私を嫌いになって 2

「アイツなしでは生きていけない…」
これはオレにとっては揺るぎない事実だ。

でもアイツはオレがいない所でだって
幸せになれるヤツなんだろうな…。

「私を嫌いになって」 第2話

いつからだったか。きっかけは何だったか…。
今となっては思い出せない。
何が不満なのかはわかんねぇが
アイツがやたらとオレに突っかかってくるようになった。

売り言葉に買い言葉…
アイツもアイツだが、オレもひでぇ言葉をアイツに投げつけていた。
その度に下唇をギュッと噛むアイツの顔がこびりついて離れねぇ。
何度謝らなければと思ったかわからねぇが
そもそもアイツが何に対して怒ってんのかすらわかんねぇのに
どう謝ったらいいのか何をすればいいのか途方に暮れた。

そんな罵り合いを続けるようになって半年。
ただオレにわかった事は
アイツが望んでいるのはオレとの「別れ」
アイツがもうオレの事を愛していないって事だ。

…好きな奴でも出来たのか?
それを調べようと思えば簡単だったが
事実を知るのが怖くて調べる事は出来なかった。

アイツとオレの間に汚ねぇ言葉が飛ぶようになって1年。
オレはアイツをこれ以上傷つけたくなくて別れを告げた。
オレがアイツの為に出来る事はもうそれしかなかった。

「別れよう…」
そう言った時、アイツの顔は
涙こそ出ていないが泣いてるようにも見えた。

その見えない涙はやっと別れられると思ってホッとしたからなのか。
それともほんの少しでも俺と別れたくねぇって気持ちがあったのか…。

後者であってほしいと思うのはオレのただの願望なんだろうな。

「お前なしでは生きていけない」
お前は何度となく言ったこの言葉を覚えているか?

オレの気持ちはあの頃と少しも違っていない。
そう言ったらお前をまた困らせるんだろうな…。

朝は容赦なくオレの布団をはぎ取って「起きろ!この寝ぼすけ!」
と、でけぇお前の声に大あくび。
昼は俺が電話をかけても「ちゃんと仕事してるの?忙しいから切るよ!」
と、愛想のない声に苦笑い。
夜は遅くに帰っても「おかえりなさい。お疲れ様でした」と笑うお前の声に
オレしか知らねぇベッドの上のカワイイ声。

毎日毎日、朝も昼も夜も。
オレの耳に、心に響くお前の声。

オレの毎日の音はお前の声で溢れてたんだな。
お前がいないと静かすぎてつまんねぇよ…。


やっぱりオレはお前がいい。
お前以外は考えられねぇ。

言っただろ。地獄の果てまでだって追いかけるって。
お前の気持ちなんか関係ねぇよ。
俺がお前といたいんだ。これ以上重要な事なんかあるか?

…ねえよな?

オレ様としたことが
ずいぶんと腑抜けになってたようだ。
こんな単純な事に気付くのにこんなに時間がかかっちまった。


オレはしつこいんだ。
お前が嫌だって言おうがどうしようが
欲しいもんは何だって力ずくでも奪い取ってやる。

覚悟しやがれ。
オレはお前を絶対捕まえる。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★★り様

はじめまして。コメントありがとうございます。
妄想にお付き合い頂けて嬉しいです(^^)

ゆる~い感じのお話ばかりになりそうですが
少しでも楽しんで頂ければ幸いです。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
毎日、毎日
あっついですねぇ(>_<)
 
皆さまも
体調崩されませんように…
 
ご自愛くださいませm(_ _)m
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる