夢の続き 3

「…どうした?」
「え…ううん。なんでもない…」

部屋の前まで来た牧野は
急に緊張したように体を固くする。


『夢の続き』   第3話


なんだ、こいつ…。
酔っぱらってたんじゃねぇのかよ。

別にそんなつもりじゃなかったが
こんな顔されちゃ、オレだってもつかどうかわかんねぇ。

「……やめるなら今だぞ?
 車用意するか?それとも他に部屋取るか?」
オレの言葉に俯いてた顔を上げたこいつは
「ううん…やめない」
そうまっすぐオレを見つめて言いやがる。


こいつのタチの悪さは相変わらずだ。
どうせ何も解っちゃいねぇくせに
こうやって無意識に爆弾を放り投げてきやがる。


部屋に入るとそのドアが閉まり切らないうちから
こいつの頬を包み込んでキスしていた。

ダメだと思いながらも
徐々に深くなるそれを止められなくて。
控えめにオレのジャケットを掴むこいつの反応が可愛くて…。

たまらなくなって
抱き上げてベッドルームに向かう。

こいつをベッドに降ろすと
そのままこいつの上に覆いかぶさった。

見下ろしたこいつは
真っ赤な顔して瞳だって潤んでて…。
顔を近づけるとギュッとその瞳を閉じて…すげぇ可愛い。

オレはこいつの額に近づいて小さくキスを落とす。


そして……。



体の熱を逃がすように大きく息を吐く。
「…やめた。」

「へっ…?」
牧野はギュッと閉じていた瞳をパチクリさせてやがる。

「そんなつもりで部屋に誘ったわけじゃねぇよ…」
そう言って抱きしめてしまいたい衝動をごまかすように
こいつの額をピンと弾く。

これ以上近くにいたら我慢がきかなくなりそうで
ベッドから降りるとこいつは

「あたし…やっぱり魅力なかった…?」
と消えそうな声で呟く。

……お前はマジでタチが悪ぃ。
どんだけオレが我慢してるかわかってんのか。

あいつのそばに腰かけて
小さな鼻を強めにつまんでやる。

「ふざけんなっ。そんなわけねぇだろっ!
 いいか?勘違いすんじゃねぇぞ?
 オレが欲しいのはお前全部だ。
 こんな風に体だけ手に入れたって意味ねぇんだよ。
 お前を抱くのは心も手に入れてからにしようと思っただけだ」

「わかったか!?」
オレが言うと、真っ赤な顔のままコクっと小さく頷いた牧野。

鼻をつまんでいた手を離して立ち上がると

「ねぇ、ど…」
起き上がりながら何か言いかけたこいつ
「まだ何かあんのか?」
正直、マジで余裕がなくてこいつの言葉を遮るように返す。
「……ど、どこ行くの?…かなって」
気まずそうに言う。

「シャワー。
 水でも浴びねぇと、治まりそうにねぇからな」
「ごめんね…?あ、ありがとう」
「言っとくが半端な気持ちじゃ
 あそこまでやっておいてやめられねぇんだからな?
 謝るくらいならさっさとオレに惚れやがれ。わかったな?」





いつも応援ありがとうございます♡

★まさかの?いや安定の?生転がし…いや、今回は坊っちゃんが勝手に転がっただけ…(笑)?★
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コ★★ン様

今回は坊っちゃんが勝手に転がっただけ…
そんな感じもしますが、
生転がしファンのために、とりあえず転がしておきました(笑)

そしてご質問の件ですが、
ズバッと答えていいものかどうか迷いますが、
もう確信得てるっぽいので言っちゃいますね?

はい、その通りでございます♪
気付いちゃう方もいらっしゃるだろうとは思ってましたが
さすがっ♪するどいです(*^^*)

そこにどんな経緯があるのか。
そのあたりもおいおい明らかになっていきますので
お付き合い頂けると嬉しいです。
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
毎日、毎日
あっついですねぇ(>_<)
 
皆さまも
体調崩されませんように…
 
ご自愛くださいませm(_ _)m
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる