幸せのかけら 23

「今のはねぇわ」
「司…言葉が悪いよ」
「終わったな」

3人はオレに呆れ顔を向けるが
オレだってそんなつもりで言ったんじゃねぇ!


『幸せのかけら』   第23話


あれから牧野に弁解しようと何度も試みたが
牧野同様に勘違いしてるらしい三条に
邪魔をされうまくはいかず
あいつを敵に回すと厄介だって事だけはわかった。

でもそっちはあきらがまた説明するだろうし
今はとにかく牧野だ。

解散の流れになったところで
やっと送ると声をかけなんとかこいつを捕まえた。

「「……」」
ただ、車に乗ったはいいが空気が重い。

それでもこいつのマンションまでだって
そう時間はかかんねぇだろうし
帰るまでにこの誤解だけは
何がなんでも解いておく必要がある。

「さっきの事なんだけどよ」
「…え?」

「その…昔の事だって言っただろ」
「あ、あぁ。うん。
 えっと…大丈夫だよ?
 桜子にも言っちゃダメって言ったし
 あの子だってメープルのスタッフだから
 プライベートな事を簡単に口にしたりは…」
慌てたようにオレとの事を口外しないと
ペラペラと話す言葉を聞きたくなくて

勢いでキスで塞いでやろうかとも思ったが
なんとか堪えて片手で塞いだ。

確かにあちこちで口外されるのは困るのかもしんねぇ。
だがそれは、過去に付き合った事じゃなく
過去だと、終わった事だと思われるのが困るんだ。

…オレの中ではまだ終わってなんてねぇし。

「違ぇよ。
 そんな事言ってんじゃねぇ」
それでもお互いの顔の距離は近くて
牧野は驚いて瞳を見開いた。

「お前と別れた事なら
 何度後悔したか数えきれねぇが
 付き合った事を後悔した事なんて1度もねぇぞ」
そこまで言ってから手をそっと離す。

「時間もらえるか?少し寄り道したい」
「う、うん…大丈夫」
牧野が頷いたのを確認してから
運転手に行き先の変更を告げた。


向かった先はオレの執務室。
手前の秘書課には西田だけが残っていたが
シカトして進もうとしたオレの背後で

「おっ…お邪魔します」
「お疲れさまです、牧野様。
 いつも支社長がお世話になっております」
「へ!?いやいや、こちらこそ」

なんて堅苦しい挨拶を始めるこいつらに
「行くぞ!」
と声をかけ強制的に終わらせる。


「入って…大丈夫なの?」
扉に手をかけたまま
部屋の中をキョロキョロと
不安そうに覗くこいつの手を引き中へ招き入れると

デスクの引き出しから万年筆を取り出した。

「あん時は…悪かった。
 ずっと謝らなきゃと思ってた。
 これも勝手に使ってっけど…貰って良かったんだよな?」
「…えっ?これ、あの時の?
 や、だって…6年だよ?そんなに良い物じゃ…」
差し出した万年筆に手を伸ばしたこいつの
手を避けるように手前に引いた。

「…?」
不思議そうに首をかしげる牧野の手が空中で止まる。

「すげぇ気に入ってんだ。
 …だから返せっつっても返さねぇぞ?」
「えぇ!?…う、うん。
 返してなんて言わないけど…」
困ったような顔をしながらも
そう答えたのを聞いてから万年筆を渡した。

「使ってくれてるなんて思ってもみなかった」
万年筆をそっと指で撫でながらポツリと呟くと
「ありがとう」
とオレを見上げて小さく笑う。

貰ったのはオレなのに。
それはオレのセリフなのに…。

「さっき昔の事だって言ったのは
 もうあの頃のガキのままじゃねぇって
 そう言いたかっただけだ。言葉が足りなくて悪かった」
「…ううん。
 あたしの方こそなんだか
 手間とらせちゃったみたいでごめん」
そう言って返してきた万年筆を受け取り
元の位置へと戻す。

「帰るか」
「うん」
頷いたこいつの手を取って足を進めれば
視線を感じたがあえて気付かないフリをして
秘書課を通れば
「お疲れさまです」
と涼しい顔で頭を下げた西田に
また頭を下げようとした牧野だが
それもスルーして引きずるようにエレベーターへと進む。

降下していくエレベーターの中
手は繋いだままだ。

「…手間だなんて思ってねぇぞ」
「え…?」

「わざわざ寄り道したのは
 お前ともう少し一緒にいたかったからだ。
 あとオレの執務室に連れて来てみたかった」

ガキじゃねぇ今のオレを見てほしかった。
なんて、その考えこそが
ガキくせぇのかもしんねぇと
クッと笑いがこみ上げた瞬間。

「…道明寺に似合っててカッコよかったね」
そんな言葉に隣の牧野へと視線を流したが
牧野は少し俯いていて
表情を見ようと覗き込むようにすれば

困ったような顔を赤く染めていた。




いつも応援ありがとうございます♡

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやぁ〜
まだよ、まだまだ(笑)
6年前にあげるつもりだった万年筆をずっと使っててくれたなんて、つくしちゃんにしてみれば、やっぱり嬉しいことだよねぇ〜♥
気に入ってるから返さないとか、今は立派に仕事してるって、執務室も見せたかったとか、司君アピールびしびし感じるけど!
でも、待って〜
JUJUは、もう少しジレジレをニヤニヤ楽しみたいよ〜(酷い)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

JUJU様

ね♪
つくしちゃんにしてみれば
万年筆を使ってくれてたなんて
下手なアピール(笑)より全然効果的です(((*≧艸≦)ププッ

なんだか
いい感じですよね~(*´艸`*)
さてさてどうなるんでしょう~?

 

na★★★様

やっとここまできましたね~(*´艸`*)
万年筆もつくしちゃん嬉しかったんですよ~♪

でもそこでもう1歩踏み込まずに
喜ぶだけで終わっちゃうのがつくしちゃんなんですよねぇ(;´∀`)

一気に距離が縮まるか
ここまできてまだ焦れるのか(笑)
続きも楽しんで頂けると嬉しいです(*´艸`*)

 

スリー★★★★★様

女の子の扱いに慣れた総ちゃんたちと
つくしちゃんの気持ちだって知ってそうな類くんにしてみれば
「何やってんだ!」でしょうね(;´∀`)

桜子ちゃんは敵に回すと大変です💦
なのであきら君にそこはお願いしておきます(笑)

好きだって言っちゃえば良かったんですけどね~(*´艸`*)
今回は恋に不器用で臆病な2人なので
なかなかスムーズに進みませんね~(;´∀`)

さてさてどうなるでしょう(*´艸`*)?
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 
おサボり中でも
拍手ボタン
押して下さって
ありがとうです♡
 
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)