FC2ブログ

あまい気持ち 12

「…おぅ」
「うん」
数日が経ってやっと非常階段に足を向けた。

数日とは言え
牧野の顔をみるのもあれ以来で
どこか気まずい空気がオレ達の間に流れた。


『あまい気持ち』   第12話


いつもだったら
勝手に座るのに今日は
ドアに手をかけたままその場に立ったままの道明寺。

「…?
 花沢類なら今日は来てないよ?」
そう聞いてみたけれど

「…いや、そういうわけじゃねぇけど」
少し視線を泳がせたこいつは
結局あたしの隣に腰を下ろす。

「「……」」

「…あれから大丈夫だったかよ」
まるで独り言みたいに
こっちを見る事もなくポツリと言葉を漏らす。

だから
「あ~…うん、まぁ?」
あたしも答えながらお弁当に手をつければ
「なんだよ、その曖昧な返事。
 まだ何かされてんじゃねぇだろうな?」
と不満そうな顔を向けてくる。

「違う違う。
 ほんとに何もされてないってば」
「嘘じゃねぇだろうな?」
疑うような視線を向ける道明寺にコクコクと頷いておく。

実際、あの日…ううん。
あの直後からあたしに話しかけてくる人はいなくなった。

それどころかクラスメイトに
朝「おはよう」って挨拶しただけで飛び跳ねて
「おはようございます!」だなんて何故か敬語で頭下げるし

先生までなんとなく
あたしに気を使ってるのを感じてしまうほど。

この状況が良かったのかどうかは
あたしにもよくわからないけれど…確かな事は
改めてF4というか、道明寺の力を見せつけれらた感じ?

「何かあったなら言えよ?シメてやっから」
「物騒だなぁ、もう」

「バカ言え。
 言っておくがお前のためだけじゃねぇぞ?
 宣言した以上は有言実行しねぇと
 オレの股間にも関わるってモンだろうが」

「…沽券、ね?」
「あ?」

「……ぷっ」
威張ってるわりには
結構バカなんだけどなぁ。

「だから何かあれば
 すぐに言え。絶対にだ!いいな?」
ビシッと指をさしてくるその顔は真剣そのもので。
「ん。ありがと」
そう答えれば満足そうに小さく頷いて

「…なんつーか。悪かった、な。
 飯行ったくらいで騒がれると思わなかったからよ」
なんて視線をそらして
バツが悪そうに言うから憎めない。

「道明寺が悪いわけじゃないでしょ?
 あたしもご馳走になったし楽しかったから」
「そうか?」

ほんと変な奴なんだけどな。
人の話なんて全っ然 聞いてなくて
強引に物事を進めちゃう所は困るけど
どこまでもまっすぐで、友達思いで優しい奴。

そんな道明寺と話しているうちに
いつの間にか好きになっちゃうんだから
あたしも十分変な奴なのかもしれない。

「あ。そうだ。
 会ったら渡そうと思って持って来てたんだ」
そう言って鞄の中から小さな包みを取り出して道明寺に渡す。

「なんだよこれ」
「クッキー。
 なんて言うか…お礼?
 卵焼き1つとランチじゃあまりにも釣り合わないしさ」

中身を覗いた道明寺は
何か言いたげにあたしを見る。

「まさかとは思うが…
 これ、お前が作ったのか?」
「売っててもおかしくないくらい
 あんたにそっくりでしょ?味はともかく見た目は自信作」
ジト目で睨んでくる道明寺に
ケラケラと笑いながら答えた。

最初は普通に作るつもりで生地をこねてたんだけど
道明寺って頭とか特徴的だしイケるんじゃないかと
似顔絵クッキーに変更した。

「普通は味を重視するんじゃねぇのかよ…」
小さく息をつきながら
1つ手に取るとサクッと軽い音をさせて齧ると
自分の顔を容赦なく真っ二つにした。

「…あま。
 っつか、何か生臭くね?」
なんて難しい顔をした。

「あ。やっぱり?
 実はうちオーブンなくってさ。
 魚焼きグリルで焼いたんだよね…」
「はっ!?ふざけんなよ、てめぇ」
額に青筋を浮かべて睨んでくる…ま。当然か。

「だってまさか
 食べてくれるとは思わなかったから」
ははっと乾いた笑みを浮かべてごまかすしかない。

だってそうでしょ?
卵焼きだって花沢類に無理やり
食べさせられた時も怒ってたくらいだし。

受け取ってくれれば御の字で
お礼の気持ちだけ伝わればそれでよかった。

「他の奴のならともかく。
 お前が変なモン入れるとは思わねぇし
 オレに作ってきたっつーなら捨てたりしねぇよ」

フンッと鼻を鳴らしながら残った欠片も口へと運ぶと
やっぱり魚臭ぇと不味そうに舌を出しながらも
「サンキュ」なんて言ってくるからドキンと心臓が跳ねる。

…あぁ、もう。
道明寺のこういう所が好きなんだよなぁ。

どうしてこんな奴…と思う瞬間だってあるのに
ふとした時に
こういう事するから不毛だとわかっていても惹かれてしまう。

だけど…

「類に作ってやる時はちゃんとオーブン使えよ。
 家にねぇなら うちのキッチン貸してやっから。な?」
なんて言葉に今度は心臓がギュッとなる。

別にこの恋が成就する事なんて夢見てないし
花沢類の何が気に入らないって訳でもないけどさ。

やっぱり好きな人から
他の人との恋を応援されるのって辛い。

「…あのさ」
「ん?」

「花沢類との事…ちょっと考えてみるよ。
 だから、道明寺も心配しないで?
 わざわざ会いに来てくれなくてもいいよ」

どうせ叶う事もないのなら…。
せめて友達としてそばにいられるだけで良かった。

だけどこのままじゃそれさえも辛くなりそうで
あたしは道明寺と少し距離を置く事を決めた。




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あ〜あ、つくしちゃんが、司君と距離を置くってさ!そんで、類君の事を考えてみるってさ!
いいんだね?ホントーに、いいんだね?
komaさん、今回は、類つくにしよう!(やけになって、何言ってんだJUJU)

マスクマスクで、熱中症になりそうで、錯乱気味のJUJU……
もう司君の心配してる場合では無い!(やっぱりやけ気味)

 

スリー★★★★★様

えへへ。
お待たせ致しました~( *´艸`)

うんうん。
つくしちゃんとしては挨拶も出来ないなんて
少し寂しいかもしれませんが絡まれるよりはいいですよね(笑)

つくしちゃんは自覚しつつも
司くんがこの態度じゃ期待なんて出来ませんよね(--;)
類くんとの事も考えるんですって♪
さぁどうしましょ( *´艸`)?

 

JUJU様

つくしちゃん焦れちゃいましたね~。
まぁ司君がこれですから仕方ないかなぁ(^^;)

そしてそして
まさかJUJUさんの口から類つくにしよう
だなんて言葉が出るとはっ(○>艸<)

気温と湿度が上がってくると
ほんとマスクするだけでツラいですよね~。
JUJUさんに見放された司君に明日はあるのでしょうか(笑)?
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 次回作…
まだ迷ってますが
 
メイドなつくしちゃん
 
なんて
どうでしょうかね?
(*´ω`*)?
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)