Melting Love

★ハッピーホワイトデー♡
   そんなわけで「Melting Kiss」の続編ですっ★





道明寺司。
英徳学園の支配者と言ってもいい人物で
あたしに赤札を貼った張本人。

その後だって何かと絡んできて
あたしの何がそんなに気に入らないのかと思ってた。


『Melting Love』



続きを読む

スポンサーサイト

サプライズ大作戦!

とあるカフェに滋と桜子の姿。

「どうどう?いいプランだと思わない?」と聞けば
「滋さんにしては、素敵だと思いますわ」
桜子がニマっと笑って答える。



『サプライズ大作戦』   ~つくしBirthday~




続きを読む

Shattering ~side つくし~

雨は大嫌い。

だけど今日はちょっとだけいい気分で過ごせる。
雨の日の自分を励ますために新しい傘を買ったから。



『Shattering』   ~side つくし~



続きを読む

甘え下手 ~side つくし~

★すみませーんっ。ちょいと息切れ(笑)
  今日と明日、つかつく短編ストックから「甘え下手」アップします(。ノω<。)てへっ♪★




「勝手にしろっ!」
「そうするわよっ!!」

フンッ!とお互いにそっぽ向いて
逆方向に歩き出したのは1ヶ月も前の事。


『甘え下手』   ~side つくし~



高校生の頃からよく派手に喧嘩してたけど
最近はもうお互い社会人なんだし
そんなにしなくなってたんだけどなぁ…。

きっかけは何だったか、と
思い出そうとしてもハッキリと思いだせない程
些細な事だったはずなのに
あの時はどうしても引っ込みがつかなくて。

いつもだったら喧嘩しても
一週間くらいしたら道明寺の方から
「いつまでも拗ねてんじゃねぇよ」
なんて傲慢な態度をとりながらもあたしの所に来てくれてた。

それなのに…。
今回はもう1ヶ月。

だったら待ってないで
自分から連絡すればいいだけってわかってるんだけど。

ケータイも手に持ってあいつの番号を呼び出してみるんだけど。

どうしても“発信”がタップ出来ない。


自分でも呆れるくらい意地っ張りで可愛くない。
あいつ…あたしのどこが良くて付き合ってるんだろう?

もしかしてもう愛想つかしちゃったのかな…
だから連絡してこないのかな…

なんて負のループに陥るばかりで
余計に怖くて連絡が出来なくなった。


寂しくて、声が聞きたくて。
でもそれが言えなくて。

何かあいつを感じられる物はないかと
部屋の中を探してみると
あいつが泊まる時用に置いてある
パーカーが目に入ってふわりと羽織ってみる。

「やっぱりぶかぶかだ…」
炬燵に入りながらポツリと呟くと同時に
あいつの匂いに包まれてる感じがすごく安心する。

やっぱり…
明日は…素直になって謝ってみよう……かなぁ。





あのまま知らない間に眠ってしまったのか
次にフッと意識が戻った時も
あたしは変わらずあいつの香りに包まれていた。

「…ったく。ほんと素直じゃねぇ」
そんな呆れかえったあいつの声まで聞こえた気がする。

あぁ、あたしったら起きたと思ったら夢見てるんだ。
なんだか宙に浮いてるみたいでふわふわしてて気持ちいいもんね。
でも…うん。夢なら素直に言えるかな。

…自分でも可愛くないってわかってるもん。

だからあたしに愛想尽かして
他の女の子の所に行っちゃったって
文句も言えないんだよね。あんた無駄にモテるし。

「まぁオレがモテるのは確かに無駄か。
 なんだかんだ言ったって結局は
 素直じゃねぇこんな女しか愛せねぇんだからよ」

ははっ。さすが夢だ。
そんなワケないのに都合のいい事ばっかり言ってくれるや。

「…お前のその1人で考え込むと
 決まってロクでもねぇ方向に突き進むのどうにかなんねぇのか」

ごめんね…可愛くなくて。
でもあたしだってホントはずっと一緒にいたいって思ってるんだよ…。

そう言ったそばから温もりが離れた気がして
慌ててしがみつくように温もりをぎゅっと握る。

…離さないで。どっか行っちゃわないで。


「……離すわけねーだろ。
 地獄にだって追いかけてくって言ってんじゃねぇか。
 いつになったらお前はオレがどんだけ愛してんのか理解すんだ」
なんて声といっしょに髪にキスを落とされて
あたしは喧嘩したあの日から1ヶ月ぶりにぐっすりと眠れた。

そんな都合が良くて少し恥ずかしい夢が
夢なんかじゃなかったって気が付いたのは
夜中に身動きがとれなくて目が覚めた時で。

そっと顔を上げてみると
「オレの服着て寝るくらい寂しかったのかよ」
なんてニヤニヤした顔の道明寺と目が合った。

真っ赤になる顔を抑えられなくて
思わず逃げ出そうともがきだす
やっぱり甘え下手なあたしを片手で捕まえたこいつは

「こんなモンよりもよ…
 オレが直々に抱きしめた方が寂しくねぇと思わね?」
そう言うが早いか服の中に
するりと入ってきた大きな手は確かに温かかった。



~ fin ~


★あとがき…は明日まとめて書きます。


◇このお話のつくし視点はコチラ◇

   『甘え下手』  ~side 司~

よろしければ覗いてみて下さい(^^)

 WDコラボ特設サイト 「White Love 」にて  
 小話アップ中です♪
 今日で書き手が全員揃い踏みッ!満を持して登場、悠香さんっ♪
 偶然その場に居合わせた人の運命さえも変えてしまう2人♡
 本編も明後日からと差し迫ってきました。ぜひぜひお楽しみくださいませ(*^^*)★



いつも応援ありがとうございます♡

待ち人 ~sideつくし~

★A HAPPY NEW YEAR!今年も宜しくお願いします★


★つかつく短編「待ち人」のつくし視点です★



「4年後、必ず迎えに行きます」

そう言ったあいつとの約束は
結局守られる事はなかった…。


『待ち人』   ~sideつくし~


恋人らしい時間をほとんど過ごす事もないまま
NYに行ったあいつとの遠距離恋愛なんて
お互いの性格を考えても無理があったのかもしれない。

最初に心が折れたのはあたし。

自分でもこんなに弱いなんて思ってなかった。
1人でも生きていけると思ってたのに
あいつがそばにいない事が
こんなにも辛くて、寂しいなんて思いもしなかった。

些細な喧嘩の果てについ口から出た別れの言葉。

「もう無理。…別れよう」

今考えれば
心のどこかであいつが引き留めてくれることを
期待していたのかもしれない。

だけどそんなあたしの言葉にしばらく黙り込んだ
あいつの答えは
「……わかった」
と電話の向こうで小さく言っただけだった。



あの約束から6年。
あいつが日本に戻ってきた事はマスコミに騒がれてるのを見たし
類たちだって帰国祝いに誘ってくれたから知っていた。
…結局その帰国祝いには会う勇気がなくて行けなかったけど。


そんなある日。

「寒いと思ったら雪かぁ…」

仕事帰りにスーパーで買い物を済ませて出てくると
粉雪が舞っていた。

空を見上げてふとあいつとの初デートを思い出す。

あの時はあいつのクルクル頭に雪が積もってったっけ…。
散々待たせたあたしが笑っちゃいけないけど
思い出しただけでクスクスと笑いがこみ上げてくる。

そんな事を考えていたせいか遠回りになるにも関わらず
気が付くと恵比寿ガーデンプレイスまで来ていた。

そのまま時計広場に足を進めたあたしは
その場から動けなくなった。

あの時と同じ場所にあいつが座ってる…。

「……そんなまさか」
思わず小さく呟く。

今では道明寺HD日本支社長のあいつが
あんな所で座ってるなんてあり得ない。

誰かと待ち合わせにしたってこんな場所を選ぶわけがない。

……って事はあれはやっぱり幻覚か。
あたしもいよいよヤバいのかもしれない。
いくら未だに好きだからってこんな幻覚まで見るなんて。

でもまぁ、幻覚ならちょっと触るくらいいいよね?
そう思ってあいつに近寄って
あの日と同じようにクルクル頭に
少し積もっていた雪をはらってみた。

すると

「おいっ。何しやがるっ」
幻覚だと思ってたこいつは怒鳴って顔を上げた。

「ぎゃあっ。本物だったっ!!」
慌てて手をひっこめると
「ま、きの…」
久しぶりにこいつの声で呼ばれて、思わず涙腺が緩みそうになって
そのまま逃げようとするも、腕を掴まれて。

その手を振り払おうと触れた手は
驚くほど冷たくて、慌てて温めようと両手で包み込んだら
そのまま引っ張られて抱きしめられた。

あたしの体にピッタリ沿うこいつの腕の中。

あぁ…。あたしはどうして
この場所を手放そうだなんてたとえ一瞬でも思えたんだろう。

何してたの?そう聞いたあたしに
「お前を待ってた…」
なんて返してくるこいつ。

待ってた?待ち合わせもしてないのに?
不思議に思ってそっと顔を上げるとこいつと瞳が合う。

「愛してる」

あたしをまっすぐ見つめて真剣な顔で言う
こいつの言葉はあたしの胸にストンと落ちてきて。

「……あたしも、だ…よ」
言いながら顔が熱くなるのを感じて隠れるように
あいつに抱き着いてごまかしてみる。

だけどすぐに引きはがされて
「もっかい言え。今の…もっかい…」
あたしの頬を大きな手で包み込んで
苦しそうに吐き出すと
額をくっつけてあたしの瞳を覗き込んでくるこいつ。

「……好きだよ。大好き」

あの時と何も変わらない、これがあたしの真実。


~ fin ~



★あとがき★

いかがだったでしょうか?


このあと、坊ちゃん仕事戻ったのかな~。
戻るわけないか~(笑)

やっぱりつかつく短編は
むくむくと枝やら何やら生えてきて
お話が広がっちゃいがちです。

楽しいんですよね、やっぱ(*^-^*)

やばいやばい。
これ以上考えると止まらなくなる(笑)

そんなkomaでございますが
今年も宜しくお願いします(*^^*)


koma




今年も応援ポチッとお願います♪♡
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
おかげさまで
30万拍手です♪
 
キリ番踏んじゃった方
惜しかった方
もしよかったら
komaでも書けそうな
美味しそうな妄想の種を
恵んでくださいな~♡
(*´▽`*)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様

*世界観がkomaのツボ♡*
管理人 チムチム様

*めちゃカッコいい総ちゃん♡*
管理人 Gipskräuter様
アルバム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる