夢の続き 15

「あれっ?マッキーいないの?」

玄関のドアを開けたまま段ボールを見ていた
オレたちに女が後ろから声をかけてきた。


『夢の続き』   第15話


「って、なんだ類君じゃん。久しぶりね」
とこの女は類の事を知ってるようだった。
「うん。久しぶり。
 牧野いないみたい。どこ行ったか知ってる?」
声に振り向いた類も気安げに返事をする。

「類、誰だ。こいつ」
オレが言うと
「あぁ、司は会うの初めて?
 牧野の弁護士事務所の先輩だよ。このマンションに住んでんの」
類の言葉にペコッと頭を下げた女は類の方に視線を戻して

「マッキーの行先は知らないなぁ。
 私もいると思って、引っ越しちゃう前にこの本返しに来たわけだし」
そう言って首をかしげている。

「…やっぱりこれ。牧野引っ越しするつもりなんだ?」
「うん。なんか少し前から部屋を探してて
 昨日いい部屋が見つかったって言ってたからね…。
 ここ、一応事務所の寮なんだし引っ越しする必要なんてないのにさー」
そう言って牧野が引っ越しをしようとしてた事を話す女。

引っ越す必要のない部屋をわざわざ引っ越そうとしてる?
…オレにも黙ってか?

やっぱりオレの知らねぇところで何かあったのか?
お前はまたオレから逃げるつもりだったのか?

そんなにオレは頼りねぇのかよ……。

オレがそんな事を考えてる間に
この女は類が返しとくと言ったのもあって本を預けて帰って行った。

一応あいつのケータイにかけてみるが
あいつはやっぱり出なくて、心臓が嫌な音を立てる。

その本を段ボールの上に置いた類は
「そう言えば…アレ使えるかも」
そう呟いておもむろにケータイを取り出す。

「で?このまま帰ってくるの待つ?それとも追いかける?」
なんて事を言ってくる。

「……お前、行先知ってんのか?」
類は首をふるふると振って
「前にさ、牧野がお前にもう会わないなんて言ってたから
 なんかすごく嫌な予感がして
 念のために牧野のケータイ借りるフリしてこっそり
 GPSで追跡できるアプリおとしといたんだけどさ。
結局使わなかったから忘れてた。
 今んとこ向こうの電源も落ちてないからセーフだよ」
とケータイを見せて爽やかな顔でニコっと笑う。

「…っつーかそれ犯罪」
…じゃねぇのかよ、と続けようとした言葉は
「じゃあ、これ使わないね?帰ってくるのこのまま待つんだ?」
そう言ってポケットにケータイをしまう仕草に遮られる。

「…あ~!クソッ!…使うに決まってんだろ!」
「じゃあ共犯って事で。あとで一緒に謝ってね?」
「~~っ!!」
覚えてろよ!その言葉も何とか飲み込んで

「……で?今どこにいんだよ」
ため息をつきながら聞くと
「ん~…。あ、マップ出たよ……ってここ?」

類が少し驚いた顔をしたのを見て、覗き込んだ画面には
見慣れた東京のマップ。
あいつのケータイの位置を示すマークは

道明寺HD日本支社をさしていた。

「あ?あいつオレん所にいんのか?」
「……お前がここにいるんだから
 牧野はお袋さんと会ってるって事だよね」

……やっぱり動いてやがったのか、あのババァ。
それも知らずに浮かれていた自分に腹が立つ。

今度はどんな汚ぇ手使ってあいつを脅してんのか知らねぇけどよ。
オレはあいつだけは失えねぇんだ。

今度こそ絶対に守ってみせる。

「とにかく行ってみよう、司」
類がポンと肩を叩いて部屋を出るのに続いて
あいつの元へ急いだ。




「まさか、通してもらえるなんて思わなかった…」
心臓が口から飛び出すんじゃないかと思うほど
バクバク言っている。

道明寺のお母さんに会うために
門前払い覚悟であいつの会社にやってきた。

だけど受付で嫌な顔を一瞬されただけで
一応取り次いでくれた綺麗なお姉さんは

「大変失礼いたしました。牧野様、ご案内します」
そう言って通してくれたのは豪華な応接室らしき部屋。

「社長は現在、手が離せない状態でして
 申し訳ございませんが30分ほどお待ち頂けますでしょうか?」
そう言って頭を下げる秘書の方。

「い、いえ!アポもなしに来たのはこちらですから!
 急ぎませんので、社長の手が空いた時で結構です」
「ありがとうございます。それでは…」


もう逃げない。そう決めたんだったら
やっぱりここは避けて通れない。

まぁ、そりゃ…
すぐに認めてもらえるなんて考えていないけど。

あたしはあたしらしく
あの人に宣戦布告するんだ。

「よしっ!」
緊張に震える体に
気合いを入れるために頬を両手でパンと叩く。

その時、ドアがゆっくり開いた。

「お待たせしてしまったわね」
あの頃と変わらない思わず息を飲むような
ピリッとした空気を纏いながら道明寺のお母さんが入って来た。





いつも応援ありがとうございます♡


独り言にて、アンケート投票実施中。お時間があればご協力お願いします→「独り言。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
つかつく♥コラボ
ガチリレー!!
 
最後までお付き合い頂き
ありがとうございました!
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる