近くて遠い恋 15

「つくしが好きなんだ。
 妹としてなんかじゃなく、1人の女として愛してる」

そう言ったオレを
親父もお袋も、そして姉ちゃんも
しばらく黙ったまま見ていた。


『近くて遠い恋』   第15話


本来なら言った瞬間に
殴られたっておかしくねぇ爆弾発言をしたのに

どれくらい続いたのか
沈黙を破り、声を発したのはお袋で

「…そう。とりあえず
 お見合いはなくなったから
 そちらはもう気にしなくていいわ」
なんて軽く流したような態度で
逆に気になる事を言ってくる。

「見合い…なくなったのか?」
「えぇ。
 言動にブレがあると思ったら
 どうも先方のご両親がつくしの存在を知って
 ご子息に了解も得ないまま 話を進めていたらしいの」
と結局はその息子はつくしの存在すら知らなかったと続ける。

「椿の時の事も調べたのか
 息子がつくしに好意があると言っておけば
 受けてもらえると思ったみたいだが…こちらもツメが甘いね」
と親父が肩を竦めた。

「つくし」
「…はいっ」
お袋に呼ばれ、背筋を伸ばすつくし。

「お見合いの件については
 つまらない話を持ってきたりして悪かったわ。
 断ってもいいとは言ったけれどつくしの事だから
 無理をさせてしまったのかと心配したのだけれど
 …でも、忘れていたくらいなら
 お見合いが嫌で飛びだしたわけじゃないのよね?」
そう聞かれて、黙って頷く。

「司の気持ちは知っていたの?」
また頷く。

「それがどういう意味なのかわかってるの?」
「…わかってる。
 あ、あたしも司が好きなの…ごめんなさい」
そう答えると俯いた。

「そう…」
小さく息をついたお袋。

「つくしは悪くねぇ。
 オレが我慢できずに告ったりしたからだ。
 告ったりしなけりゃつくしはちゃんと
 兄妹として付き合っていくつもりだったんだ!
 …オレがつくしを巻き込んだ。責めるならオレだけでいい」
そう言ってかばうように伸ばした腕をつくしが掴む。

「違うっ!」
「お前は黙ってろ」

そんなオレたちを
しばらく黙って見ていたが

「つまりは、
 2人とも兄妹の延長上の飯事ではなくて
 本気で愛し合ってると言いたいわけね?」
とズバリと言われて

顔を見合わせてから
「あぁ」
「はい」
と頷いた。

「…そう。
 お互いに納得していて
 本気だと言うのであればいいわ」

「「…は?」」

「そうだな。
 司に至っては今さらな話か?」
「ほんと。
 この子ったら昔からつくし一筋だもの」

「ちょっ…」
「待って待って!」
許してほしいと言ったはずのオレたちが
何故か焦って3人の会話を止めて

「いいって…何がいいんだよ」
「そうだよ。兄妹なんだよ?
 もっと…ほら。反対とか…しないの?」
そんな事を聞かずにはいられないくらいに
あっさりと認めた事に戸惑っていた。

「なんだ、司。
 お前…もしかして覚えてないのか?」
怪訝そうな親父。

「な、何をだよ…」
いくら記憶を掘り返してみても
この奇妙な流れに関係してそうな事は思い出せねぇ。

「つくしと結婚するんだ!って
 あんなに大騒ぎしてたくせに…」
呆れた姉ちゃんの顔。

そりゃ、そんな事言ったような
覚えもなくはねぇが…
そんなの普通はガキの戯言だと思うだろ!?

混乱し始めるオレと
そんなオレをそっと見上げるつくしに

「司もつくしも、私たちにとって
 大事な子供だって事に変わりはないけれど。
 血の繋がりはないんだから、本気なら止める理由はないわ」

まるで何でもねぇ事のように
お袋がサラりと言い放った言葉に
オレもつくしも完全に思考が停止した。




いつも応援ありがとうございます♡

★…ま。こんなオチですよね。( *´艸`)エヘ★
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

つく★★★様

つかつくでハピエンなら
やっぱりこれしかないんですよね~(^^;)

ククッ!
もち米じゃなくてごま塩からなんですね(笑)
じゃあkomaはお箸とお茶碗を…( *´艸‘)♪

これで2人の間に障害はなくなりました♡

 

ふに★★★様

えへへ♡
おひさしぶりです(*^^*)

えぇ、えぇ。
やっぱりですよ( *´艸‘)

だって兄妹だったら
komaの目指すゆるくて平和な
ハピエンは難しくなっちゃいますからね~(^^;)

そして皆さんが次に気になるのが
だったらどうして兄妹として一緒にいる?ってトコなんですが…

①が一番近いです♪
でも経緯がちょっとちがうかな?

③は思いつかなかった!
これでもよかったかなぁ…なんて(○>艸<)

追記コメもありがとです♡
戸籍上は一応兄妹となってるとしてます。
なので実際に結婚するとなると
手続きは手間がかかるんですかね?
(詳しいことはよくわかんないので
 その辺りはサクッと飛ばして行きますが。笑)

毎度の事ですが
ちょっとやそっとの展開ですから(笑)
ハードルは低く低くお願いします(´。・д人)

 

ふぁ★★★★★★★様

おはようです♪

ふふっ♡
今回は最初からズバリ!でしたねぇ♡
だってそうじゃなきゃ
komaには扱いきれませんから(((*≧艸≦)ププ

そしてそして…
ごめんちゃい(´。・д人)
語るのは実は、楓さんじゃないんですよ(^皿^)

司、この先どうするんでしょうね。
でも今回の司はグレてもないので
後継者としての自覚はしっかり持ってるし
ちゃんと冷静な判断をしてくれると信じておきます(笑)

ほんと気が付けば今年も終わりですね~。
最後まで頑張りましょう~(*^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ついに、司君にパパの鉄拳が!
と思ったら、そっかぁ、イイよ〜的な?(笑)
この展開は、子供の頃、俺はつくしと結婚するんだ〜と言った司君に、血がつながってないんだから、良いぞ〜みたいなことが、あったのかな?
とにかく、なぁ〜んの反対もなく認められたつかつく……ヤッタネ!
さぁさぁ、こうなった経緯を、説明してちょ(笑)

 

スリー★★★★★様

2人は勘当される事だって
覚悟の上で話したはずなんですが
予想に反して あっけなく受け入れられてしまいました(^^;)

兄妹と育ったわけは
次回にサラッと触れていきます♪
実際 義理の兄妹だと
戸籍がどうなってて…
どういう手続きが必要なのか…実の両親は…
とかその辺りはもう深く掘り下げません。

経緯を話してくれたのは…椿さんだったりしますが♪
楽しんで頂けますように♡

 

JUJU様

司君とつくしちゃんにしてみれば
決死のカミングアウトでも

両親と椿お姉さんにしてみれば
「今さら?」なお話でしたね(笑)

小さな頃にそういう場面はあったんじゃないかと。
でもまぁ、その頃は本気にはしてなかったとは思いますが。
その辺もサクッと飛ばして
あっさり家族認定の恋人になりました(○>艸<)

この勢いのままに経緯もサクッといっちゃいましょ(笑)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 
おサボり中でも
拍手ボタン
押して下さって
ありがとうです♡
 
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)