FC2ブログ

Memorial Tree 18

「いつも思うけどよ。
 美味そうに食うよな、お前」

あれからメープルの道明寺が使ってる部屋で
2人で食事をしながら道明寺はそう言って笑う。


『Memorial Tree』   第18話


道明寺の雰囲気は
とてつもなく優しくて甘くて。
きっと普通ならキュンとしちゃう所なんだろうな。

道明寺が嫌いなわけじゃない。
あんなに好きだったんだもん。
嫌いになんてきっとなれない。

許せないわけでもない。
そもそもが道明寺が悪いわけでもないし。
10年かかったけれど
思い出してくれたんだからもういいんじゃない?

でもそれから先の感情が
自分でも見つけられなくて
どうしたいのかわからない。

道明寺はどうしてあたしなんだろう?
本人がその気にさえなれば
彼女なんてすぐに出来ちゃうんじゃない?

あたしみたいな面倒くさい女なんて
さっさと見限っちゃえばいいのに…。
どうしてそこまで執着するんだろう?


「マジで面倒くせぇな」
「へ?」

「さっきから口に出てんだよ。
 自分の事もわかんねぇくせに
 オレの事まで分析しようなんてふざけんなよ?」
責めてるようで、でもクッと笑う。

「オレのは執着じゃねぇ。
 ただどうしようもなく惚れてるだけだ。
 他の誰かじゃダメだ。お前じゃねぇとダメなんだよ」

射るような視線はどこまでも真っ直ぐで。

道明寺のこういう所が好きだった。
いつだってブレなくて、堂々としてて。
優柔不断で迷いがちなあたしを引っ張ってくれた。

でも今は
その視線が居心地悪くて逸らしてしまう。

「…それ、開けてみろよ。
 お前の中でも何かが変わるかもしんねぇぞ?」
「え?」
そんな声に視線を道明寺に戻せば
指さしているのはさっき車の中でもらったプレゼント。

「もう開けていいの?」
包みを手に取って聞いてみる。

「腹は満たされただろ?」
「…空腹だとダメなの?」
そういえばさっきもご飯の後で、とか言ってたっけ?

「お前腹減ってると気が立つだろ」
「は?」

「…キレられる可能性もあるからな。
 機嫌がいい時に開けた方が無難だ」
そう言った道明寺は僅かに視線を泳がせた。

「開けない方がいい?」
「それは困る」
即答する道明寺は早く開けろと目で訴える。

プレゼントと道明寺を交互に何度か見てから
覚悟を決めて深呼吸をしてリボンを解く。

丁寧に包まれたラッピングの中から
出てきたのはビロードのケース。

「ちょっ!何よこれっ。こんなの貰えな…っ!」
「いいから開けてみろって。
 見た上でいらねぇって言えるなら受け取ってやる」
あたしが突き返そうとするのも予想してたみたいに
落ち着いた態度でそう返すだけで動かない。

…何?
中にあるのはあたしが思ってるような
高価な物じゃないって事?

そういえばお金はかけてないとか言ってたっけ?
でもこんなケースに入れる物って…宝石とか以外にある?

まさか本当にビックリ箱とか?
いやいや、まさか。リュウじゃあるまいし。

考えても答えは出ずに
念のため少し体を引いて
ギュッと目を瞑ったままケースを開けた。

だけどやっぱりというか
何か飛び出してきた感じもなくて
そっと薄目を開けて中身を確認したあたしは
ビックリ箱なんて比じゃないくらいに驚いた。

「……」
「…何とか言えよ。
 リアクションねぇと怖ぇよ」
あたしの様子を伺うように聞いてくる
道明寺の声だって聞こえてるけど
目の前に現れた物から視線が外せない。

「…どっち?」
「あ?何がだよ」

「これ…新しく作ったの?」
中に入ってたのはあの土星のネックレスだった。
でもあれは…トスカーナにあるはず。
それにケースも前のとは違う。

あたしの疑問に
納得したようにあぁ、と頷くと

「少し古くなってたから箱だけな。
 でも中身は元々お前のモンだ」

その言葉にそっと触れた指先から伝わる懐かしい感触は
あたしの奥の奥を刺激して
あの頃の感情を思い出させてしまう。

「あたしが…どんな気持ちで
 あの木を植えたかなんて知らないくせに」
「わかってるつもりだ。
 墓つくっちまうほどオレに惚れてたんだろ?
 …っつか、まだ好きだって言ってたぞ、あの木は」

「そんな事…」
「いいや、間違いねぇ。
 根っこで大事そうに抱えてよ。
 おかげで取り出すのすげぇ大変だったんだぞ?
 あの木はお前の心なんだろ?
 案外諦めきれずに執着してんのは
 オレじゃなくてお前の方なんじゃねぇの?」

あたしの言葉を遮った道明寺は不敵に笑う。

「ほんとに好きじゃねぇっつーなら
 そのネックレスは捨てればいい。
 それが出来ねぇなら
 いい加減意地張ってねぇでオレが好きだって認めろ」

捨てろ…ってこれを?
出来るわけないじゃない。
出来ないからお墓に入れてやっとサヨナラしたのに…。

「…返す、ってのはダメ?」
「んな事したらこの場で踏み潰すぞ。
 お前がいらねぇならオレにとっちゃただのガラクタだ」

「……」
その言葉にいつかも
返したその場で川に投げ捨てた
高校生の道明寺の姿が頭に浮かんで
思わずビロードのケースを握りしめて手前に引いた。






いつも応援ありがとうございます♡

★つくしちゃん陥落寸前?いやもう落ちた?
 そんなトコで切っちゃってゴメンなさーい💦★
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

嫌いにはなれない、つまり好き
どーでもいい存在?…な訳ない
お墓も無くなって……
1からやり直しませんか?つくしちゃん

司君の1は、つくしちゃんの100かも知れないけど……

 

スリー★★★★★様

真下に埋めてれば自然と巻き込んじゃうと思うんですけどね(^_^;)
あの木はつくしちゃんの心でもあるので
やっぱり司くんへの想いもあったんだと思います(^ ^)

つくしちゃんにとっても大事なネックレス。
壊されても平気なんて言えないですよねぇ。
その時点で落ちたも同然…かな??
司くんあと一押しですね(*´ω`*)

普段ほんとに誰がカッコいいとか
言わないので珍しかったんでしょうね〜(笑)

パッと見ただけじゃ
DVDかブルーレイかってわかりにくいですよね(^_^;)
ふふっ。せっかくだから
綺麗な画像で何度も見ちゃいましょう(*´∇`*)💕

 

ふぁ★★★★★★★様

ありゃ。予想違ってました?
でも司も最初はママさんと同じだったんですよ♪

次回…(ってまだ書けてないけど。^_^;)
司に説明してもらいましょうかね(´・ω・`)

もういい加減
早く落としたいんですけどねー。
そしてぶった切りたい(笑)

類は一緒にあの木を植えた人物なので
いつかはこうなると思ってたと思います。
それでも苦笑いしながらF2に
報告はしたんでしょうね〜(*´艸`)ププ

 

JUJU様

そうですよね〜。
なんだかんだ言ってても
結局は好きなんですよね〜(´・ω・`)

逃げ場だったお墓も壊されて(笑)
後がなくなったつくしちゃんを
司君は落としきれますかね〜?
komaも頑張りまーす(*´∇`*)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 次回作…
まだ迷ってますが
 
メイドなつくしちゃん
 
なんて
どうでしょうかね?
(*´ω`*)?
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)