FC2ブログ

ペットショップ

※本日、「明日咲く花」様にて6:00にアップされた物と同じです※

asuhana様のサイトへはコチラ↓

SS100 Coloful Story 〈NO.11

本文の最後にあとがきを
少しだけ足させて頂いております(^^)







続きを読む

ペットショップ 2

やっと牧野に想いを伝えられた。

オレとしてはこのまま
牧野と付き合ってラブラブになる…はずだった。


『ペットショップ 2』


「お前に会いたくて通ってたんだ」
そう言ったオレに真っ赤になる牧野。

これはイケんじゃねぇの?

なんて思って
「オレと付き合って…」
くれないか?
そう続けようとした言葉は

「牧野と付き合いたないなら、
 犬嫌いを克服しないと認められないよ?」
と奥から出てきた男が口を挟んできた。

「オ、オーナー!いつからそこに…」
真っ赤な顔のまま焦ってる牧野。

「結婚もしてねぇのにガキなんていたらやべぇだろ。くらい?」
とクスクスと笑いながら牧野の頭をポンポンと叩く。

気安く牧野に触ってんじゃねぇよ。

「おい。オーナーだか何だか知らねぇけどよ。
 牧野が誰と付き合おうがてめぇに関係ねぇだろ」
いいトコなのに邪魔すんじゃねぇよ、と睨みつけたオレを無視して

「牧野、よく考えなよ?
 付き合うだけならいいけどさ。
 もしもだよ?この男と結婚する事になったりしたら
 一生犬飼えないかもしれないよ?
 あんた犬飼うのが夢なんでしょ?いいの?」
そう牧野に言ってやがる。

そして牧野はその言葉にハッとしたように
真っ赤だった顔を真っ青にさせた。

…犬が飼えるかどうかはそんなに重要なのか?
その答えは牧野の顔を見てれば明らかで…。

「……わかった。克服すればいいんだろ?」
そう言って牧野の抱いてる仔犬に恐る恐る手を伸ばすオレに
「ど、道明寺さんっ!いいですからっ。
 苦手なのに…そんな無理なんてしないでください」
慌てて仔犬を隠すようにオレから離れる牧野。

「牧野は将来犬が飼いたいんだろ?
 だったら叶えてやりてぇんだ。
 お前を手に入れるために必要なら犬なんて怖くねぇよ」
そう言ったオレに

「ふぅん?意外と頑張るじゃん」
とニヤッと不敵に笑うオーナー。

「ほら。教えてくれ。
 犬はどう接してやれば嫌がられねぇんだ?」
「あ…えと。
 まず自分の匂いを嗅がせてあげると安心しやすいです。
 上から手を出すと怖がる子もいるので下から…こうやって」
牧野の言うとおりにそっと手の甲を差し出せば
スピスピと鼻を鳴らしながらオレの手を臭う犬。

しばらくそうして匂ってた犬が舌を出してペロっと舐める。
その感触に思わずピクッと反応しちまったが

「あ。道明寺さんの事気に入ったみたいですね。
 ほら、尻尾もこんなに嬉しそうに振ってる…」
と犬よりも嬉しそうに笑う牧野の顔を見てると
自然と両手でそっとその犬を抱き上げていた。

大きなオレの両手の上にすっぽり乗りそうなほど小さくて
持ってるか持ってねぇかわかんねぇくらい軽い犬。

オレに抱かれた途端、急に動き出そうとするから
落とさねぇように思わず自分の胸の方に引き寄せると
「わ。上手です!
 この子もすごく気持ちよさそう…」
そう言いながら仔犬を覗き込む牧野の顔がすげぇ近い。

牧野との距離がこんなに縮むなら…
犬もそんなに悪くねぇかもしれねぇな。

そんな事を思いながら手の中の小さな温もりにフッと微笑む。

「…ま。第一段階は合格かな」
オレらを黙って見ていたオーナーは
クスッと笑うと牧野に
「今日はもうあがっていいよ。デートでもしてきなよ」
とオレから犬をスッと抱き上げながら言うと奥に入っていった。

2人になると
「あ…ごめんなさいっ」
オレからパッと離れようとするその手を取って
「オーナーの許可も出たんだ。
 オレとこれからデートしてくれねぇか?」
そう言いながら手の甲にチュッと音を立ててキスを落とせば

牧野は真っ赤な顔でコクンと小さく頷いた。



~ to be continue... ? ~
 



★あとがき★

asuhana様へと献上させて頂いた
「ペットショップ」の続編です。

本当なら「幼なじみ」のストックを
もう少し作りたい所なんですが
煮詰まりモードで短編ばかり浮かんでます…(^_^;)

ま、そんな事はおいといて(笑)

突然出てきた、曲者のオーナー。
小さなペットショップって設定なので
さすがにミスマッチかな~と思いつつ。
名前は出しませんでしたが
キャラ自体はまんま類をイメージしております(笑)

そんなオーナーの許しも無事?得た坊っちゃん。
つくしちゃんとのデート権をGETです。

前回の時点で両想いだったはずなのに
いまだ付き合えてもいない2人…。

この続きはまだ何も考えてないんですが
一応カテゴリを独立させて
1話完結の短編のシリーズ化しようかな?なんて
これまたゆるゆるな事考えてます(*-∀-*)ゞエヘヘ

そんなワケで
続きは…未定ではございますが
続編を楽しんで頂ければ幸いです(*^^*)



koma




いつも応援ありがとうございます♡

ペットショップ 3

★覚えて下さってる方がどれくらいいるのか…
  komaも忘れていた短編シリーズ「ペットショップ」
  有り難くもリクを頂いたのでお水やりしてみました
  よかったらお付き合いくださいませ★




牧野に一目惚れして
どれくらい店に通ったか。

店の前で牧野の支度が終わるのを待ちながら
やっとこの店の外で牧野と過ごせると
ニヤけそうになる口元を必死に押さえていた。


『ペットショップ 3』


どうしてデートの申し込みに
オーナーの許しがいるのか
そこはマジで意味わかんねぇが…

この際、それはもういい。

まずは西田だ。
こっちも許可がいるのか疑問だが
現実としてオレの時間を握ってんのはこいつだ。

…牧野に会いに行ってるのは知ってるが
予定ならこの後いつも通り帰るつもりだったんだ。
さすがに小言の1つでも返ってくるかと思ったが…
迎えの車はいらねぇとその言葉だけで
察しのいいこいつは何も説明しなくとも

『…かしこまりました。
 ただし明日はスケジュールが詰まっておりますので
 どうか今日のうちに英気を養ってきて下さい』
と応援なのか、脅しなのかわかんねぇ
そんな一言だけ残しあっさりと電話を切った。


「お待たせしました」
その声に振り向けば
白のインナーとジーンズはさっきのままとは言え
その上からキャメルのロングカーディガン羽織り
足元は少し裾を捲って細い足首を出していて
エプロン姿じゃねぇ牧野の私服姿は新鮮だった。

「えっと…。すみません。
 仕事の時はいつもこんな格好ばかりで…」
黙っていたオレに勘違いしたのか
申し訳なさそうに自分の格好を確認する牧野。

「違ぇよ。
 エプロンじゃねぇから見惚れてただけで
 すげぇ可愛いから気にすんな。
 それにオレだってスーツのままだから一緒だろ」
それよりこれからどうする?なんて
牧野の希望を聞き出そうとした言葉は

「…道明寺さんはいつだって
 カッコいいんだからいいじゃないですか」
拗ねたような口調でポツリと漏らした言葉に遮られた。


それから結局
公園に行きたいだなんてそんな事を言った牧野と
オレは今、テイクアウトの珈琲を片手に
店から近い公園のベンチに座っている。

牧野と2人だというのは嬉しいが…
これはデートと言えるのか?

ほら…なんつーか。
さすがに飯にはまだ早ぇとしてもだ、
服が気になるなら買い物とか?
普通はそういう流れになる…よな?
服じゃなくても欲しいモンの1つや2つ…ねぇのか?

オレたちの前を通って行く奴らに
チラチラと見られてる感じが落ち着かねぇ。

牧野はこんな所に来て楽しいのか?

そんな事を考えながら
向けられる視線から逃げるように
隣に座る牧野の方へと視線を移してみれば

牧野はまっすぐ前を向いていて微笑んでいた。
何を見てるいるのかと視線の先を追ってみれば

広場でフリスビーをしている犬がいた。

さっきまで店で散々ちっせぇ奴らの世話をしてたくせに
今度はあんなでっけぇ犬が
長い毛をなびかせて走り回ってんのを見て嬉しそうに笑う。

そんな牧野をしばらく見ていると
漸くオレの視線に気付いた牧野が振り向いた。

「あ…っ。すみません。
 実はデートってほとんどした事なくて…
 どこに行けばいいのかわからなくて公園なんて
 言っちゃったんですけど…道明寺さん退屈ですよね?」

「よく来るのか?」
「今日みたいに早く上がった日は帰りはよく来ます。
 時々うちのお店にいた子にも会えたりするんですよ?」
そんな話をする牧野の表情を見てると
あのオーナーの話を思い出す。

「やっぱ将来は…犬を飼いてぇか?」
「…え?えっと、う~ん…まぁ」
牧野はオレに気を使ってか
困ったように笑いながら小さく頷く。

でもそれは言い換えれば
今、牧野が考えた将来にオレがいるからだろう?

犬嫌いを完璧に克服できるかどうかはわかんねぇが
牧野と一緒に飼うなら…牧野が可愛がる存在ならば
きっとそいつにはオレも愛情を注いでやれるはずだ。

「どんな犬がいい?
 ちっせぇのからデカイのまで色々いんだろ?」

「実は全然決めてないんです」
「…そうなのか?」
それは意外な返事だった。
これだけ犬が好きなら飼いたい犬種くらい
いくつかは絞っているものだと思っていた。

「好きな犬種はあるにはあるんですが
 時々、種類とか毛色とか関係なくて
 抱っこした瞬間に“この子だ!”
 って嬉しそうに笑うお客様がいるんです。
 そういう時ってワンコもすごく幸せそうにしてて。
 まるで運命の出会いみたいだなぁ…って憧れるんです。
 だからあたしもそういう子に出会えるのを待ちたくて…
 …ってこれじゃ答えになってないですよね?」

「…いや。それでいいんじゃね?
 それにオレだって運命の出会いはあると思ってる」
「え?」

オレだって少し前までは
まさか自分が誰かに恋をするだなんて思ってもみなかった。

そんなある日、
車窓から見かけただけの牧野に一瞬で恋に落ちた。

あの日…
もしもあの道を通ってなければ。
もしも視線を窓の外に向けなければ。
もしも牧野が店の外に出ていなければ。

小さなペットショップで働く牧野との接点など
あの瞬間を逃せば二度と訪れなかったかもしれない。

これを運命と言わずに何と呼べばいい?

「オレはお前と出会った事を運命だと信じてる。
 だから犬が苦手なのを隠してでも
 お前に近づきたくてあの店に通ったんだ」
まっすぐに見つめながら言えば
「…あ、ありがとうございます」
頬を赤らめて恥ずかしそうに少し俯いた。

「牧野」
「…はい」

「好きだ。オレと付き合って欲しい。
 そしていつか、その犬に出会えた時は
 迷わず家族に迎え入れればいい。一緒に飼おう」
「え…でも」
戸惑う牧野にオレは続ける。

「犬が苦手なのは認める。
 だがな、言っただろ?
 オレはお前との出会いは運命だと思ってる。
 なら、お前の運命の犬はオレにとっても運命の犬だ。
 噛まれたって懐かなくたって
 可愛がってやるから心配すんな」
「道明寺さん…」

「だから…
 結婚を前提に付き合ってくれねぇか?」
そう言ったオレを
しばらくジッと見ていた牧野は

「…あたしでよければ。
 こちらこそよろしくお願いします」
嬉しそうに笑って頷いた。



~ fin …?~


★あとがき★

はぁぁ。
やっとこの2人が付き合えたわけですが

実はリク主さんがお2人いらっしゃいまして。
そのどちらも大好きで大事なお方で
今日はそのうちのお1人様の記念日という事で
こちらのお話をお届けいたしました♡

しかしまぁ。
社会人カップルだというのに
公園で告白だなんて…青春かよ(((*≧艸≦)ププ

一応キリの良い所で「fin」打ってみましたが…
この後坊っちゃんどうするのかなぁ。
明日の激務のために英気養うのかなぁ(笑)

でもkomaの中ではこの2人は
まだまだ初々しい爽やかカップルでいて欲しいので
ご飯行くだけで解散しちゃうパターン希望です( *´艸`)


とにもかくにも
リクをくださったお2人はもちろん、
読んで下さった皆さまの1日も素敵でありますように♡


koma





いつも応援ありがとうございます♡
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
ランキングサイト
素敵サイトがたくさん♡
 
*ランキング参加中*
 
 
*新着のお知らせだけ登録中*
komaの呟き。
 
 次回作…
まだ迷ってますが
 
メイドなつくしちゃん
 
なんて
どうでしょうかね?
(*´ω`*)?
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様

*パワフルなつくしちゃん♪*
管理人 つくしんぼ様

*筆の向くまま、オールCP♡*
*ほっこり和む優しいつかつく*


*貴重なつかつく&総優さん♪*

*チャーミングなつかつく♡*

*鮮やかなつかつく♡*
イベントサイト
*つかつく*

   
   
 
*ALL CPコラボ*

   2017.10
 
ブロとも申請フォーム
  

    [ブロとも申請フォーム]へ

 
      申請の際は
  「ブロとも申請について」
  の記事をご覧になってから
    して頂きますよう
   お願いします(人∀・)