Rainy Day 19

余計な事を考えるどころか
マジで寝る暇もねぇくらい忙しい1週間だった。

西田のヤロウ、あいつ鬼なんじゃねぇの。


『Rainy Day』   第19話


金曜の夜、漸く西田から解放されて
邸に帰ったオレを出迎えるのはタマ。

「おかえりなさいまし。お疲れ様でございました」
そう言ってオレの上着を預かるタマは

「…いよいよ明日でございますね」

あいつとの電話の事をタマには話した。
心配そうな表情を浮かべるタマも
あいつが良い話はしねぇって事はわかってんだろう。

「あぁ…」
「…どうなさるおつもりで?」
「どうもしねぇよ。あいつの言い分を聞いてから考える。
 ただどうせあいつはオレと付き合えねぇって
 言うんだろうってのはわかってっけど。
 だったらそんなの返り討ちにしてやるまでだ」
オレの言葉を聞いたタマは

「それでこそ坊っちゃんでございます。
 もし砕け散ったとしてもしっかり見届けて差し上げますよ」
とにんまり笑う。
「ふざんけんなっ!誰が砕け散るかよっ!」
怒鳴るオレの横でゲラゲラ笑うタマを
無視して私室に入る。


しかしわかんねぇ…。

最初にオレと付き合えねぇって言いだした時は
てっきりあいつはオレをもう過去の男と割り切ってて
好きにはなれねぇって意味だと思った。

だがいくらあいつでも、さすがに何とも思ってねぇような男を
あんな時間に部屋に上げて、寝たからって簡単に泊めるほど
無防備で鈍感だとは思えねぇ…。

つーか…あんなの誰にでもやってんだったら
マジでぶっ飛ばすぞ。

態度は相変わらずそっけねぇけど
だからと言ってオレを拒絶してるわけでもねぇ。

あいつがオレと付き合えねぇ理由って一体何なんだよ…。
 
ま、どっちにしろ明日にはわかる話だ。
どうせあいつの事だからろくでもねぇ事をグダグダ考えてんだろ。

そんなモン全部ねじ伏せてやるからな。






土曜日。

「早いじゃないか」
予定よりも早く邸を訪れたあたしを
タマさんが出迎えてくれた。

「ここに来ることなんてないから、
 タマさんにも会って行こうと思ったんです」
「じゃああたしの部屋においで。
 ちょうどいい茶葉があるからね。付き合っとくれ」
そう言って歩き出したタマさんの後について行く。

「は~…何度見てもこの邸にはミスマッチな部屋ですよね。
 あたしはコッチの方が落ち着いて好きだけど」
タマさんの和室でくつろぎながらお茶を飲むあたしに

「あんた…本当に後悔しないんだね?」
と、タマさんは真剣な表情で言う。

「……」
何も返せないあたしにタマさんは大きなため息をつく。

「あたしゃ、あんたがそれで本当に幸せなら文句はないけどね。
 だけどね。よくお聞きよ。
 自分に嘘ついて掴める幸せなんてたかが知れてるってモンだよ。
 最後にもう一度だけ自分の胸に手を当てて聞いてみな」
今にも泣き出しそうな顔で話すタマさん。

あたしはふぅっと息を1つついて姿勢を正す。
「それも何度も何度もすごく考えました。
 だけど結局、あいつが好きだって気持ちも
 付き合えないって気持ちも正直な気持ちなんですよね。
 自分でもバカみたいだって思うけど
 やっぱりあたしはこういう風にしか生きられないみたいです」
そう言って苦笑いするあたしに

「バカな上に頑固だなんて…
 ほんとに救いようがないね、あんたは。
 とは言ってもバカさ加減なら坊っちゃんの方が上だからね。
 本気で振りきるつもりなら、あんたもしっかり覚悟しておくんだよ」
そう言ってタマさんも困ったように笑った。




いつも応援ありがとうございます♡
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
つかつく♥コラボ
ガチリレー!!
 
最後までお付き合い頂き
ありがとうございました!
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる