あけおめです(o´ω`)ノ

ども。komaです。


さてさて
お久しぶりな方も
そうでもない?って方も(笑)

遅ればせながら
新年明けましておめでとうございます(´ω`)

早いもので今年に入って
すでに1週間が過ぎたんですね…。

今日が仕事始めなんて方も多いのですかね?
がんば!です(*^^*)


komaはと言いますと
今年のお正月休みはダンナと少しズレてたので
互いの実家への挨拶以外は
正月早々、暇をもてあまし
コタツに入ってひたすら らくがきしたり
妄想畑で土いじりしたり、と
今年も花男愛は健在でした(((*≧艸≦)ププ

とは言え
坊っちゃんのBDも、3周年も、バレンタインも
白紙のままで芽を出してくれそうもないんですが

ま。なんとかなるだろ。(←ほんとかよ)

そんな感じで
ユルさに拍車がかかっております(笑)



とりあえず当面は

妄想畑の隅っこでコソコソしながら
何か中編でも…と気持ちだけはあるんですよ?

でもねぇ…(--;)
種がないわけでもないんですけど
いまいち興味をそそられない…(お前が言うなってね。笑)

そんな感じで
表向き、冬眠状態が続くかもなんですが
今の所 永眠の予定はないし(笑)
何か思いついたら気まぐれにアップしようと思いますので
またお暇な時にでも覗いて下さると嬉しいです(*´▽`*)

ではでは~

今年もどうぞよろしくお願いします(*^^*)

koma




いつも応援ありがとうございます♡

CALM DAYS 3

「お疲れさま」
「…おぅ」

いつも通りのやりとり。
だけど なんとなくいつもとは違っていた。


『CALM DAYS 3』


今でも道明寺は基本的にお邸で暮らしているけれど
週末に休みがある時なんかは
あたしのマンションへと泊まりに来る。

遠距離の時は
こういうのもなかったから
帰りを待ちながらご飯作ったりするのって
何だか楽しかったりするんだけど…

仕事で何かあったのか
今日の道明寺は声に張りがないというか
なんとなく落ち込んでるような気がした。

「先にご飯でいいの?」
リビングでコートを預かりながら聞けば
「んー…風呂入ってくっかな」
とバスルームへと消えていく。

ご飯の準備を終えて
リビングを覗いてみると
さっきお風呂からあがってきたはずの
道明寺の姿がなくてどこに行ったのかと思えば
いつの間に出たのかバルコニーでタバコを吸っていた。

…珍しい。
あたしの前ではほとんど吸わないのに。

「ご飯出来たよ。
 …ってか、湯冷めするよ?入ったら?」
そっとしておいた方がいいのかとも思ったけど
寒がりのくせにあたしに気を使って
外で吸ってる背中が
いつもよりも小さく見えて声をかけた。

