ずっと隣で…  ~総二郎×???~

総二郎と付き合うようになって1ヶ月。

どこか現実感がわかないのは
やっぱり総二郎のせいだと思う…。


『ずっと隣で…』   ~総二郎×???~


待ち合わせ場所に行くと、
すでに女の子たちに囲まれている男。

その子達1人1人に愛想を振りまいている男。

あれがあたしの彼氏。

あんたがそういう男だって知ってるよ?
今までだって散々見てきたんだから。

あれだって下心とかそんなんじゃなくて
ただの挨拶。マナー。そうなんでしょ?

でもだからと言って、
それをすんなり受け入れられるほどあたしの心は広くない。
あの女の子たちをかき分け声をかける気にもならず、

わざと少し離れた所のベンチに座って
向こうが気付くのを待つことにしたあたし。

暇つぶしに本を読んでいると

「かーのじょ?ひとり?」
と明らかに総二郎のじゃない
いかにもチャラそうな声が頭の上から聞こえる。

「…1人に見える?」
ため息をついて相手の顔も見ずに答える。
「見えるよ?だってあんたずっと本読んでるじゃん。
 約束すっぽかされたんでしょ?
 そんな奴放っておいてオレと遊びに行かね?」
そう言うと、あたしの腕を掴んだナンパ男。
「ちょっ…!」
抗議の声をあげようと顔を漸くあげると
総二郎がナンパ男のその腕を掴んでいた。

「俺の女に何か用でも?」
一見冷静っぽいけど、その瞳は冷たい。

そんな瞳で睨まれたナンパ男は
あたしの腕を放して、総二郎の腕を振り払い、
「待ち合わせなら待ち合わせって言えよっ」
と何故かあたしのせいにして足早に立ち去る。

「大丈夫だったか?着いたんなら声かけろよ」
とさっきまでの冷たい瞳はどこに行ったのかと思うほど
甘い顔であたしを見つめる。

だけどその後ろではまだ女の子達がキャーキャー言ってる。
「……忙しそうだったからね」
あたしが不機嫌に言うと

「…妬いてくれてんだ?」
と嬉しそうに笑う総二郎。

「いちいち妬いてたら体が持ちません!」
そう言ってスタスタと歩き出すあたしに
「ふーん…そりゃ残念」
とクスッと笑うと
あっという間に追いついて手を握ってくる総二郎。

そのまま自分の方に引き寄せて
あたしをすっぽりそのまま腕の中に閉じ込める。

「俺は妬いてんだけどな。
 あのヤロー、勝手に触りやがって…。
 やっぱり一発ぶん殴っときゃよかった…」
拗ねた声で言う総二郎。

自分は女の子あんなにはべらせてたくせに
あたしは1人近づくだけでダメなの…?

だけど、
総二郎にヤキモチを妬かれるのは嫌いじゃないあたしは
その不公平さに怒りより笑いが
こみ上げるんだからどうしようもない。


ねぇ、総二郎。
多少の事は目を瞑っててあげるから
最後にはちゃんとあたしの隣に戻って来てね?







こいつが行きたいって言ってた所を一緒に回ったあと、
場所を馴染みの店のVIPルームに移す。

「あたし達ちゃんとやっていけるのかなぁ…」
ほろ酔いになったこいつが俺に尋ねる。
「あ?大丈夫なんじゃね?」
そんな心配しなくても離さねーよ。
なんてクサい言葉は酒と一緒に飲みこんだ俺に

「あ。浮気とかしても言わないでね?
 するなら墓場までちゃんと持って行ってね?」
とムスッとした顔で指をビシッとさす。
「なんだよ、そのする前提の言い方。信用ねぇのな、俺」
「総二郎のどこを信用しろって言うの?」
と今度はケラケラ笑う。

「これでも真剣に愛してんだけどなぁ。伝わんねぇ?」
そう言ってこいつを抱き寄せる。

確かに今までのオレは
1000人切りだとかバカな事言ったりしてたし

よそ見しては曲がり曲がりで
寄り道ばっかしてた自覚だってある。
だからせめてお前の所にだけは
まっすぐ正面から向かって行きたいんだよ。

一生かけてお前だけだって証明してやるから
お前こそ、隣の色男無視してよそ見なんてすんじゃねぇぞ?


~fin~


★あとがき★

総二郎が「俺のカテゴリだけ空じゃねぇか!」と怒っていたので(笑)
First loveも書き終わって時間に余裕があったし
即席短編を書いてみました。

宣言通り「一期一会」でも良かったんですが
それだとどうしても切ない感じになっちゃうので
First loveもジレジレゾーン中だし
少し甘めのお話にしたかったので、今回はこんな感じで。

なぜ今まで総二郎は空だったかと言いますと…

単純に記念日がなかったからって言うのもありますが、
この短編でも明らかになってしまったように…
総二郎が掴みきれてないのが一番大きい理由です。

類のように何考えてるかわかんない、って言うよりは
彼の場合は「深い」って感じでしょうか?

あくまでも私の妄想の世界では、ですが。
たとえば司だと「つくしを愛してない司は司にあらず」
的な感じでガッチガチに決まってるわけですが。

総二郎の場合、
誰を想ってるのかっていうのが定まってないんですよね。
つくしでも優紀でもサラでも…もしくは…?
そんな感じで
一番CPが自由で、だからこそ一番難しい…。

なので今回は皆さんに丸投げする事にしました(笑)
お好きなCPを想定してお読みくださいませ♡
そして良かったら誰を想定したか教えて頂けると
今後の参考にもなるので嬉しいです(´∀`*)

予告も何もしないでのゲリラ投稿な上、
こんなグダグダな感じになっちゃいましたが…(^^;)
楽しんで頂けていれば幸いです♪


管理人 koma


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コ★★ン 様

コメントありがとうございます。
そうなんですよ。その表に出てこないダークさが深いんですよね。
チャラいようで熱い男だと思ってるので
サラとのほろ苦い経験も経た上で
彼がまた本気で誰かを好きになるとどうなるのか、という所が面白いです♪


なるほど。コ★★ン様はそう想定してくださったのですね(^^)

そしてそれだけでもうお話ができてしまいそうな設定もステキです♪
私も妄想してムフフ♪ってなっちゃいました(//∀//)

★★なあ 様

コメントありがとうございます。
あえて最初に言わなかったのは
自然と思い浮かべる相手を妄想して欲しかったのもあります♪

私もその想定される方が一番多いんだろうな、
と思っておりました。

そしてその相関図、すごく納得です!
さすが総さんをよく見ていらっしゃる(*^-^*)

また総二郎にケツ叩かれたらアップ致しますので(笑)
その時はぜひお付き合いお願いします♪

★★草 様

コメントありがとうございます。

そうなんです。総二郎だけ今誰を想っているか明かされてない上に
コミックの終わり方も読者に色んな深読みをさせる感じでしたよね。

つくしはモテますからね。
彼女さえその気になれば
素敵な恋は本当にあちらこちらに転がってますよね(*^-^*)

総二郎は次男坊という立場もあって
普段は斜にかまえつつ、いざという時は誰よりも熱く、
どこまでも深い男だとおもっております。

そんな男が誰かを愛した時に
どういう行動にでるのかという点もまた
総二郎の事を妄想するのは
難しいですが楽しくて仕方ありません(^^)
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる