ごあいさつ。~はじめにお読みください~

初めての方は必ずお読みください。

※2月25日 「コメントのお返事について」追記あり。

※8月29日 「リンクについて」追記あり。

※11月9日 「ブロとも申請について」リンク追加。

※7月2日 「ブロとも申請について」追記あり。


続きを読む

スポンサーサイト

GOOD LUCK 7

直帰でも良かったが
結局は自分の執務室が一番落ち着くからと

18時頃、もう少し仕事をしようと
社に戻って来てエレベーターから降りれば
薄暗い廊下の先に秘書課から僅かな光が漏れていた。


『GOOD LUCK』   第7話


「暗ぇな…」
たとえ無人だったとしてもいつもなら
こうして明かりが落とされている事は珍しい。

そんなオレの斜め後ろで
「おそらく牧野さんがまだ残っておられるのかと。
 彼女は必要のない所の明かりをよく消しますから」
そんな声にSPを下がらせて足を進める。

秘書課のオフィスでさえ、半分明かりが落とされていて
弱々しい明かりの下でデスクの明かりを点けて
牧野が書類を読んでいて、集中してんのかオレには気づかねぇ。

あまりに真剣な様子に邪魔しちゃ悪ぃかと
あいつが帰る時は声をかけろとだけ西田に告げて
執務室へ戻ると自分の仕事をする。


…が。
あいつが帰るようだと報告を受けると同時に
タイミング悪くNY本社から電話が入って出遅れた。

オレがあいつの元へと向かった時には
すでにエレベーターに乗ろうとしていて
慌てて閉まりかけた扉を手で押さえて何とかセーフ。

…だと思ったんだけどよ。


「……す、すみませんでした」
オレを不審者か何かと勘違いしたのか
鞄を振り回してきたこいつは
気まずそうにエレベーターの隅で小さくなってやがる。

「…別に怒ってねぇよ。
 驚かせるつもりじゃなかったが…まぁ、なんだ。悪かったな」
こいつはフロアには誰もいないと思ってたみてぇだし
明るいエレベーターの中からじゃ暗い廊下にいる
オレの姿はおそらく見えてなかったはずで…。

そりゃいきなりエレベーター止めたりすればパニックにもなるか、と
ただでさえビビリのこいつの性格を考えれば納得はしてる。


足元に落ちたままになっていた
こいつのケータイが目に入って拾い上げると
画面に指が触れたせいか、ぱっと画面が明るくなった。

「……」
…なんだよ、この浮かれたヤローどもは。

画面を凝視して固まったオレに気付いたこいつは
「あっ…!すみませんっ」
と慌ててオレからケータイを取り返そうとしたが
無意識に腕を上げてその手を避けた。

「……知り合いか?」
その中に好きな奴がいるとか、まさか彼氏だとか
そういうのは考えたくなくて出来るだけ遠い存在で聞いてみる。

「え?あぁ、違います。
 そのぉ…今日の合コンの相手だったみたいで」
と気まずそうに答えるこいつ。

「…合コン?」
思わず低い声が出た。
「さく…三条さんに誘われたんですけど…」
そう言ったこいつは小さくため息をつく。

「残業じゃなかったら行きたかったのか?」
「へっ…あぁ、いや。ああいう所ってちょっと苦手で…」
残業で助かったとばかりに話すこいつにホッと息をついた。

ったく!
三条の奴、オレが牧野に惚れてるって知ってながら
合コンになんか連れて行こうとしやがって何考えてやがるっ!

牧野のケータイの画面をもう一度見てから
クルッと牧野の方に画面を向けて

「この中なら、お前は誰がカッコいいと思うんだ?」
と聞いてみる。
「へっ!?…う~ん。じゃあこの人、ですかねぇ?」
そう言って牧野が指差したのは右から2番目に写っていた男だ。

「…ふぅん?お前見る目ねぇな」
そうわざとらしくため息をつけば
「えっ…。あれっ?ダ、ダメですか…?」
ビクッと肩を揺らして視線を泳がせて
独り言なのか じゃあ、こっち?とかブツブツ言いながら悩みだす。

「この中なら、断トツでオレだろうが」
自信満々に言いきってやると
「……へ?」
と間抜け面でオレを見上げる。

「だろ?」
とニヤリと笑ってやれば
しばらくポカンと口を開けて固まっていたが


「……プッ。
 ほんとだ。気付きませんでした」
とクスクスと笑いだした。





いつも応援ありがとうございます♡

GOOD LUCK 6

専務に逃げる事を禁止されて一週間。

逃げられないあたしに
専務はわざとかと思うほど
やたらと話しかけてくるようになった。


『GOOD LUCK』   第6話


朝、挨拶をすれば、
今までは「おぅ」とかだけだったのに
桜子がやってくれたヘアアレンジを褒めてくれたり

会食の同席用にワンピースを着れば
「お前に合わせてオレもネクタイ変えるかな」
なんて言ってその後仮眠室へ
行ったかと思うと本当に着替えてきて
「似合うか?」なんて嬉しそうに聞いてきたりする。

…だけど。

おかげで少し…
ほんの少しだけ慣れてきた…ような気もする。

…専務が美形なのは知ってたつもりだったけど
改めて見るとホントに日本人離れしてるよね。


そんなある日の夕方。

「先輩。本当に行かないんですか?」
桜子が秘書課のあたしのデスクの隣で頬を膨らませている。
「うん。ちょっとまとめておきたい資料もあるしさ」

「今日は選りすぐりのイケメンばかりなんですよ?
 こんなおいしい合コンなんてそうそう行けませんよ?」
「…残念だねぇ~」
資料に目を通したまま答えれば

「全然そうは見えませんけど!?」
「あぁ~。残念だなぁ。イケメンと合コンしたかったなぁ~」
「もうっ!そんな事してたら
 あっという間に女として終わっちゃいますよ!」
そう言った桜子に手元の資料を取り上げられて、
あっと小さく声をあげる。

「…それともどなたか気になる男性でもいらっしゃるんですか?」
「へ?そんなのいないよ。
 ほんとに今日は資料まとめておきたいの。
 それよりあんたこそ、専務はどうしたのよ?」
そう言いながら資料を取り返すと

「それはそれです。
 第一、彼氏でもない男性のために
 出会いのチャンスを無駄にするなんて馬鹿げてます。
 だから先輩も早く終わったら
 途中からでもいいから連絡してくださいね?」
「はーい。ありがと」
そんなあたしの気のない返事に
諦めたように小さく息をついて鞄を手に取った。

「あ。そうだ、今日残ってるの
 あたし1人みたいだし電気もったいないから消しておいてね」
「普通、女性1人なら
 怖いから電気つけておいてって言いません?」
「無駄な経費は削減しなきゃでしょ」
「もうっ!お化けが出ても知りませんからねっ」
なんてべーっと舌を出すと桜子は部屋を出て行った。

「…お化けって」
珍しくカワイイ事を言うなぁ、なんて
ついクスッと笑ってから資料に視線を戻した。


専務は怖いけど仕事は出来るし
上司としては尊敬できると思う。

大学の頃から何度か顔は合わせていたけれど
どうしたって怖いって気持ちが先行しちゃって
今まで専務という人をよく見てこなかった。
だから専務の事がさっぱりわからない。

その点、第一秘書の西田さんはスゴすぎる。

言われる前に先読みして動いてるしフォローも完璧。
時々先読みしてるんじゃなくて
実は西田さんの方がこっそり裏で
専務を操ってるんじゃないかって錯覚しそうになるほど。

…とまぁ、そこまではなれなくても
あたしだって一応第二秘書なわけだから
せめて聞かれた事にすぐに答えられるくらいにはなっておかないと。

そんな決意の元に
資料をまとめながら頭に叩き込んでいくあたしの隣で
ケータイが桜子からのLINEを告げた音に反応して開いてみれば

「ありゃ。ほんとにイケメンだ」
思わずそう呟いてしまうほど爽やかな好青年といった感じの
男性が数人写った画像が送られてきていた。

時計を見てみれば20時を回った所で
そろそろ帰ろうと片付けを始める。

鞄を持ってオフィスの消灯確認をして
ダウンライトだけの薄暗い廊下に出ると
エレベーターホールへと足を向けながら
桜子が送ってきた画像をもう一度見てみる。

ほどなくして開いた扉の中へと進み1階のボタンを押して
「桜子なら…うん。この人だろうな」
なんて勝手な予想をしながらクスっと笑うと同時に
エレベーターの扉が静かに閉……ったと思ったその瞬間。

ガシァンッッ!!

数センチの扉の隙間からいきなり出てきた大きな手。
そしてその手は扉をググッと押し広げようとしている。


__お化けが出ても知りませんからね?


ふと頭に桜子の言葉が浮かんで
「ぎゃあああっ!!出たぁぁっ!!」
とケータイも足元に落として
パニック状態で鞄を振り回す。

「って!バカッッ!落着け!!」
「………へっ?」
聞き覚えのあるその声に動きを止めて見てみれば

「…よぉ。今帰りかよ?」
と額に青筋を何本も浮かべた専務が
完全に開いた扉がまた閉じるのを防ぐように寄りかかって立っていた。




いつも応援ありがとうございます♡

GOOD LUCK 5

あれから三条と一緒の時を狙って
何度か牧野に声をかけようとしたが

声をかけるどころか目が合いそうになっただけで
まるで避けるように逃げて行く。


『GOOD LUCK』   第5話



「だから言ってるじゃないですか。
 先輩にとって道明寺さんはこの世で最も忌み嫌う存在だと。
 うっかり視線なんてぶつけて目をつけられるような事があったら
 今の先輩の生活を脅かし兼ねないんですよ?」

むしろ最近オレをよく見かけてついてないとため息まで漏らすと
三条はオレがまるであいつの疫病神のように言い、
牧野との時間を邪魔するなと迷惑そうな視線を向ける。

それでもあいつが
あの日の酔っぱらいがオレだと気付いてねぇ上に
それだけ嫌われてんなら普通に声かけたって無駄だろう。

三条を共通の友人として
さりげなく近づく以外に方法が思いつかねぇんだ。

カフェテラスにいる時にあくまでも三条のついでとして
拉致るように強引にオレら専用のスペースに連れて行ったりして
顔見知り…くらいにはなった……かと思う。



だから大学を卒業した牧野が
うちに入社してきたのを知った時は嬉しかった。
すぐにでもオレの秘書にしようかとも思ったが
たまたまエレベーター前に立ってるあいつを見かけて
声をかけてみれば

「あ、あっ…えとっ…。お疲れ様でした!」
とペコリと頭を下げて待ってたはずの
エレベーターにも乗らず どっかに走って逃げちまった。

オレの何がそんなにダメなのかわかんねぇが
結局その後も声をかけるどころか目が合うだけで
ビクビクと視線を泳がせるあいつを見てると

すぐに秘書になんかしたら辞めちまう気がして
少しずつオレに近づける作戦に変えて5年。

やっとオレの秘書にする事に成功した。
だけどやっぱり牧野はオレにビビって
同じ執務室にいたって視線を泳がせてろくにこっちを見ない。

そして今日もあいつはオレのそばに極力近づいてこねぇ。



「先輩、どうです?専務の秘書は」
「どうもこうも…。黒木常務の元に戻りたい…」
「贅沢ですよ。なりたくてもなれない女子社員が
 秘書課に限らず、社内にどれだけいると思ってるんですか?」
「変わるっ!喜んで変わるっっ!
 掃除のおばちゃんでも何でもやるから~」

そんな声が給湯室の方から聞こえてきてため息を漏らした。


「…そんなに掃除がしてぇなら
 オレも一緒にやってやろうか?」
入口に立ってそう言えば

「あら、専務。お疲れ様です。コーヒーでしたら
 わざわざお越し頂かなくてもこちらからお持ちしましたのに」
と三条が何食わぬ顔でニコッと笑顔を貼り付ける隣で
「あわわ…」
といきなり現れたオレにビビッて逃げようとする
牧野の襟をつかむ。

「ひぇぇぇっ」
手足をバタつかせるこいつに小さく息をつく。

「逃げんじゃねぇって言ってんだろうがっ」
「逃げたわけでは…」
「…ほぉ?
 てめぇの上司がここにいるのにどこへ行くつもりだ?」
「あう…」
そこまで言えば牧野も諦めたように体の力を抜いた。

「…ったく。いいか?業務命令だ。
 オレから逃げる事は今後一切許さねぇ」
手を離してビシッと指さして言えば
「えぇっと…それは、
 逃げちゃった場合、どうなるんでしょう?」
半泣きの顔でオレを見上げてくる。

なんだよ。まだ逃げるつもりかよ?
大体、上司から逃げるの禁止なんてどんな業務命令だ。

「…地獄の果てまで追いかけてやる」
ジト目で睨みながら言えば
この世の終わりみてぇな顔をしてからガクッと頭を垂れた。





いつも応援ありがとうございます♡

GOOD LUCK 4

あの日から数年。

大学3回生になったオレは
二度と会えねぇかもとさえ思ってたお前が
思ってたよりずっと近くにいた事を知る事になる。


『GOOD LUCK』   第4話


昼になってようやく顔を出した大学。
総二郎たちの所にでも行くかと足をテラスに向けると
手前のカフェに三条がいる事に気が付いた。

…と言うより、視線を奪われたのはその連れの方だ。

「先輩、講義もバイトも入れすぎですっ。
 いつ私と遊んでくださるんですか?」
「あははっ。ごめんごめん。
 でも学費払う以上は講義は
 出来るだけ受けなきゃ損だしさー。
 バイトだってしなきゃ生活出来ないんだもん」

「今度の休みは私に付き合ってもらいますからねっ!?」
「わかってる、わかってる。
 あー…っと。もう時間だっ。じゃあね、桜子!」

そう言って三条に手を振って走って行った女。
それがあいつだった。

「…もうっ!」
そんなあいつにため息をつきながら
見送っていた三条に近づいて声をかける。

「……今の奴、お前の知り合いか?」
「あら、道明寺さん。お久しぶりです。
 牧野先輩ですか?先輩は私の大事な友人ですけど…」
そう話すこいつの表情は警戒心に満ちている。

「別に取って食おうってわけじゃねぇよ。
 前にちょっと街で世話になった事があってよ…
 そうか、あいつ牧野っつーのか」
「…先輩に?
 道明寺さんに会ったなんて話、聞いた事ありませんけど」
訝しげな顔をする三条。

「…あいつここの学生なんだよな?」
「はい。先輩は高等部から編入してきた一般の学生です」

高等部からいるなら
オレの顔くらい知ってたんじゃねぇのか?

なら、オレに近づくために
知ってて知らねぇフリしたのか……?

でもそれならあの後すぐに、近づいてくるよな…?

「…あいつ、オレの事知らねぇって事はねぇよな?」
確認するように聞いてみれば

「はい。もちろんですわ。
 …と、言っても先輩にとって
 道明寺さんはこの世で最も忌み嫌う存在かと思いますけど」
なんて思いもよらねぇ答えが返ってきた。

「あ?」

「高等部からいたんですから、当然先輩も赤札の事は知ってます。
 正義感の強い方ですから…理不尽に弱い者を追い詰める
 あんなゲームをしていたF4の皆さんを昔から嫌ってらしたので。
 道明寺さんに告白した私も危うく絶交されるところでしたから…」

「まぁ私は道明寺さん個人ではなく
 その輝かしいステータスをお慕いしてましたので
 先輩を失ってまで道明寺さんにこだわる必要もないかと
 あっさり他の方に乗り換えさせて頂きましたけどね」
と悪びれる事もなく、オレ自身ではなく
オレの付属物に惚れたと笑顔でハッキリ言いやがるこいつ。

そんな三条が友達って…
あいつもやっぱり他の女と変わらねぇんじゃねぇのか?

そう考えたオレの表情を敏感に察知する三条は

「先輩と何があったかは存じませんけど。
 先輩が私たちと同じような人間だとは思わないで下さいね?
 先ほども申し上げましたが、先輩は私の大事な友人です。
 私が整形だと知った上で私自身を認めて下さった方なんです。
 だから…先輩に何かする気なら、
 いくら道明寺さんとは言え、私も黙ってはいませんよ?」
とオレを牽制するように鋭い目線を向けてくる。

こいつがどうしたって
オレが本気になれば、邪魔なんて出来るワケはねぇ。

それがわかんねぇほどバカでもねぇこいつが
オレに向かってこんな口を聞くのはすげぇ珍しい。

やっぱあいつはオレの思った通り
人を見た目やステータスで判断する奴じゃねぇって事か。

「…それならオレだってさっき言っただろうが。
 取って食おうってわけじゃねぇよ。ただ……」
その先を言おうとしたが、嫌われてると聞かされた手前口ごもる。

だったら
あの日は単純にオレだと気付かなかっただけか。

考えてみりゃ、濡れた髪はストレートになってたはずで
オレだと認識できなかっただけなのかもしれねぇ。

オレだって知ってたら、
お前は最初から手を差し伸べなかったか?

あいつは道明寺司としてじゃない、
ただの酔っ払いのためには泣いてくれると言ったが
その酔っ払いがオレだと知ったら…もう泣いてはくれねぇのか?


オレが惚れた女は、オレ自身を知った上で嫌う女だった。

自分がやってきた事を考えれば当然で
これはもう絶望的だと諦めようとする一方で
それでもそんなお前がやっぱり好きで、欲しいと願う。
自分でも呆れるほど矛盾した気持ちに胸が苦しくなった。




いつも応援ありがとうございます♡
プロフィール

koma

Author:koma
管理人komaの
くだらない妄想の世界へ
ようこそいらっしゃいました。

基本テイストとしては
ラブコメ風味の
ゆる~いつかつく道を
突っ走っております。

ご覧頂きありがとうございます♪
*カウンター*
 
*現在の閲覧者数*
komaの呟き。
最近ふとした
きっかけで
落書きにどハマり中♡
 
おかげで執筆が
進みません…(笑)
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
素敵サイト様
*素敵なイラストなど♪* 管理人 まま様

*二次が生んだ二次作家様*
管理人 aoi様

*CP自在のファンタジスタ* 管理人 asuhana様

*イケメンイラスト&二次小説*
管理人 やこ様

*長編大作の巨匠様* 管理人 こ茶子様

*胸きゅん♡つかつく* 管理人 Happyending様

*カッコ可愛いつくしちゃん*
管理人 四葉様

*切なくも甘いつかつく*
管理人 きぃ様

*シビれるッ!つかつく♪*
管理人 lemmmon様

*とにかく司を愛する作家様*
管理人 蘭丸様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる