FC2ブログ

幸せのかけら 35

「そっちにバスあるから…
 って、それくらいわかるか」
「う、うん…っ。ありがとう、大丈夫」

どうしたって意識しちまって
牧野の瞳をまともに見れねぇ。


『幸せのかけら』   第35話


変な誤解をされるくらいなら、と
勢いで言ったはいいが…

牧野はオレの告白をどう受け取って
オレについて来たのか…。

それでもオレはハッキリ好きだと言った。
あいつにだってちゃんと伝わったはずだ。

それでこの展開なら
…期待するなという方が無理だ。

だが、それでも気になるのは
さっき偶然顔を合わせたババァに対して
「司を頼みます」
「はいっ。
 リラックスして過ごして頂けるように努めます」
なんて完全にコンシェルジュとして答えた事。

まさか聞いてなかったなんて事はねぇよな?
オレがしつこいから
風呂借りるくらいならいいかって…?

いや…それ以上を求めようってわけじゃねぇけど。

やっと言えた言葉が
なかった事になってたらキツいなんてもんじゃねぇ。


そんな事を考えながら
牧野に使わせたバスルームの扉を
見つめているうちに感じた違和感。

…静かすぎねぇ?

水音が聞こえない事を不思議に思い
立ち上がると扉へと近寄る。
「牧野…?大丈夫か?」
ノックと共に声をかけてみれば

「え?あぁ、うん。大丈夫そう」
奥のバスルームではなく手前にある洗面から
そんな声が聞こえてきてさらに違和感を感じる。

大丈夫…そう?
どうして疑問形なんだ?

「…なぁ、ここ開けてもいいか?」
「ん?どうぞ?」
一応確認してから扉を開けたオレの目に映ったのは

牧野の手によって
風呂代わりにした洗面台で
ソープを泡立て、大事に汚れを落とされている…クマ。

牧野はと言えば
一応自分も拭いたのかタオルを首にかけているが
未だに濡れた制服のままだ。

「枝に引っ掛かってたからかな?
 汚れは見た目ほどひどくなさそうだし
 これなら明日の朝には莉乃ちゃんに返せそう」
新しいタオルでクマを優しく包み込み
嬉しそうにオレに見せながら笑うこいつは可愛いが…

そうじゃねぇ…そうじゃねぇだろ?

そうツッコんだ所で
こいつはクマを洗い終わるまでは
自分に気は回らねぇんだろう。

「…はぁぁ。もういい。
 お前の心配はオレがするから
 お前は思う存分クマの心配してろ」
ため息をついて近寄ると

首にかかったタオルに手を伸ばし
まだ濡れている髪を拭いてやる。

「わっ…!?」
そんなに力を入れたつもりはなかったが
クマに夢中だったからか、牧野の体はフラつき
タオルの隙間からオレを見上げた瞳と視線がぶつかった。

「悪ぃ…」
別に文句を言われたわけでもねぇのにそう言っちまうのも
「う、ううん。ありがとう…」
照れくさそうに笑ってくれただけで
心臓を握りつぶされた気になるのも惚れた弱みか。

その動揺を隠すように
またワシャワシャと髪を拭いてやる。

「とりあえずお前も風呂入ってこい。
 オレもあっちのバス入使うから」
そう言いながらタオルを首にかけた時、
ふと目に入ったのは襟元で光ったネックレスのチェーン。

…別にアクセサリーの1つくらい
身に付けていたって不思議じゃねぇんだが
妙に気になって出してみようとチェーンを指ですくった。

「ひゃっ…!」
ビックリしたのか小さな悲鳴をあげて
シャツからこぼれ出たネックレスに手を伸ばし
そのトップをギュッと片手で握った。

「「……」」
ほんの興味本位だったはずが
頑なにその手を開こうとしない
こいつの態度ですげぇ気になってくる。

「勝手に触って悪かった」
「…う、ううん。大丈夫」

「大事な物なのか?」
「…うん」

目を合わせないまま頷く姿に
もしかしたら誰かに貰った物なのかと
その相手に猛烈な嫉妬を感じる。

「…見たい」
「えっと…」

「ダメか?」
「ダメ…っていうか…その」
視線を忙しく泳がせる牧野を
ジッと見つめ続けてやっと視線を捕まえた。

「お、怒らない?」
「あぁ」

「呆れない?」
「約束する」

「…笑わない?」
「怒らねぇし、呆れねぇし
 もちろん笑ったりもしねぇから…頼む」

そこまで言うと
また迷うように視線を泳がせてから
そっと開いた手の中にあったのは…

オレたちのペアリング。

「……」
6年ぶりに見るオレのより一回り小さく
ネックレスへと姿を変えていたリングに言葉を失い
息をするのも忘れて凝視する。

「……やべぇ」
しばらくしてやっと出来た呼吸と共にポツリと呟くと
「勝手にごめんなさい。
 や、やっぱり怒った?それとも呆れてる?」
なんて不安そうに聞いてオレを覗き込む
牧野の腕を引き寄せ抱き締めた。

怒るわけねぇし
呆れるなんてあり得ねぇ。

かと言って持っていてくれて嬉しいと
笑顔を見せてやる余裕さえもねぇ。


こんなの…ズリぃよ。

__これは もう泣いていいだろ。




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

キャー😆
泣いて泣いて‼️
このお話の司君のヘタレ具合が、とてもツボです(笑)
つくしちゃんを傷つけないように、嫌われないように、でも好きってことを伝えたい…
よく頑張った!泣いていいよ~(笑)

 

スリー★★★★★様

ククッ!
ルームつけなかったからややこしかったですかね(^_^;)?
それが勘違いじゃなかったら
お部屋に来てくれるはずだったのに
帰っちゃうとのでしたね~(((*≧艸≦)ププッ

どうぞって言われた時は
司くんもドキドキしたと思います(笑)
まさかまだ着替えてさえいないとは…
ガッカリしたような呆れるような(^_^;)

でもそのおかげで
まだネックレスもつけたままでした!
泣いちゃっていいですかね??

つくしちゃんの気持ちはわかったも同然ですが
やっぱり言葉でも伝えて欲しいですよね~♪

 

JUJU様

嬉し涙なら流してもいいですよね♪

ヘタレすぎるかなぁ…と思ってたんですが
楽しんで頂けてるみたいでホッとしました~(´ω`)
傷つけたくないし嫌われたくないし。
でもこうなったらお風呂だけで帰したくもない…(笑)
ヘタレ司君、どうするんでしょうね(*´艸`*)?
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
おかげさまで
有難いことに
40万拍手
達成いたしました♡
 
いつもたくさんの応援を
ほんとにほんとに
ありがとうございます♡
 
これからも
ゆるく、へっぽこを
モットーに(^^;)?
マイペースに
楽しみまーす♪
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*

ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)