「…お前タバコ嫌いだろ?」
「好きじゃないけど…いいよ、少しくらい」
そう言ったけど
道明寺は動く気はなさそうで
フーッと煙を空へと吐き出した。

タバコは嫌いなんだけど
吸ってる仕草って
なんか絵になっててカッコいいんだよなぁ。

なんて事を考えながら
あたしも道明寺の隣へ足を進める。

「お前は入ってろよ。風邪ひくぞ」
「あんたよりは丈夫に出来てるから」

「「……」」

「何かあった?」
「…心配するほどじゃねぇよ」

「ふぅん。じゃ、心配しない」
「…ひでぇ」
クッと小さく笑った道明寺にあたしもクスッと笑う。

「せっかく慰めてあげようと思ったのに」
「どうやってだよ?」
チラりとあたしを見る。

「慰めなんていらないんでしょ?」
「いらねぇとは言ってねー」
そう言いながら
タバコの火を消すと体の向きをこっちに向けた。

「しょうがないなぁ…。はい」
そう言って両手を広げてみれば

「あ?」
「え?」
怪訝そうな顔で首をかしげる道明寺に
あたしもつられて首をかしげた。

それでもしばらくすると
ポスッと肩に頭を乗せてきた道明寺を抱きしめると
背中をポンポンと撫でた。

「…何か間違ってた?」
「いや…期待してたのと違っただけ」

「何を期待してたの?」
「ベッドにでも誘ってくれんのかと…いてっ」
そんな事を言うこいつの頭を軽く叩く。

「…でもまぁ。悪くはねぇな」
「でしょ?」

「…で?ほんとに大丈夫?」
「オレ様を誰だと思ってんだよ」

「そんな大口が叩けるなら大丈夫か」
「おぅ。任せとけ」
そんな軽口を叩き合って
そっと腕をほどくとキスをしようとするから
慌てて手を差し入れてそれを止めれば

「慰めてくれんじゃねぇのかよ?」
不満そうにあたしを睨みつけてくる。

「だって…タバコ臭いし」
「キスで我慢してやるって言ってんだ」

「…慰める必要なさそうだけど?」
「あー…もうダメだ。死ぬかも」

「「……」」

手を静かに下ろす。

「1回だけね?」
クスッと笑ってチュッとキスをする。

「……やっぱマズい」
タバコの香りに顔をしかめたあたしを
可笑しそうに笑うと

「そろそろ中入るか。寒ぃ」
「ん」
差し出された大きな手を取り部屋へと入る。

「今日の飯、何?」
「えっとね、しょうが焼き」

「あ?生姜を焼いたのか?」
「……はぁぁ。
 食べればわかるから黙って食べなさい」
ため息をつくあたしの隣で
道明寺が「おぅ」と嬉しそうに笑った。


~ fin ~



★あとがき★

えへ。
宣言通り?
表向き冬眠中のkomaです♪

そんな状態にも関わらず
バナーをポチポチっと押して下さる方
ありがとうございます(*´∀人)

妄想畑で土いじりしながら
とてもパワーを頂いております(*´▽`*)

そのおかげで
とりあえずじわじわと近づいてきている
坊っちゃんのBDをどうするかな~?
「CALM DAYS」あたりが
山もオチもいらなくて平和でいいかな?
なんてお水やりをしてるうちに
BD用とは別に横から
このお話の芽がおまけで出てきました(*^^*)


番外編とかも考えたんですけどね~。
あまり自分で読み返す事がないせいか
どれがいいのかいまいちピンとこなくて(^^;)

…とりえあず
我らが坊っちゃんのBDを
スルーせずにすみそうでホッとしてます(笑)

ま。今年は
書くよりも読ませて頂く方を楽しみにしてるので♡
つかつくチームの皆さまよろしくです( *´艸‘)♡

…なんてしっかり
圧力かけておいた所で(笑)

ぶん殴られる前に妄想畑に引っ込みます♪

ではでは~

koma



いつも応援ありがとうございます♡

Get a fever! 8

「オレだ。開けろ」
「道明寺だから開けないの」

ノックと共に
中に立て籠もっている牧野に話しかけるが
さっきから返ってくるのはそんな言葉ばかり。


『Get a fever!』   第8話


続きを読む

Get a fever! 9

鍵の開いた音の後
ノブがゆっくり回ってそっと開いた扉。

そこには
しっかりと自分もマスクをして
顔の半分以上隠した牧野が立っている。


『Get a fever!』   第9話


続きを読む

Get a fever! 10

酒ならまだしも
熱がきっかけのフィーバーは

手を出すわけにもいかず
やっぱりとてつもなく厄介だと思い知る。


『Get a fever!』   第10話




続きを読む

CALM DAYS 4

「ふぅ~…」
今日も深夜になってからの帰宅に
小さくため息を漏らし

ジャケットをソファの背に放り投げた。


『CALM DAYS 4』


もう2週間も牧野に会ってねぇ。

遠距離だった頃に比べれば
マシだと言われればそうだが
それでも会いたいと思うのは
明日がオレの誕生日だからか。

牧野からも会える時間はないかと
珍しくデートの誘いもあったというのに

今さら誕生パーティなんてバカくせぇ事はしねぇが
それでも誕生日を口実にアポが次々と入っていて
とてもじゃねぇが叶えてやれなかった。

オレが一番会いたい人物にも会えねぇのに
誕生日なんてやっぱりろくな日じゃねぇと
自分でもガキくせぇと思うほどに
あからさまに不貞腐れてる。

その時、ポケットの中でケータイが鳴り
取り出してみれば牧野からで。

「おぅ」
『まだ仕事?今大丈夫?』
明るい声に沈んでいた気分が少し上がる。

「今帰ってきたとこ」
『遅くまでお疲れさま』

「お前がこんな時間にかけてくんの珍しくね?」
時計を確認すれば23時58分。
『ほら、遠距離だった時は
 時差の計算間違えたりで0時ピッタリに
 おめでとうって言えた事なかったでしょ?』
なんて楽しそうに笑う声に
やっぱ顔を少し見るだけだったとしても
こいつの家に寄ればよかったかと後悔する。

そんな事を考えながら
話してる間に気が付いたら0時を回っていて

「なぁ。おめでとうって言ってくんねぇの?」
一番に言うために
かけてきたと言うわりには
気付いているのかいねぇのか、
日付が変わって3分経っても
まだ言わないこいつに ついに催促してしまう。

『んー…やっぱり
 電話じゃなくて直接言おうかなって?
 去年まで電話でしか言えなかったしなぁ…』
「なんだそれ…」
プッと吹き出し笑う。

すると、コンコンと
扉をノックする音に立ち上がる。

「あー…タマかもしんねぇ」
『もしかしてお祝い言いに来たんじゃない?』
なんてクスクス笑う。

「あ?ガキでもねぇのに
 わざわざそんな事で部屋に来る奴がいるかよ」
そうツッコミを入れたが
牧野の言葉通りになっちまったら
一番はこいつじゃなくてタマになっちまうって?

…まぁ、別に順番なんて
どうでもいいんだけどよ。

それでもなんとなく期待していた自分に気付いて
小さくため息をつきながら扉に手をかけた。

すると
こっちから開ける前に開いた扉。

それに驚いたと同時に

「誕生日おめでとう!」
とニコニコ笑って立っていたのは
タマじゃなくて牧野で。

「へへっ。驚いた?
 ガキで悪かったわね。
 でもやっぱり直接言って正解だった」
とオレの反応に満足気に頷いている。

「ほら、さすがにNYには行けなかったけど
 ここならあたしでも来れるじゃない?
 ほんとは0時ちょうどにここに来るつもりだったんだけど
 タマさんと話してたら電話した時間になってて…
 こういう時はこの広いお邸より
 あたしのマンションの方が便利だよね」
そう続け、もう一度おめでとうと笑ったこいつ。

「…あぁ。サンキュ」
たまらず抱きしめれば
それに応えるように背中に回される細い腕。


だが しばらくすると
「じゃあ、用はすんだし
 あたしそろそろ帰るから」
なんてあり得ねぇ事を言い出すこいつに

「何でだよ。
 こんな時間に出歩くな。泊まってけよ」
思わず愚痴ってるオレ。
「だってあんた疲れてるでしょ?
 扉開けた時だって眉間にしわ寄せてさ。
 機嫌悪いのかと思ったよ。
 明日も忙しいならゆっくり休まなきゃ」

「あれは…誕生日だっつーのに
 お前には会えねぇし、
 祝いの言葉もタマに先越されんのかって
 …ちょっと拗ねてただけだ。疲れてなんかねぇよ」
言いながら自分でもガキくせぇと思ったが

「なんか子供みたい」
案の定、こいつにもクスクスと笑われる。
「お前の前で見栄なんか張らねぇよ。
 …なぁ。めちゃくちゃ遅くなるけど
 なんとか今日中に帰ってこれるようにするから
 ここで待っててくんね?」

「え?あたしも今日仕事だけど?」
「終わったらまたここに戻ってこいよ。
 誕生日だぞ?少しくらい我儘言ってもいいだろ?」

「あんたは年中我儘でしょうが」
なんて失礼な事を言うこいつは
「しょうがないなぁ、もう。
 うんと甘いケーキ焼いて待っててあげる」
なんてイタズラっぽく笑って続ける。

「ケーキはいらねぇ」
「なんでよ。
 誕生日って言ったらケーキでしょ?」
首をかしげる姿にクッと笑う。
…っつか、それ結局お前が食いたいだけだろ?

「いらねぇって。
 甘いモンなら今から食うから」
そう言ってサッと抱き上げてやる。

「へっ!?
 あんたっ!何考えて…!」
「ナニって…わかってんだろ?」

「あたし帰るって言ったじゃん!」
「こんな時間に男の部屋に来て
 帰れるわけねぇだろ。バカか?」

「やだやだっ。
 あたしも明日結構ハードなんだってば!」
「…へぇ。よし、わかった。加減はしてやる」

「そんな事言って
 わかってた事1度もないでしょうが!」
「もう黙れよ」
そう言って文句ごと飲みこむように
深いキスで唇を塞ぎながら足を進め

牧野からも甘い声が零れて始めた頃
寝室の扉をパタンと閉じた。



~ fin ~



いつも応援ありがとうございます♡

★坊っちゃんhappybirthday(ノ≧∀≦)ノ★
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 
おサボり中でも
拍手ボタン
押して下さって
ありがとうです♡
 
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)