魔法の言葉 11

「日本の家庭料理を教えてくれないかしら」
おばさんの突然の提案に

あたしとおじさんはポカンと口を開けて固まった。


『魔法の言葉』   第11話


「お、おばさん。家庭料理って…ここにはシェフもいるし
 そっちに教えてもらう方が絶対おいしいと思うよ…?」
あたしが言うと

「シェフの作る和食だってもちろん美味しいわ。
 だけどね。ああいうのって会席料理って言うんでしょ?
 あたしが知りたいのはつくしちゃんがよく話してくれる
 きんぴらごぼうとか肉じゃがとか…普通の家庭の料理なの。
 それならシェフよりつくしちゃんの方が詳しいでしょ?」
そこまで話すとあたしに歩み寄って
そっと抱きしめてくれた。

「それにね…せっかく可愛い娘ができたんだから、
 もう少し一緒にいたいのよ…。ね?お願いよ、つくしちゃん」

「お、おいおい。あまりつくしを困らせるな…」
そんなおばさんをおじさんが止めようとする。

「ううん!大丈夫だよ、おじさん!
 ちょっとビックリしただけだから。
 あたしが作れる料理でよければ教えるよ!
 あ、でも日本のママとパパには連絡してもいい?
 こっちに来てる事は伝えてるけど
 そろそろ心配してるかもしれないからさ?」
そう言うともちろん!とおじさんとおばさんは喜んでくれた。


早速、日本に電話をしてみるとママが出た。
やっぱり心配させていたようで、
無事を伝えておいてよかったと思っていると

『お世話してくれた人って誰なのそれ。
 あんたがお世話になったなら、ママもお礼言わなくちゃ!』

ママの言う事はもっともなんだけど…
おじさんって最初に会った時は失業中の人だと思ってたのに
何かすごい会社の会長みたいんなんだよね…。
そんな事ママに言ったらまた舞い上がっちゃうからなぁ…。

「う~ん…。その人の迷惑になっちゃうといけないからナイショ。
 それにその人英語しか話せないからどうせ通じないよ。
 とにかくそういう事だから……あ、はーい!すぐ行きまーす!
 呼ばれてるからもう切るね?…じゃあね!」
『ちょっと!つくし!?』
そうごまかして電話を切った。

「…ご両親に電話はつながった?」
とおばさん。
「はい!もう少しこっちにいるって伝えたので大丈夫です!」

「他に連絡しておきたい人はいない?
 遠慮しないで電話使ってくれていいのよ?」
その言葉に一瞬、あたしは道明寺を思い浮かべる。

何も言わずに帰っちゃったし
もし、F3にでも日本に帰ってないって聞いてたとしたら、
心配かけてるかもしれないけれど…

たとえ声だけだとしても、あの道明寺と話すのは…辛い。
『お前まだNYにいたのか?帰れって言っただろ』
なんて言われたら…今はちょっと立ち直れないかもしれない。

「ううん。日本にいる友達は心配してるかもしれないけど
 両親が連絡してくれると思うので大丈夫です」
「そう?じゃあ食材のお買い物に行きましょ」
そう言っておばさんは楽しそうにあたしの手を取って車に乗り込んだ。



「絶対これ買いすぎですよ…」
帰りの車の中で隣の座席にどさっと置いてある食材を見る。
「いいのよ!何度も作らなきゃ練習にならないでしょ?
 それにうちには食べてくれる使用人もたくさんいるんだし大丈夫よ」
と悪びれることなくにっこり笑うおばさん。

お屋敷に着くと
見慣れない車が1台停まっている事に気付く。

「あら?お客様かしら…。
 今日はあの人何も言ってなかったと思うんだけど…」
おばさんも車に気付いて首をかしげている。

「まぁ、後で顔出せばいいわ。
 今日は何を作るんだったかしら?楽しみね」
そういうおばさんに続いて車を降りてキッチンに向かう。

エントランスに着くと
「「おかえりなさいませ」」と使用人の方が数人駆け寄ってくる。

「ただいま。今日は私とつくしちゃんがご飯作るから
 貴方たちも良かったら食べて頂戴ね」
とにっこり笑うと、使用人の方もはい!と嬉しそうに笑う。

その光景を見ていると
道明寺とは態度が全然違うな、なんて事をふと思う。
あいつはもっと偉そうで使用人の言葉なんて無視してるくらいだもんね。

……。
ダメだ。またあいつの事考えてた。
もう終わった事で考えたってしょうがないのに。
そう思って首を振っていると

「そう言えばどなたかお客様なのかしら?」
「あ、はい。アポなしだったんですが…」
と使用人の方が答えようとしている所で
奥の応接間の扉が開いて声が聞こえてくる。

その扉から出てきたのはおじさんと

…道明寺のお母さん。


早口だし通訳もしていない2人の会話は
何を話しているのかはまったくわからない。

でもなんとなくおじさんが道明寺のお母さんを
冷たくあしらっているように見える。

…あんな必死な道明寺のお母さん初めて見た…。

あ…。
おじさんが言ってた喧嘩した取引先の人って…もしかして?


その光景をぼーっと眺めていると
2人は相変わらず何かを言い合いしながらも
だんだんとこちらに近づいてきていて

「あなた…どうして…」
あたしに気が付いた道明寺のお母さんは
すごく驚いた顔をした。



いつも応援ありがとうございます♡
なんと!昨日、ランキング1位頂きました!
あわわわわ…。恐れ多い(汗)
まぐれでも一瞬でも嬉しいです( *´艸`)
妄想畑の水やり頑張りまーすっ♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 
おサボり中でも
拍手ボタン
押して下さって
ありがとうです♡
 
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)