後までは結構振り回される…かな??

リンクありがとうございます(*^^*)
喜んで貼らせて頂きますね♪
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる