Blunt 1

「牧野さん。今日から別の所を頼みたいのよ」
「へ?別にいいですけど、どこまわればいいですか?」

そんな何気ない会話の数十分後。
主任のこの頼みを断っておけば良かったと
激しく後悔するなんてこの時のあたしは知る由もなかった。


『Blunt』   第1話


ビル清掃のバイトを始めて半年になる。
前は違うビルに派遣されていたけど人手不足だとかで
先週からこの道明寺HD日本支社の清掃員として入るようになった。


そんなある日、主任が焦った様子で
出勤したばかりのあたしに他の所を掃除して欲しいと言いだす。

「へ?別にいいですけど、どこまわればいいですか?」
気軽に答えたあたしに先輩は青い顔をしながら

「牧野ちゃん、掃除の手際がいいから
 専務の執務室をお願いしようと思ってるの…ダメかな?」
とボソッと申し訳なさそうにそして消えそうな声で言う。

まだまだ下っ端のあたしは
トイレだったり、階段だったり、小さな会議室だったりと
簡単な所だけを掃除するのが担当だった。

それがいきなり専務の執務室…?

「へ?あたしで大丈夫なんですか?」
首をかしげるあたしに
「いいのいいの!牧野さん清掃スタッフ歴は長いし
 勤務態度も真面目だし!じゃあ今日からお願いね。これマニュアル」
「はーい。頑張ります」
専務の執務室を担当するなら時給も上がると聞いて
上機嫌でマニュアルを読むあたしに

「くれぐれも牧野ちゃんは辞めないでね…?」
と主任は涙目になってあたしを抱きしめてくる主任に
そんなに人手不足が深刻なのか、と少し心配になった。




「時給まであげてもらって辞めるワケないじゃん…」
掃除の準備をして、意気揚々と専務の執務室のフロアに向かう。

エレベーターを降りて、
まず秘書課に行けと言われていたあたしは
部屋を探してキョロキョロしていると声が聞こえてきた。

このフロアには執務室と秘書課の他には
大きな会議室と応接室があるくらいで
普段は専務とその秘書くらいしかいない聞いていたあたしは
声のする方がそうだと歩き出す。

「専務…っ。あの…コレ、良かったら受け取って下さい」
「……」

だけど、どうやらお取込み中みたいで
思わず柱の陰に隠れてしまったあたし。

うはー…。タイミング悪…。
そう思いながらもチラッとその声の方を覗いてみると
綺麗な女の人と……もっと綺麗な顔した男の人。

そう言えば先輩が
専務は道明寺財閥の御曹司でイケメンだって騒いでたっけ…。
うんうん。確かにイケメンだわ。
お金持ちであの顔ならそりゃモテるわよね~…。

なんて思っていた次の瞬間。

「…何のつもりだ?」
と地を這うような低い声が聞こえる。

「なんの…って、その…。
 ずっと好きだったんです!気持ちだけでも伝えたくって…」
「そんな事はどうでもいい。
 てめぇは何しにここに来てんだって聞いてんだよ。
 そんな浮ついた気持ちで秘書なんかやられたら迷惑だ。
 明日から来なくていい。…失せろ」
告白しただけで何もそこまで…とは思いつつ、
その凍り付きそうな雰囲気に固まっていると

「うっ…。失礼しますっ!」
泣きながらその綺麗な女の人が
柱に隠れたあたしの横を走って行ってしまった。

「…で?てめぇは何してやがんだ?
 盗み聞きとはいい度胸してんじゃねぇか」
気が付くと、その声の主はすぐ横に立っていて…。

「はは…。今日からこのフロアの担当になりました清掃員です…」
と一応愛想笑いを浮かべてみたけれど…。
専務の表情は1ミリも崩れない…。

その後、専務室に連れていかれて説明を受ける。

「…牧野つくしだな」
そう言ってファイルを出してくると
あたしが通う大学だったり、家族構成だったり、
あたしの個人情報をさらさらと読み上げるこいつ。
「え…なんでそんな事…」
「最初に言っておくが、オレは誰も信用してない。
 この部屋に入る以上は、たとえ清掃スタッフでも調べるのは当然だ」
そう言った専務の瞳はどこまでも冷たく見えた。

「そっちの部屋は仮眠室だから掃除はいい。入るな」
と奥の扉を指さす。
「あとは…まぁ掃除くらい説明しなくてもバカでも出来るか。
 あ、くれぐれもオレの仕事の邪魔だけはするなよ?」
そう言って書類に目を通し始めた専務。

主任が辞めないでって言ってた意味が漸くわかった。
イケメンだか、御曹司だか知らないけど
中身がコレじゃ、時給が上がっても辞めたくなるわ…。

もしかして人手不足になってるのって
ここの担当になった人が次々辞めていくからなんじゃ…。

あたし…もしかしてとんでもない事引き受けちゃった…?
激しく後悔しても、時すでに遅し。

はぁぁ…とため息をついたのを聞いて何を勘違いしたのか

「お前までオレに惚れたとか、ふざけた事言うつもりだったのか?」
と眉間にしわを寄せるこいつ。

「はぁ?冗談じゃないです!
 全っっ然タイプじゃないですから、どうぞご心配なく!」

ほんとマジでありえないっつーのっっ!!





いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
毎日、毎日
あっついですねぇ(>_<)
 
皆さまも
体調崩されませんように…
 
ご自愛くださいませm(_ _)m
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる