DEAR… 1

「ほらよ…これだろ?
 お前が貸してほしいっつってた本」

カフェテラスで勉強してる牧野の頭に
牧野にだけ見せる甘い顔でポンと本を乗せる司。


『DEAR…』   第1話


「…った。あ!そうそうコレッ。
 ありがとう道明寺。…しばらく借りてて大丈夫?」

カフェテラスに司が入ってきた時から
周りの奴らはザワザワと騒いでたのに
牧野だけは目の前の参考書に夢中で
声をかけられて初めて司に気付いたって感じだ。

「あぁ。別にオレは使わねーし。
 いつでもかまわねー…っつーかお前が使うなら持っとけよ」
自然な動きで牧野の隣のイスに座る司。

「は?ダメだよ。
 この本いくらすると思ってんの!?」
「知るかよ。んな事に興味ねぇ…
 ってかお前また痩せたろ?ちゃんと食ってんだろうなオイ。
 バイトやら勉強やら頑張んのもいいけどよ…
 それで倒れてたら意味ねーぞ?わかってんのか?」
そう言いながら近くのウエイターを呼び止め
牧野に気付かれないようにオーダーを済ませる。

「食べてるよ。あんたは保護者かっ!
 ……あ、ねぇ。ここわかんない。ヒントちょうだい」
そう言って牧野が参考書を横にずらすと
司も覗き込んで自然と頭がくっつきそうな程近づく2人。

「どこだ?……あぁ。こりゃこっちの応用だな。
 こっちの公式を当てはめて…それからこう…」
「…あっ。そっか、なるほど…
 うん、わかった…。ありがとう」
牧野は理解するとまた参考書に意識を集中させる。

そんな牧野を頬杖をつきながら見つめる
司の視線は俺から見たってどこまでも甘い。

しばらくすると
ウエイターがパスタを運んできた。

それを受け取って
フォークで小さく巻き取ると

「おい、口開けてみ」
と牧野の肩を小さく叩く。

参考書に集中したままの牧野は
視線は本に向けながらも
んー?とか言いながらも素直に口を開ける。

そこにフォークをそっと入れる。

「わ。美味しいっ!」
口の中に食べ物が入って初めて
意識が司へと向くのも相変わらずだけど

それでも牧野の瞳は
司を映す時だけ見せる色に変わっている。

「お前コレ好きだろ?」
なんて司は嬉しそうに次の一口を
クルクルと巻いては牧野の小さな口へと
せっせと運んで世話をやいている。




「相変わらず仲いーね、こいつらは」
「あぁ。甘すぎて吐きそうだ」
そんな2人を俺と一緒に眺めていた
総二郎とあきらもうんざり顔でため息をつく。

傍若無人なオレ様男の司と
意地っ張りで素直じゃない牧野。

高校時代、付き合ってすぐの頃は
顔を合わせれば些細な事でぶつかり合ってた。

『喧嘩するほど仲がいい』
なんて言って茶化していたのもほんの少し前なのに

あの頃からは
とても想像できない自然体の2人。


そんな2人は誰がどう見たって
仲のいいカップルの日常だ。

それなのに…


「…ったく。
 付き合ってた時より仲いいってどうなんだよ」
「あぁ…。こいつら見てると
 別れたなんていまだに信じらんねぇんだよなぁ…」


この光景を見て誰が思うんだろう。
この2人がもう恋人同士じゃないなんて。





いつも応援ありがとうございます♡
スポンサーサイト

DEAR… 2

「「別れたぁ!?」」

そんな総二郎とあきらの声が
カフェテラスに響いたのは3か月前の事。


『DEAR…』   第2話


司が見当たらなくて
大河原と三条とランチをしていた牧野に
居場所を知らないかと聞いた2人に

「あたしに聞かないでよ」
なんてつれない返事をしたもんだから

「おいおい…また喧嘩してんのかよ」
「いい加減落ち着けっつ―の」
とあきらと総二郎がため息をつく。

「喧嘩なんてしてないよ。
 これからする事もないと思うしご心配なく」
そう言った牧野の横顔が
怒ってるでもなく悲しげだったから胸がざわついた。

「…どういう事?」
俺が顔を覗き込みながら聞く。

「……別れたから」
ボソッと呟いた声はその場にいた全員に聞こえていて

「「別れたぁ!?」」
2人が目を丸くする隣で

「えっ!?何が?誰と誰がっ??」
「聞いてませんよ!先輩っ!!」
と続いて騒ぎ出したのは大河原と三条。

「あたしと道明寺に決まってるでしょ。
 言うも何もわざわざ別れたって報告するのもねぇ…」
気まずそうに紅茶をすすっている牧野。

「司のやつ何やらかしたんだよっ」
あきらがこれからのフォローを考えて頭を抱える。

「……美作さん、心配しなくて大丈夫だよ。
 フラれたのあたしの方なんだから」
その言葉には全員が一瞬黙った。

俺でさえ司が何か地雷踏んで
フラれたんだと思ってたんだからすごく驚いた。


「司がつくしフるなんてあり得ないでしょっ!!」
「そうですよ。年中先輩の姿探して歩いてるような人なのに」
大河原と三条がテーブルを叩く。
「いや、実際そうなんだから仕方ないでしょ?」

「絶対何か裏があるぞ」
「また母ちゃん絡みか?」
腕を組みながら額に汗までかいてる総二郎たち。

「うーん…それはないと思うよ?
 道明寺のお母さんにこの間食事に誘われてさ。
 その時に別れた事を伝えたらすごく驚いてたから。
 自分で仕向けておいて、そんな白々しい演技するような人じゃないし」


「それに…」
とここまでまるで他人事のように淡々と答えていた
牧野の表情が少し曇った。

「別れ話する時、あいつの隣に
 綺麗なお姉さんがいたんだよね…。
 今はあの人の事が好きなんじゃないかな?」
力なく笑う牧野に一瞬、全員がまた黙り込む。

「司に女…?あり得ねぇよ」
「それこそ絶対裏があるに決まってる」

「先輩、まさか道明寺さんにもその女にも何も言わずに
 黙って別れを承諾したなんて言いませんよね?」
「よしっ!滋ちゃんが代わりに殴ってきてやるっ!!」
そう騒ぎ出して今にもテラスを駆け出していきそうな4人を

「…やめて」
と低めの声で一蹴したのは牧野。
みんなが固まったのを見て、困ったように笑うと

「たとえ何か事情があったにしても
 道明寺がそこまでしてあたしと別れたかったのは事実だから」
ともう過去の事だと吹っ切ったような顔で言う。

「つくし……」
当の本人が笑っているのに
大河原と三条はもう泣き出す寸前で。

「今は普通に友達としてお互い接してるから。
 ね?これでこの話はおしまいっ。
 類たちも道明寺責めたりしないでよ?」
ニコッと笑うその顔には
これ以上深入りする事を拒絶させる何かを含ませていて

「…わーったよ」
「牧野がそれでいいなら…よ」
「でも何か力になれる事があったら言ってね?」
俺たちもため息をついてそう答えるしかなかった。





いつも応援ありがとうございます♡

DEAR… 3

それはある日突然の事で。
道明寺に急に呼び出されて行ってみれば

「…悪ぃ。別れてくれ」
たった一言。
理由も何もなしにあいつはそう言った。


『DEAR…』   第3話




冗談でこんな事言う奴じゃない。

そしてその隣には…綺麗な女の人がいて
「この子がつくしちゃん?
 へぇ~。思ってたよりは可愛いかも。
 ねぇねぇ、司。ホントにフッちゃっていいの?もったいなーい」
なんてあたしを品定めするみたいに見る。

あたしはそんなこの人を無視して
道明寺をまっすぐ見つめる。

「……本気、なんだよね?」
声は震えてなかったと思う。

「あぁ…」
「そ。…話はわかった。じゃあね」
それだけ言うと足早にその場を去った。

言いたい事も聞きたい事も
納得できない事だってたくさんあったけれど…。

あれ以上あそこにいると涙を堪えられそうになかったから。
誰もいない所まで走るとその場にしゃがみ込んだ。


なんで…なんで?……なんでっ!

頭の中はそればっかり。


なんで別れたいの?

なんで理由の1つも教えてくれないの?

なんでその話するのに女の人連れてくるの?

なんであたしの事嫌いになったの?

なんであたしはまだあいつが好きなの?


こんなに泣いたのは
あの雨の中別れた時以来かもしれない。



それから何もする気になれなくて
3日くらいは大学も休んで、
バイトは優紀に代わってもらった。

こんなに何もしない時間を過ごしたのは
生まれて初めてだったかも。

「…ダメだ。
 これ以上は脳みそが腐っちゃいそう」
ずっと忙しく生きてきたからか
やっぱりあたしの脳は恋愛事で
悩んだり立ち止まったりそういう事に向いてないし。


体調不良だと思ってるママ達にも
これ以上余計な心配かけるわけにも…と起き上がる。



いつの間にか電源が落ちていたケータイを充電してみれば
道明寺からLINEがきてた。

『お前の事だから、
 大学辞めて学費返すとか言いだしそうだけどよ。
 続けるかどうかはオレに口出す権利もねぇしお前に任せるが
 オレは一度出したモンは返されたって受け取らねぇからな』

まさしくそう思ってた事を
先に断れて、少し悩んだけど
なんとなく道明寺は続けろって言ってる気がして

『わかった。
 大学は続けるよ』

そう送ったメッセージはすぐに既読がついて

『そうか
 お前がオレにとって特別なのは変わんねぇから
 困った事があったらいつでも頼って来いよ』

そんなメッセージが返ってきた。

特別なのが変わらないなら
どうして別れるんだろう…

なんて心の隅っこに芽生えた感情にはそっと蓋をして

『ありがとう』
とだけ送った。







いつも応援ありがとうございます♡

DEAR… 4

天敵から友達とばして
恋人になったようなあいつと
今さら友達になんてなれるのか…

なんて心配はなんだったのかと思うほど
あたしと道明寺の関係は良好だった。


『DEAR…』   第4話



みんなに報告しなかったのは悪かったとは思うけど
別れた後も道明寺はあたしにかまうし
態度だって前と何が違うのかよくわからない。

ただ、恋人じゃなくて友達になった事で
抱きしめられたりキスしたり…
そういうのが無くなってあたしに触れなくなっただけ。

もしかしてまだあたしの事好きなんじゃないか…

なんて
フラれたにも関わらず
そんなバカな事を思ってしまうのは
あたしがあいつの事をまだ好きだからなんだろうな。



そんなある日。
バイト先から出た所に立っていたのは
別れ話をした時に一緒にいたあの綺麗な人…。

「つくしちゃんっ!」
どうしてここにこの人がいるのかはわからないけど
あたしを見つけて屈託なく笑うその顔に悪意は感じない。

「えーっと……」
とりあえず苦笑いしか出来なくて困っていると

「あ、名前も名乗ってなかったよね?
 私玲って言うの。一応日本人なんだけどね。
 生まれてからずっとNYにいて、司とは子供の頃よく遊んだんだよ」
とあたしの手を取ってブンブン振りながら
自己紹介をしている玲さん。

「はぁ…。で、何か用ですか?」
その手をそっと離して聞き返してみれば

悲しそうな表情になって重たいため息をつくと
「はぁぁぁ…。
 やっぱりつくしちゃんに嫌われてるよね。
 そうだよねぇ…。あんな話する時にいたんだもんねぇ
 ウザいに決まってるよねぇ…」
しょぼんと捨てられた子猫みたいな顔でガックリと肩を落とす。

「や…、別に好きも嫌いも
 あたし、あなた…っと、玲さんの事何も知らないので」
そう言いかけるとパッと顔を上げて
「じゃあこれから知っていってよ!
 私つくしちゃんにすごく興味があるのっ」
と嬉しそうに笑うから
思わず勢いに負けてコクンと頷いてしまった。


それからバイト帰りに待っていて
そのままお茶しに行ったりしてるうちに
玲さんがあたしより5つ年上で
お父さんの仕事の手伝いで日本に来ていて
仕事のない時は観光をしてる事がわかった。

出会いが出会いだけに
出来れば関わりたくないとは思っていたんだけど…

明るくて素直な彼女に結局は嫌悪感なんて持てなくて
気がついたら玲さんとは仲良くなっていった。

日本に来たばかりの玲さんは
女友達が欲しいと滋と桜子を紹介してと頼んでくるから
4人で会ってみれば…

「で?その女が司の新しい女?」
「人の男に手ぇ出して
 よくもまぁ…その元カノに平然と会えますね。
 こんな方と会うなんて先輩もバカなんじゃないですか?」
と2人は完全に玲さんに敵意むき出しだ。

そんな2人をきょとんとした顔で見ていた玲さん。

「え?私が司の女?
 あははっ。違うよ。そりゃ司の事は昔から好きだし
 付き合ってくれるなら喜んで付き合うけどさ。フラれてるから」
なんてケラケラ笑いだす。

その言葉に滋と桜子は顔を見合わせてから

「そうなんですか?」
と桜子は首をかしげて
「もしかしてさー…裸で迫ったりしたことある!?」
そう言って身を乗り出したのは滋。

「ぶっ…。そんな事あるわけ…」
そう言いかけた言葉は
「あるよ!あるあるっ!
 でもねー…服着ろってマジギレされちゃってさー。
 そりゃ胸はないかもしれないけどさー。
 プロポーションには結構自信あったんだけどなぁ…」
ケラケラ笑いながら答える玲さんに遮られた。

その言葉に滋と桜子は
「なんだ。あんたも玉砕シスターズだったのか」
「仲良くなれそうな気がしてきましたわ」
なんて言いながら握手を求めて

「玉砕シスターズ??もしかしてあなた達も??
 やっぱり今の時代、女だって攻めなきゃダメよね」
そう言って握手に応じていて3人は一気に打ち解けたようで
キャッキャッと恋愛話に花を咲かせ始める。

その隣で
玲さんが道明寺の新しい彼女じゃなかった事に
どこかホッとしている自分に胸がチクリと少し痛んだ。





いつも応援ありがとうございます♡

DEAR… 5

牧野と別れて3ヶ月。

意外にも友達っつー関係を
それなりにはこなせていると思う。


『DEAR…』    第5話



触れたり抱きしめたりできねぇのはキツいが
別れた事で大学を辞めて
徹底的に避けられる可能性だってあった事を考えれば
たとえ友達としてでもあいつのそばにいられるだけでも幸せで。


昼休みになると
滋たちとランチをしてる牧野の顔を見にテラスへ向かう。

そんなある日。
テラスに行ったオレの視界には牧野たちと…玲の姿。

「玲っ!なんでてめぇがここにいるんだっ!!」
玲のパーカーのフードを掴みあげて言えば
「わわっ!司?久しぶりだね~」
なんてへらへら笑ってやがる。

「仲良くなったんです、私たち」
と三条。
「そうだよ。司にフラれたシスターズだよ~ん♪」
と滋。
牧野の方を見てみれば
「ははっ…」
と苦笑いしてやがる。


「ちょっと来いっ!」
そのまま玲を引きずって中庭まで歩いて行く。

「余計な事言ってんじゃねぇだろうな?」
手を離して言えば
「別に何も言ってないよ。
 つくしちゃんに興味持っただけだよ」
なんて服を直しながらため息をつく。

無言で睨むオレに
「だってさ、最初は司が彼女と別れるなんて言うから
 どんな子なのかと思って興味本位でついていったけどさ
 別れを切り出した司の方が辛そうな顔してるんだもん。
 別に理由まで聞いたりしないけどさ…
 司にあんな顔させる女の子って気になっちゃうじゃん?」
悪びれる事なく答える玲。

「……。
 マジで余計な事言うんじゃねぇぞ?」
ため息をついていうオレに

「そもそも余計な事って何?
 司がまだつくしちゃん好きだって事?
 そんなの私が言わなくてもみんなわかってると思うけど?」
クスクスと笑いながら聞いてくる。

「それは別に隠してねぇ。
 …っつーか隠そうってのが無理なんだよ。
 それでも牧野は気付いてねぇんだろうけどな」
ため息をつきながら答える。

こんなに気持ちをダダ漏れにしてたって
どうせあいつはもう自分の事は好きじゃなくなったんだと
思い込んで割り切ってるような態度にしか見えねぇからな。

「じゃあ何が余計って言うの?
 ちなみに私が司の女じゃない事もバレてるよ?
 女友達欲しかったからこっちからバラしちゃった。」
へへっと笑う玲に小さく息をつく。

牧野があんな感じなら
むしろ余計な勘違いはしねぇ方が都合がいい。


その時、
「司?」
そう声をかけてきたのは類。

「…なんだよ」
「いや、声がしたから覗いただけ」
そう言って玲の方を見ると

「へぇ。これが司の新しい女?」
なんて冷たい視線を向ける。
「ひゃあっ。相変わらず類は怖いねぇ」
そんな類の視線に怯むことなく
わざと大袈裟におどけている玲。

「…初めて会った人間に
 気安く呼ばれたくないんだけど」
ムッとした表情で言い返す類。

「初めてじゃないよ。
 昔から変わんないよね~。類は
 いつも私の事覚えてないんだもん。
 まぁ、そうは言っても類たちはパーティで
 2、3回顔合わせたくらいだし?
 まだ小さかったしねぇ。無理ないか~」
そうケラケラ笑う玲を
じーっと見るがまぁ、類には思い出せねぇだろう。

そんなオレの予想通り
玲の事を思い出せなかったらしい類は

「…司。お前にも何か事情があるんだろうけど
 あんまり牧野に負担かけるなよ。
 俺が言いたかったのはそれだけ。じゃあね…」
玲には興味ねぇとばかりに去って行く。

「あはは。嫌われた。この様子じゃ
 総二郎とあきらもきっと覚えてないかな?」
ヘヘッと苦笑いしてる玲に
「…覚えてるとか以前の問題じゃねぇの?
 とにかく。牧野に余計な事言うなよ?」
そう言うと
「はいはーい。
 私はつくしちゃん気に入っちゃっただけだから安心して」
と手をヒラヒラさせながらテラスへと戻って行った。

「…それが一番面倒くせぇんだよ。嫌な予感しかしねぇ…」
ポツリと呟いた言葉は玲には届かなかった。




いつも応援ありがとうございます♡
 
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる